「月刊少女野崎くん」の名言・台詞まとめ

アニメ「月刊少女野崎くん」の名言・台詞をまとめていきます。

月刊少女野崎くん

1話

「佐倉千代16歳。好きな人に告白したら、サインをもらいました……」(佐倉千代)

 

「えっ? 知らないで4時間ベタ塗ってたのか……」(野崎梅太郎)

 

「ずっと目をつけていたからな」
「あのはみ出しの少ないポスター描ける奴は、いい仕事するだろうなあと」(野崎)

 

「マンガでも法律違反は怒られるんだ」(野崎)

 

「まあ、焦ることないんじゃないか」
「俺なんて、初恋もまだだしな!」(野崎)

 

2話

「自分で言って自分で恥ずかしがってるんだ、愛らしいだろ」(野崎)

 

「キャラの魅力を最大に盛り上げる、それが俺の仕事だからな!」(御子柴実琴)

 

「勝つぞ! 反則でも構わない、退場するまでがゲームだぜ!」(瀬尾結月)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

4話

「仕事とプライベートは分けたいと思ってる」(野崎)

 

「こんな出会ってすぐ友達ずらする奴、信用できないだろ。これはトラップだ」(野崎)

 

「こうなったら……俺がお前の物語を描いてやる!」(野崎)

 

6話

「俺は今の自分の方がイケてると思うぞ」
「ベタフラッシュが描けるようになった!」(野崎)

 

「いいか。マンガを参考にするのはいいが、使える所と使えない所をちゃんと見極めろよ」(野崎)

 

7話

「やっと(締め切りを終え)マンガから開放された後……己の無趣味さを噛み締めている」(野崎)

 

「本屋でいうとここは純文学コーナーだよな。(マンガコーナーと違い)いるだけでかっこいい」(野崎)

 

8話

「(自分の作品を読むと)恥ずかしさと後悔に押し潰されそうになりつつも、たまに己の成長を感じ、薄目で覗きながら、結局、愛はある、みたいな」(野崎)

 

「先輩! 適当って何ですか!? やるからにはきっちりやりますよ、プロですから!」(野崎)

 

9話

「しかし雨か……こういうシチュエーションって、マンガを思い出さないか?」
「雨……学校……人のいない校舎……雨に閉じ込められた2人……」(野崎)

「か、会話もはずんで急接近、とか!?」(千代)

 

「最近少し麻痺してたけど、マンガが雑誌に載るって凄いことだよね!」(千代)

 

「たまには怒って下さい! 本当に怒って下さい! 怒ってもいい人が怒ってくれないと、新人さんとか困ります!」(野崎)

 

「野崎くん」「キャラクターは大事にしてあげて」(千代)

 

10話

「嫌ってるはずなのに焦っちゃう。これはもう、恋が始まってるってことですか、夢野先生!?」(千代)

「多分、勘違いだと思う。その場の空気に飲まれただけだろう、きっと……」(野崎)

 

「うん、だいたい分かった! まじやべえな」
「今すぐ諦めるのと、1年ビッシリ練習したあと諦めるの、どっちがいい?」(結月)

 

「こういう時、調子いいこといったらすぐ乗ってくれそうな、騙しやすくてチョロそうな奴がいればいいのにな」(堀政行)

 

11話

「難しいな、ドキドキは……」(野崎)

 

「何でって、一緒に帰りたかっただけだけど?」(野崎)

 

12話

「バレンタインはもう終わっちゃったけど……このチョコには、5ヶ月眠っていた、私の恋心が詰まっているのかもしれないね」(千代)

 

「(祭りは)カップル多いからな。設定想像するとネタになるんだ、短編の」(野崎)

 

「なんか、野崎くんの行動が読めてきた気がする。余計な期待はすまい……」(千代)

 

「ありがとう、一緒にいてくれて。今は、これで幸せだよ」(千代)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
月刊少女野崎くん 1-13巻セット (コミック)

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました