「グラップラー刃牙(バキ)3巻」の名言・台詞まとめました

マンガ「グラップラー刃牙(バキ)3巻」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
グラップラー刃牙 全42巻セット (コミック)

グラップラー刃牙

3巻

「審判すらいない……だからこの闘いは公平(フェア)なンじゃ」(愚地独歩)

 

「どーしてかな。テーピングを終えるころには全身がムズ痒くなってきて、対戦者を八ッ裂きにでもしたくなるんだ」(範馬刃牙)

 

「知らないのかい──この廊下は弱いほうが道を譲るンだぜ」(鎬昴昇)

 

「闘う相手が欲しい」(鎬)

 

「鎬さん。オレ、待ちかねちまったよ、この一か月間」
「空手入門書も10冊以上読んだし、空手家とだって闘った……」
「ハッキリ言って絶対に負けない!」(刃牙)

 

「範馬君。わたしもハッキリ言うが──今日わたしはどんな技でも使用うつもりでいるよ」(鎬)
「そうしなきゃ、アンタが殺される」(刃牙)

 

「どーゆう技を持ってるのか知らないけど……鎬さん。必殺技の1つや2つで勝てるなんて思わないでほしいな。ここは地上最強を決定る聖地だからね……」(刃牙)

 

「いいぞ……」「もっと調子づけ!!」(刃牙)

 

「あれがいわゆる紐切りだ……」
「エゲツなくも見えようが……人体を破壊するという点において、あれほど空手らしい技もない」(愚地)

 

「鎬さん。右腕の自由を奪ったくらいで……オレになり替われると思っているのかい? 忘れてもらっちゃこまるな……ここは地上最強を決定する場所だぜ……」(刃牙)

 

「ダメだよ、鎬さん……あれっぽっちの攻撃で、もう勝った気になってるようじゃ……」(刃牙)

 

「鎬さん。腕を折ることはとどめにならない。あなたは両腕が折れてもきっと蹴りで反撃してきただろうし……あの時のボクに防ぐ体力は残ってなかった」

「あの場合、ああやってあなたを失神させることがベストだった」(刃牙)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
グラップラー刃牙 全42巻セット (コミック)

 

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました