「美少年探偵団」8~9話の名言・台詞まとめました

アニメ「美少年探偵団」8~9話の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
美少年探偵団 全11巻 (Kindle)

美少年探偵団

→美少年探偵団(1~3話)

8話

「どけや貧困層、ひき殺されてえのか?」
「どけっつってんだろ、死ぬか? 庶民の出が、わらわを前に何で足で立ってんだ?」

「けっ! これだから下界の民は……将来こんな大衆を率いなきゃならないかと思うと、自殺したくなるぜ。てめえ顔覚えたからな」(川池湖滝)

 

「不良くんの極悪なお顔を見て、こんなに安らぐことがあるなんて。今までいつか一泡吹かせてやるって思ってたことを謝りたい!」(瞳島眉美)

 

「会長くん……だけどそんな呼び方したら、なめてることがバレない?」(眉美)

 

「伝わらない遊び心ほど、無意味なものはないでしょ?」(足利飆太)

 

「その子の名前は、川池湖滝という、長広の婚約者だ。妖怪ではなく、悪魔、というのが相応しいだろう」

「眉美くん。君は恐るべきモンスターに目をつけられてしまったのだよ」(双頭院学)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「あ、あの……咲口先輩。こんなことを突然言われたら、ビックリされるかもしれませんけれど……でも、もう我慢できないんです。咲口先輩じゃないとダメなんです」

「私の気持ちを、聞いていただけますか!?」

「あれ? 何だか告白しようとしているみたいになってる? 違います違います! 咲口先輩は確かに美形ですが、私の好みでは全くありません!」(眉美)

「何で私が振られたみたいになっているんですか?」(咲口長広)

 

「ただし、条件が一つあります」
「眉美さん。これも何かの縁ですから、湖滝さんのお友達になってあげてもらえませんか? あの子、友達がいないんですよ」(長広)

「はい? 友達なら私もいませんけど……」(眉美)

 

「なーに構わないさ。僕達の間にわたくしごとなど無い。この火急の事態には、みんなで対応しようではないか」(学)

 

「処分するのも簡単じゃないような大きさの羽子板を、あの悪魔はいったいどうやってこの美術室に持ち込んだのか?」

「それが分からないと、今後何をどのタイミングで持ち込まれるか、分かったものじゃないぞ。それこそ、不審物ならぬ、危険物であろうとも」(学)

 

9話

「醜い姿勢だな、端女」(湖滝)

 

「どうした日陰ぐらし、ジロジロ見やがって! 何か言いたいことでもあんのかよ!?」(湖滝)

 

「今日の語りで、完全に誤解が解けることを期待していますが……私にとって彼女は、どこまで突き詰めても、親が勝手に決めた婚約者なのですよ」

「親が勝手に決めた婚約者でしかありません。湖滝さんにとっては、悲劇的なことにね」(長広)

 

「そう、そこにはロマンチックな恋慕はなく、まして私がロリコンだ、等という面白さもなく、単なる古式ゆかしき政略結婚そのものだったのですよ」(長広)

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

 

「私はどう控えめにいっても、恵まれていますから。それくらいの人助けは義務の内だと思っていました」

「大間違いでした……義務感を背負い込んでいたのは、私だけではなかったということです。湖滝さんは、自分にかかっていると思い込んでしまったようなのです」(長広)

 

「そうは問屋がおろしませんでした。そうは悪魔が許しませんでした」(長広)

 

「こうしてじっくりと話を聞いてみると……あの子にも事情が……」
「たいして印象変わらねえな。むしろ単純なヤバさだけなら増大したような気もする」(眉美)

 

「私がクズで残念だったな、百合花ちゃん」(眉美)
「いえ。そんなクズなあなただからこそ、湖滝さんの初めての友人になれるのではないかと、私は期待せずにはいられないのです」(長広)

 

「中学生の私が、家柄なんてものを背負うべきではありませんでした。婚約者なのに、保護者みたいな立場で湖滝に接していました。それが間違いだったんです」(長広)

 

「で、眉美くんは、本当にこれでいいのか?」(学)
「湖滝ちゃんがかわいそうだと、そう思っていることがバレたみたいな気持ちになった」(眉美)

 

「家柄とかは、正直しらん。1人の女の子だ。極めて悪質で、計算高くて、愚かしくて、性格がねじくれていて、暴力的で毒舌で腹黒い。いいところなんて一つも無い、1人の女の子だ」

「でも、だからって……見捨てていいってことにはならないよね?」
「私は、美観のマユミですよ」(眉美)

 

「これじゃあダメだよ、リーダー。好きな人や善人しか助けちゃダメな世の中が、美しい訳ないんだもの。嫌いなクズでも、助けていいでしょ!」(眉美)

 

「あるはずなんだ。現実に即した解決策が」(眉美)

 

「星を探す者は、空ばかり探す。だけど夢々忘れてはならない。うつむいた時に見える地面も、また星だ」(指輪創作)

 

「悪魔はいいお友達を持ちました」
「そして、私もいい後輩を持ったようです」(長広)

 

「湖滝くんの入団を断った理由だったっけ? そんなことは分かりきっているじゃないか眉美くん。僕達は、美少年探偵団なんだよ。ここは、恋する乙女の居場所ではない」(学)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
美少年探偵団 全11巻 (Kindle)

 

→美少年探偵団(1~3話)
→美少年探偵団(4~7話)
→美少年探偵団(10話~)
→美少年探偵団(双頭院学)
→美少年探偵団(瞳島眉美)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました