「ミステリと言う勿れ2巻」の名言・台詞まとめました

マンガ「ミステリと言う勿れ2巻」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
ミステリと言う勿れ 1-8巻セット (コミック)

ミステリと言う勿れ

2巻

「橋の向こうは、あの世ですね」(久能整)

 

「僕は確かにカレーが好きですが、カレーライスじゃないところに、不意にカレー味があるのはイヤなんですよ」(整)

 

「ここの会話はきっと、犯人たちがきいてるから」
「僕たちに何かを考えさせて話し合わせることで、誰がどんな思考パターンを持ってて、どう動くか、それを知ろうとしてるような気がする」(整)

 

「僕は常々、思ってるんですが……どうしていじめられてる方が逃げなきゃならないんでしょう。欧米の一部では、いじめている方を病んでると判断するそうです」(整)

 

「僕ならそうしてほしいけどなあ。『人の為』と書いて『偽』になる不思議」(整)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「僕は、人は自然の生き物なので、人がすることはすべて自然の範疇だと思ってます。どんな発明でも、革新的技術でも、SFのような話でも、自然の範疇だと思います」

「まあ神という概念も人が作ったものなので、あんまり斟酌することもないと思いますが、できることでしたいことは、したらいいと僕は思う」(整)

 

「自分たちにとって危険だと思ったら、止める道を選ぶのも、また自然なことです」
「できるできないと、するしないは、また別だから」(整)

 

「戦争を『悪』と考えてるのは、一部の一般の人たちと、先の大戦で被害を受けた人たちだけです。国を動かすような位置にいるほとんどの人が、そうは思ってない」

「それを必要とする人が多いうちは、決してなくならない」(整)

 

「人間だけ特別だと思いすぎると、いろいろおかしくなるんだと思う」(整)

 

「苦しいことを薄めるために、より悪いことをのぞむのはまずいです。それがどういうことになっていくか……僕は知ってるので」(整)

 

「子供って乾く前のセメントみたいなんですって。落としたものの形が、そのまま跡になって残るんですよ」(整)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ミステリと言う勿れ 1-8巻セット (コミック)

 

→ミステリと言う勿れ1巻

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました