「不滅のあなたへ」グーグー&リーンの名言・台詞まとめ

アニメ「不滅のあなたへ」グーグー(黒色)&リーン(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

不滅のあなたへ

7話

「最近、思うんだ。なんで僕は僕なんだろうって? なんであの屋敷の子供に生まれなかったんだろうって?」

 

「ずっと、僕以外の誰かのように生きることを夢見ていた。夢は叶った……僕は、僕でない怪物になってしまった」

 

「知らないというのは、ある意味幸せなのかもな? 絶望しなくてすむ。お前がうらやましいよ」

 

「お金のためにフシを利用するなんて野蛮だ! いいかい、フシは何者にも代えがたい力を持ってる。そんな彼に出会えたことを、僕等は素直に感謝すべきだ!」

 

8話

「チャン君の言うことは正しい。家族ってのは、まず愛せるかどうかが大前提にあるんだ」
「僕だってそれを望む。だから、試してみて欲しい。僕の顔を見て、愛せるかどうか……」

 

「僕は、この仮面が無きゃ……」
「これが無いとなんだ? 人間でいられないってか?」

 

「いったい僕は、何を守ろうとしているんだ? 僕を……人間としての僕を思い出させてくれるもの?」

 

「僕があの指輪を使っても、しょせん怪物のままだけど、兄ちゃんなら、ただのロクでなしからまともな人間になれるかもしれない。怪物に、あの指輪は必要ない。僕……バカかな?」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

9話

「私の人生に1人の時間というものは無いのよ。まるで1人の人間として認められていないみたい、あの家にいる限りね」

 

「あなたってバカみたい。あなたが怪物でも人間でも私にはどっちでもいいけどさ。でもそれってどっちもあなたでしょ?」

「全部さらけ出すあなたも、隠さずにはいられないあなたも、どっちも変で好きだけどな。それがあなた、あなたはあなたよ」

 

「もうどうでもよくなった。何されたとか、自分がどう感じたとか、別に許したとかそういうのじゃなくて……ただ自分の境遇に、興味が無くなった、それだけ」

 

10話

「私はもっと自由に、下手に生きたいのよ! 恥ずかしくなっちゃうほどにね!」

 

「どうやら俺達には、一つだけ共通点があるみたいだ」
「自分を活かしてくれる人が、必ずしもいい奴じゃない。でも、それに耐えられないほど弱くない」

 

11話

「確かに兄ちゃんに捨てられたことは不幸だったよ。でも、それを乗り越えて手に入れたものは、俺にとって奇跡に近いんだ」

 

12話

「俺、夢を見てたんだ。幸せそのもの、理想そのものだった。でも何か足りなかった。気づいたんだ、それは本当の自分だ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
不滅のあなたへ 1巻 (Kindle)

 

→不滅のあなたへ
→不滅のあなたへ(フシ&トナリ)
→不滅のあなたへ(マーチ&パロナ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました