「小林さんちのメイドラゴンS(2期)」の名言・台詞まとめ

アニメ「小林さんちのメイドラゴンS(2期)」の名言・台詞をまとめていきます。

小林さんちのメイドラゴンS

1話

「最高のメイドがあなたをお出迎えとあります。最高のメイド!? 私を差し置いて何という誇大広告か!?」

「取り敢えず呪いの炎で草木も生えぬ暗黒の塵にしてきます!」(トール)

 

「いいか、サービス業をなめてはならない」

「メイド喫茶のコスプレメイド形式は私の主義主張には反するが、あのサービス精神は尊敬に値するものだ。いい機会だトール、サービス業というものを勉強してくるがいい!」(小林さん)

 

「は~い! コック長も、メイドも、ドラゴンも、トールです!!」(トール)

 

「きれいな街並み、笑う人々……これだけあればいくらでも破壊を楽しめる。なのに、人間と笑う混沌の竜。ちょっと興味があったから見てたけど、飽きたしもういいや!」

「要するにお前は、敵だ!」(イルル)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「トールを信じてるのか?」(エルマ)
「まあ、やれることがね、それしかない。だからそれだけする」(小林さん)

 

「破壊はこの世界では無しです!」
「出来ないならぶっ飛ばして送り返しますよ!」(トール)

 

「私も……」「思いっきり攻撃したら街が壊れる、でもそうしないとお前を倒せない。お前の攻撃もいい加減うっとうしい! でも街を守んなきゃいけないし!?」

「爆発しそうだ……全部巻き込んで!?」(トール)

 

「ギリギリだった……ダメージはそんなでもないけど、街を守りながらっていうのを忘れかけた……小林さん以外なら死んでも構わないって、思いかけてた……」

「それじゃあこの世界にいられない」(トール)

 

「帰ろっか」(小林さん)

 

「私はいくらでも頑張れる。小林さんの隣にいるためなら、どんな壁だって壊していける」(トール)

 

「私は女だぁ!!」
「ふざけんな! 毎日そのどでかい脂肪の塊に怨嗟と憤怒の炎を上げとるわ!!!」(小林さん)

 

「ドラゴンが人間と相容れる訳がない」
「一緒にいれば違いに苦しみ、苦しみが続けば種を憎む。尊敬は嫉妬に変わり、いずれは傷を生み出していく」(イルル)

 

「じゃあ、さっきの言葉を拝借して言わせてもらうよ」
「違いを楽しみ、楽しみが続けば種を好む。尊敬には信頼が加わり、絆を生み出していく」(小林さん)

2話

「まさかお父さん以外で初めて見るのが自分のとは……」(小林さん)

 

「この程度、女の子同士なら普通だし。た、耐えるぞ……訳の分からん本能とやらに支配されてたまるか!」(小林さん)

 

「イルルにやられたんですね。かわいそうな小林さん、トールが治してあげます!」
「でもその前に、チャンスを活かすトールです!」(トール)

 

「これまで会った異界の方々、みんな友好的だった。いさかいやそれによる悲劇を経験して生きている空気があるのに、それでも人と関わっていけるのは……」

「それだけじゃないって、争い以外もあるって、思ってくれているからだ」(小林さん)

 

「今までの教えを信じる? 私に騙される?」(小林さん)

 

「よくも小林さんに!?」
「命乞いの台詞が上手ければ、壊すのは肉だけにして魂は返してやる。さあ、命を願え!」(トール)

 

「小林……騙されても、いい?」(イルル)

 

「(したいことが)決まるまで好きなだけこの家に……いてないで下さいね」
「意外かもしれませんが、私はあなたがここにいることを快く思っていません!」(トール)

 

「使い道のない貞操だが、お前らにはやらん」(小林さん)

 

3話

「ということは……2人きり!?」
「あら、まあ、どうしましょう……大人の階段登って、シンデレラ卒業かしら!」(才川リコ)

 

「才川、顔に出過ぎ。罰ゲーム、お腹さすって」(カンナカムイ)
「これはご褒美なのでは!?」(才川)

 

「いい、そういうのは違う。小林がくれたあの言葉は、無かったことには出来ないから」(イルル)

 

「私も乱暴者だからな」(才川)

 

「罪の重さや、責任をキチンと取り扱うこと。子供はまだそれを学んでる最中なんだよ」(ケツァルコアトル、愛称:ルコア)

 

「優しく騙してくれる大人がここにはいる。さっさと分別のない、無責任な子供に戻るがいいさ」(ルコア)

 

「みずくさいですよ、小林さん。我々は同志、同志のために時間を割くのに何のためらいがありましょうか」(才川苗、メイド名:ジョージー)

 

「メイド服を着ているからメイドなのではありません。メイドが着ている服だからこそ、メイド服になりえるのです」(ジョージー)

 

「そしたら思い出したの、私はコスプレがしたかったんだよ。でも、かわいくなれないから、様式美とか奥ゆかしさの方に振れていって、面倒くさいメイドオタクになっちゃった」(小林さん)

 

「趣味? 惰眠をむさぼる?」(イルル)
「それは趣味というより、あなたの生き様でしょう」(トール)

4話

「小林さんもエルマには気をつけて下さいよ。小林さんの目つきは混沌勢みたいですから」(トール)

 

「私は向こうの世界にいた時、柱になった人間を多く見てきた」
「犠牲になることとで人々を支えるというものだ」(エルマ)

 

「だから小林さんも、自分を犠牲にして働くのは止めて欲しいんだ! 私が代わりに人々を導くから!」(エルマ)

 

「私に怖いものなんてありませんよ! むしろ私を恐れて下さい!」(トール)

 

「(文句)ありますよ。言語を理解できない種族なんですかね?」(トール)

 

「もう一度だけ警告するので理解できなかったら、まあ諦めて下さい」
「うせろ!」(トール)

 

「我々の認識とこの世界の常識が、きれいに噛み合うことなど無いと、夢々忘れるな」(ファフニール)
「それをすり合わせるのが楽しいんじゃないですか!」(トール)

 

「小林さんと一緒なら、光届かぬ暗黒の奥底でも楽しいですよ!」(トール)

 

5話

「私と一緒に、人間の世界を見定めよう」(エルマ)

 

「私だって分かっていた、これはよくない流れだなと。だけどしょうがないじゃないか! 彼等が持って来る料理が、とても美味しかったのだから!!」(エルマ)

 

「互いの内面を知るほど距離が近づいて、認めない部分は戦って削り合って……私もこういう友達欲しかったな」(小林さん)

 

「不安? 興味あることを選んだんでしょ?」
「私はなんとなく始めてやりがい見つけた感じだからさ。そういう入り方、とてもいいと思う」(小林さん)

 

「子供がな、好きなんだ……子供と遊ぶのがさ。だけど仕事じゃ遊べないから、子供が楽しそうな場所にいたいって思った」(イルル)

 

6話

「言ってくれれば、僕の弱いところ、教えてあげたのに」
「僕の一番嫌なことはね、居場所を無くすことだよ」(ルコア)

 

「君は言ってくれたじゃないか、僕にここにいてくれって。その一言が、とても嬉しかったんだよ」(ルコア)

 

「そうさ、僕は凄い使い魔で、一目見れば君のことは分かる。君は優しくて、背伸びしてるけど頑張ってるえらい子だ。それだけ分かれば十分だったのさ」(ルコア)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

7話

「何かを自分で作ってみるとね、それが自分にとって凄い財宝に見えたりするもんなんだよ」(滝谷真)

 

「君の感性を受け止めきれるかな、人間?」(ルコア)

 

「退屈は、嫌いじゃないです。私達は何年も眠らず、ずっと戦い続けることもよくありました。退屈になれなかったんです。我々が楽しんでいるものは、その退屈なんですよ、エルマ」(トール)

 

「あんたいい加減に最高ね!」(才川)

 

8話

「ゲームと同じでやんすね」
「自分のレベルより強い敵を倒そうとしても、勝てないのは当たり前でやんす」
「でも、どうしても勝ちたいなら、製作者の気持ちを考えてみるといいでやんすよ」(滝谷)

 

「風邪? 私には分からないやつですね」
「私の体内でウイルスごときが存在できる訳ないですね」(トール)

 

「小林さん……いつもはしっかりした人間と感じるから、こんな弱った姿を見るのは初めてだ。大丈夫、ですよね?」(トール)

 

「大切なものは壊れ物であって欲しくない。でも壊れない物なんて無い。特に私は、何でも壊せるからこそ、そう思う」

 

「実際、効いたかどうかは分からないけれど、そんな顔されたら、何入ってても効いたっていうよ」(小林さん)

 

「そんなことない。拾い直せるなら拾ってあげて。おかえりって、言ってあげてよ」(イルル)

 

9話

「待遇改善を要求する!」
「この会社は残業が多すぎるのだ!」(エルマ)

 

「仕方ないと諦めるな!」(エルマ)

 

「ブラック勤務に慣れきり、日々を漫然と過ごす者ばかりの中、エルマはたった1人、立ち上がった」(小林さん)

 

「甘いな、小林。何で俺達を呼んだと思う?」
「止めるタイミングはお前が決めろ」(ファフニール)

 

「でも、あの時食べたご飯の方が美味しかった」
「美味しかったのは……お前が隣にいたからだ!」(エルマ)

 

10話

「私、お家に帰らないと」
「違うの。私、小林とケンカして、家出してたの。でも私が悪かった。帰って、謝る」(カンナ)

 

「怖いけど……帰る所が無い方が、もっと怖い」
「クロエ、お家、帰ろ」(カンナ)

 

「わかんない。でも、怒ってても、嫌いって言われても、ただ一緒にいてくれる。そういう人達なら、きっと、大丈夫」(カンナ)

 

11話

「小林さん、最近私は考えたのです。私は小林さんにご奉仕することばかり考えて、気持ちを押し付けていたのではないかと?」

「やはり真のご奉仕とは、相手の気持ちに立って、して欲しいことを考えるべきなのではと思うのですよ」(トール)

 

「気持ちが高まれば気軽に踏み越えてしまうから、危ういのさ」(滝谷)

 

「大切な人に自分の力全てを使って幸福になってもらうことの、どこが悪いというのか……そう思ったけど、小林さんが望んでなければ、おせっかいでしかない」(トール)

 

「私は、何も選べない……そうか、私、嫌なんだ、不自由が……」(トール)

 

「一人って……自由って……結構、怖かったんだ……」(トール)

 

「小林さんは自由を怖がる私の手を、そっと引いてくれたんです」(トール)

 

12話

「改めて考えてしまうんだよ。私はそんなトールに慕われるほどの人間かと?」
「いや、これは少し違うな……面倒がかからなくなっていくことが少し、寂しいのか?」(小林さん)

 

「メイド服、動きにくくないですか?」
「大事なのは心です」(トール)

 

「いいんだよ面倒くせえ。このまま、このままってとこかな」(小林さん)

 

「大人になろうとしたんですよ。でも何者かになろうとしなくたっていい、ただそのままであればいいって……小林さんが、そう気づかせてくれたんです」(トール)

 

「小林さんが無自覚なほど、私は嬉しいです。そんな簡単に私を救ってくれる人がいるんだって。小林さん、大好きです!」(トール)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
小林さんちのメイドラゴン 1巻 (Kindle)

 

→小林さんちのメイドラゴン
→小林さんちのメイドラゴン(小林さん)
→小林さんちのメイドラゴン(トール)
→小林さんちのメイドラゴン(カンナ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました