「花の慶次1巻」の名言・台詞まとめました

マンガ「花の慶次1巻」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
花の慶次 全10巻セット (コミック)

花の慶次

1巻

「断固としてお断り致します。第一そんな勿体ないことができますか」
「そうじゃありませんか。それ程強力ですばやい馬を誰が殺せますか。飼い慣らして手前の乗馬に致します」(前田慶次)

 

「たとえ悪魔の馬であろうと、オレには必要なのだよ。みろ! 俺の体を。オレの図体はでかい。並の馬では一合戦で乗りつぶしてしまう」

「その馬ならば、きっと思いのままの戦さ働きができるというものだ」(慶次)

 

「なんて素晴らしいんだ、お前は! お前みたいにきれいな馬はみたことがないよ」
「ほれた! 腹の底からほれたぞ!!」(慶次)

 

「速い! なんて速さだ、まるで松風……そうだ、お前は松風だ!!」(慶次)

 

「古屋七郎兵衛に伝えよ。おのれの所業武士のものとも思えぬ。ゆえにどこで会おうとも、野の獣のように斬って捨てるとな」(慶次)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「松風よ、売られたケンカを買うってのは遊びだ!! 遊びってのは派手でなきゃつまんないよな」(慶次)

 

「よく聞け、北条の者どもよ!! この前田慶次。合戦では修羅と化して、一兵残さず切り捨ててくれる! 楽しみにしておれ!!」(慶次)

 

「そんなに自由に生きたかったら、乞食にでもなるさ。だがその自由も、のたれ死にの自由と背中あわせだがな」(慶次)

 

「ふ……虎や狼が日々鍛錬などするかね」(慶次)

 

「敵が攻め入れば戦うまでです」(慶次)

 

「見なされ、若水殿のツラを!!」
「戦場で傷だらけになったきたねぇツラだ」

「だがそれがいい」
「その傷がいい!! これこそ生涯をかけ、殿を守り通した忠義の甲冑ではござらんか!!」(慶次)

 

「とっ……殿!! おそれながら申し上げます」

「たとえ末森を捨てるにしろ、援兵ひとり送らずに見殺しにしたとあっては、前田家末代の恥。願わくばこの老骨ひとりだけでもおつかわし下さい」

「武士の意地でござる!!」(村井若水)

 

「しかし殿は援軍はならぬとか。ほとほと人の主になれぬ人……このような時こそ救援にいかねば、だれが主と仰ぎましょうか。かといって誰に死にに行けともいえぬもの……」(まつ)

 

「主馬! 叔父御に伝えろ!! 慶次は死罪と決まった!!」
「だがいくさ人ゆえ、戦場で果て申すとな!!」(慶次)

 

「敵の本陣に敵が乗り込む。敵将の首をとること以外なにがあるというのかね」(慶次)

 

「いいか! 成政に手を出せば殺す!! おれは成政にいくさ人の真情を見た!! われらの決着は合戦にてつける!!」(慶次)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
花の慶次 全10巻セット (コミック)

 

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました