「マグメル深海水族館1巻」の名言・台詞まとめました

マンガ「マグメル深海水族館1巻」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
マグメル深海水族館 1-6巻セット (コミック)

マグメル深海水族館

1巻

「世界初『深海の中にある水族館・マグメル』」
「きっとこの水族館に、世界中が驚くことでしょう」(大瀬崎湊人)

 

「やっと開館までたどり着いたよ。どうかこの水族館が……暗闇にひそむ生き物たちを、照らす光となれますように」(湊人)

 

「ここでの出会いは、いつか誰かの人生すら……変えてしまうかもしれないんだ」(湊人)

 

「『深海』っていうところはな、『宇宙より遠い海』って呼ばれてるんだ」(石花航洋)

 

「ぼく悔しかった……ちゃんと言い返せなくて。だから決めたんだ! もっと勉強して……深海生物の飼育員になる!」

「そしたら深海はすごいんだってこと、みんなに教えてあげられるでしょ?」(天城航太郎)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「ちがうよ。グソクムシ、きもちわるくなんかないもん」(大瀬崎なぎさ)

 

「ここにはイルカもペンギンもいませんが……イルカのジャンプより珍しいものが見られるかもしれませんよ」

「この全然動かないダイオウグソクムシ、実は水の中を飛ぶことができるんです」(湊人)

 

「エサを見つけるのが困難な深海では、無駄なエネルギーを使わないようにするため、海底でじっとしている生き物が沢山います」

「『動かないからつまらない』、なんて言われてしまうこともありますが、でもそれはきっと、あなたがまだ本当の深海を知らないから」(湊人)

 

「僕の職場は水深200m。この暗い海の入り口には、少しだけ光が射している」(航太郎)

 

「俺たちの網にかかった魚の死を無駄にするな」(相良沖次郎)

 

「命を扱う者が、そう簡単に諦めるんじゃねぇよ。託してんだぞ、お前に」(相良)

 

「……マグメルで働き始めてから、水槽に毎日元気な深海生物がいることが、当たり前のように思っていました」

「だから、あのラブカを引き取りに行ったとき、初めて気がついたんです。僕がいつも見ていたのは、生命だったんだということを」(航太郎)

 

「そうやって得るものがあったなら、俺は君にラブカを任せてよかったと思うよ。深海生物を守り育てていくというマグメルの役割を、今日君は果たしたんだ」(湊人)

 

「……あの(ダイオウイカが現れた)時、私もそばで見てたんだけどね……奇跡ってこのことかって思った。まるで深海に水族館がオープンするのを、お祝いしに来てくれたみたい」

「あの時のお客さんの顔が忘れられないの。私もあんな風に、沢山の人の心に残るような仕事がしたいって思ったんだ」(長泉湖)

 

「毎日どんな生き物に出会えるかわからない。そんな水族館、世界に一つだけですね」(航太郎)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
マグメル深海水族館 1-6巻セット (コミック)

 

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました