「劇場版・CLANNAD(クラナド)」の名言・台詞まとめました

アニメ「劇場版・CLANNAD(クラナド)」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
劇場版『CLANNAD』 [DVD]

劇場版・CLANNAD

「そう……いつも窓の向こうに、誰かがいる気配がした。だが、誰かがいるはずなど、ないのだ。目覚めて俺は後悔する、その誰かを追っていた自分に。そう、いつも……」(岡崎朋也)

 

「どこにも……居場所はなかった。でもとりあえず、何の意味もなく学校にだけは行っていた。惰性ってやつだ」(朋也)

 

「本当に美しいです。心が踊ります」
「そうです。でも、来年また咲きます。その次の年も、そのまた次の年も、美しく咲いてくれます」(古河渚)

 

「あの、よかったら……一緒にこの坂、登ってもらえますか?」
「毎日ここまでは来るんです。でも、ここから先のこの坂が、どうしても登れないんです。変ですよね、でもそうなんです」(渚)

 

「じゃあ……じゃあ、着いて行くのはダメですか? あなたの後を私が着いて、この坂を登るんで。それなら構いませんか?」(渚)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「ごめんなさいって謝ります、その時は」(渚)

 

「ですから……」「ですから、今日もお願いします」
「後をついて、坂を登らせて下さい」(渚)

 

「待っていました」「岡崎朋也さん……せっかく名前覚えました」
「待ち伏せでーす」(渚)

 

「どおってことない、こんな坂だ。どうして1人で登れない?」(朋也)

「無いんです……」「学校へ行っても、私、何をしていいか分からないんです。嬉しいこととか、私がいなければいけないこととか、何も無いんです」

「何も無いと分かっているところへは行けないんです。不安で、足がすくんで、震えます」(渚)

 

「あんぱんうめえって言ってたろ?」
「あんぱん食うために、坂登れ」(朋也)
「ああ、そうですね……でも、あんぱんだけでは……」(渚)

「じゃあ、何か見つけろよ。お前が学校でやらなきゃならないこと、何か見つけろよ!」(朋也)

 

「少し熱が出て、学校休んでました」
「でもほら、私元気で、1人でこの坂、登れるようになってます」(渚)

 

「朋也さん、私学校での楽しみ見つけました」
「いろいろ考えて、私見つけました」(渚)

 

「はい! 私がやっと見つけた、学校での楽しみです。演劇部を復活させます。そして、創立者祭のステージで、お芝居を発表します。その目的があれば、毎日坂を登れると思います」(渚)

 

「このポスターはな、手書きなんだぞ! 汗水たらして懸命に書き上げた、魂のメッセージなんだよ! このクソバッテン!!」(春原陽平)

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

 

「警告だ!? 厳正だ!? ふざけんな! 違法はてめえらだ!!」(春原)

 

「何が原因かはさておいて、まず話し合いでしょ、春原くん」(伊吹公子)

 

「大丈夫です」
「大丈夫です、私また描きますから。また描いて、学校中に貼ります」
「だって、私決めてますから。演劇部、絶対再開させるって」(渚)

 

「とにかく3人……部員が3人以上いれば、部活として認められるんです」
「描きます! 私、ポスター。絶対いるはずだと思います。演劇部入りたい人、いるはずです!」(渚)

 

「古河。お前どうしてそんなに演劇やりたいんだ?」(朋也)
「その訳は、今は言えません。でも……でも、やりたいんです」(渚)

 

「戦争だ! 生徒会執行部と、とことんやってやるぜ!」(春原)

 

「お2人に、入部届けを出していただきます。そうすれば、私を入れてちょうど3人になります」

「それで全てが完結です。演劇部は、伊吹先生を顧問にお迎えして、見事に再出発です」(渚)

 

「流されるままに……そう、それはそれで、俺らしかったのかもしれない」
「そして、いつものように流された後、俺はまた後悔することになるのだ」(朋也)

 

「人生はな、いつでも勝負。気を抜いた瞬間から、そいつは負け犬の烙印を、押されるんだ!」(古河秋生)

 

「笑った。朋也さん笑いました」
「いつも怒った顔してる朋也さんが、笑いました」
「笑うと、とても優しい顔です」(渚)

 
スポンサーリンク
→アフィリエイトを始めるならA8.net
→アニメ好き異性との出会い【ヲタ婚】

 

「私、何を書けばいいのか分かってるんです。でも上手く書けなくて、眠れなくなってしまいました」

「それに、朋也さんが近くにいてくれるのが嬉しくて……とても嬉しくて、それで眠るのがもったいなくて……」(渚)

 

「古河、ありがとな。今日俺、久しぶりに大勢でメシを食った。すごく楽しかったよ。暖かくて、嬉しかった……」(朋也)

「よかった……嬉しいです」(渚)

 

「古河も大変だけど、俺達も結構覚悟いるかもな」
「出たとこ勝負、きっとその方が俺達らしいよ。気楽でいいよ、なっ!?」(朋也)

 

「あの……シナリオは間に合いませんでしたけれど、ステージでの公演は、私するつもりです」
「全部、私の中では全部できあがっているんです」(渚)

 

「いいわ、大丈夫。私が、ステージを見ながら指示を出します」
「信じましょう。古河さんの、心の中のシナリオを」
「きっと、とても素敵なはずだから」(秋生)

 

「ごめんなさいなんて、言うな!」
「お前が舞台に立ち、お前が思うようにやる。俺達はそれに着いて行く、そう決まったんだ!」

「自信を持って、堂々とやってくれ。伊吹先生が言ったように、お前を信じること、他には何も無いんだから!」(朋也)

 

「はい」(渚)
「そう、はいだ!」「うん、OKだ!」(朋也)

 

「私、どうして演劇部なのか、どうして演劇をやりたいのか言います」

「だから……だから私がステージに立つことは、お父さん、お母さん、ありがとうって……私こんなに元気ですって……お父さんとお母さんの夢、私がちゃんと覚えてますって……」(渚)

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

 

「だが、俺にはもう、その後のストーリーは頭に入って来なかった」

「長い間、俺とお前が同じ夢を見ていた、ということの不思議さに、かなりのショックを受けて、混乱してしまったからだ」

「何も無い世界の、あんな寂しい夢を見てるのは、きっと俺1人だと、長い間思い込んできたからだ」

「古河……お前もそうだったなんて……あんなに優しい笑顔を見せ、どんな時にも明るく振る舞い、ピンチに、えへへと笑ってみせるお前が……」

「愛おしい……お前がホントに愛おしい。俺はその時、本当にそう思った」
「渚……お前が好きだ」(朋也)

 

「私……私もうこの赤ちゃんに、名前を付けたんです」
「汐(うしお)って言います。男の子でも女の子でも、どちらでも汐です。いいでしょう、素敵です」(渚)

 

「私は渚。でも、汐はもっと海の真ん中。堂々として、海の真ん中をゆったりと流れて行くんです。きっと、身体も私みたいに弱くなくて、心ももっと大きくて強くて……」

「いま私、この赤ちゃんをちゃんと産むこと以外、何も考えていません。大丈夫、こんなに私、この赤ちゃんに会いたいんです。だから私もきっと大丈夫です」

「そうに、決まってます……」(渚)

 

「よかったです……私、汐に会えて、本当に、嬉しいです……」(渚)

 

「大好きな、朋也さん……ありがとう……」(渚)

 

「夢ならば、朝が来れば目が覚める。だが、今のこの俺の、何も無い世界に……朝は無い」(朋也)

 

「いつか分かる時が来る。お前が大人になれば、必ず」(芳野祐介)

 

「ほんの一瞬だったが、俺にはその時、あの夢の続きがまた見えた。約束の木の下に……そう、渚……お前が立っていた。ニコニコと、愛おしいあの、いつもの笑顔で」(朋也)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
劇場版『CLANNAD』 [DVD]

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました