「シネマこんぷれっくす!2巻」の名言・台詞まとめました

マンガ「シネマこんぷれっくす!2巻」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
シネマこんぷれっくす! 1-6巻セット (コミック)

シネマこんぷれっくす!

2巻

「映研の先輩は皆、変人や悪魔だが、映画知識は豊富で全員得意分野を持ってんだ」
「俺もなんか一つ、映画知識で負かしてみたいんだよ。対等な立場になれれば、きっと映画製作も……」(熱川鰐人)

 

「確かにお前らが挙げたやつは作画も話も凄い、言う通り本物さ……でも初心者が心から楽しめんのかって!!」

「お前らは自分の好きをぶつけてるだけで、全然熱川の立場に立ってねぇんだよ! 布教してぇなら、もっと真剣にやれよ!!」(御池貴子)

 

「その……知ってる体でタイトルや情報をあげつらっていたけど、河津君みたいにPV見せたりしてアピールするのが、初心者には一番優しいんじゃないかなって思うよ……」(小津安)

 

「千葉ちゃんは死ね部の私に頼るほど、この大会に出たいんでしょう?」
「だったら少しでも勝てる努力をするべきだよ! 助っ人が居るだけなんて勿体無いでしょ!? 違う!?」(花村瑞月)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「私は正直スポーツとしての空手にはまるで興味が持てていない……しかし!」
「映画でかっこよく空手をしていれば、私も真似したくなる! リーも言ってるよ! 『考えるな感じろ』と!」(花村)

 

「身体中にクンフーがみなぎっているよ! 今はとにかく戦いてぇ……」(花村)

 

「あんたは格闘映画とか観たあとに気が大きくなって、電気の紐でシャドーしだす中学生か!」(鰐人)

 

「最終手段とは言え、そんな私を頼ってくれたのが嬉しくてさ……それにこれは私の『ドラゴンへの道』でもあるしね!」

「バカにされてた田舎者がカンフーで認められる展開があるんだよ。今の私は実質、ブルース・リーなのだ!」(花村)

 

「ふーむ……人をボコって誉められるのは初めてだ、(空手は)悪くない」(黒澤天喜)

 

「原作人気にすがって、何が悪い!!」(黒澤)

 

「あたしは今後の邦画に期待を込めて映画館へ足を運んでる。いつかアヴェンジャーズのような漫画実写化を観せてくれると信じているからな」(黒澤)

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

 

「商業的な話を持ち込んだわね、宮ちゃん……確かに一理あるけど、それはそれ!! これはこれ!!」(花村)

 

「ホラーで感情移入するな」
「いいや出来るはずだ……なぜならホラー映画は、遊園地だからだ」(鰐人)

 

「う……いや、騙されないわ! ホラー好きの言う『怖くない』が……ホラー嫌いにとって本当に怖くなかった試しがないんだもの!!」(小津)

 

「バーフバリはスーパーエンタメ作品なのだよ」(花村)
「ていうか、映画好きなら観とかないと今後、生きづらいぞお前……」(黒澤)

 

「なにせ減点方式で観るとさほどでもないが、加点方式だと青天井な映画だからな」(黒澤)
「細かい粗をねじ伏せる圧倒的パワーが魅力……現在巷で異常なほど盛り上がっています」(宮川一子)

 

「……我々にとってダンスは非日常……日常に突然非日常が差し込まれ生まれるギャップや温度差……コント等のボケと同じに感じてギャグに見えるのでしょう……私もそうでした」(宮川)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
シネマこんぷれっくす! 1-6巻セット (コミック)

 

→シネマこんぷれっくす!1巻
→シネマこんぷれっくす!3巻

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました