「はたらく魔王さま!」1~5話の名言・台詞まとめました

アニメ「はたらく魔王さま!」1~5話の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
はたらく魔王さま! [Blu-ray]

はたらく魔王さま!

→はたらく魔王さま!(6~12話)

1話

「人間共よ。今この時は、貴様らにエンテ・イスラを預けよう! だが俺は必ず貴様らを……このエンテ・イスラをこの手に治める為に戻ってくる!」(真奥貞夫、サタン・ジャコブ)

 

「今は魔力を使うな。この世界を知るまでは」(真奥)

 

「かつどぅーん(カツ丼)。この国にある、ごく一般的な料理だ」(真奥)
「かつどぅーん。なるほど、力強い響きだ……興味深い」(芦屋四郎、アルシエル)

 

「えっ、いや、これはそれほど重要なものではない。この世界では魔法や魔力、魔王や悪魔といった存在は全て空想上のものであり、実在しないとされているのだ」(真奥)

「魔力が存在しない! そんなバカな!?」(芦屋)

 

「俺達の残された道は、その手段を見つけ出し、魔力を回復させることだ。それまでは、この人間たちのルールに従い、この世界で生きていくしかない」(真奥)

「なんという苛酷な現実が……」(芦屋)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「この世界には、臥薪嘗胆という言葉があるらしい。このような魔王城もまた一興だ……」
「ここから、新しい一歩を踏み出そうでは、ない、か……」(真奥)

 

「とにかく! この人間社会ではお金こそが必要不可欠なのだ。これ以上魔力も消費できん。となれば残された手段はただ一つ……」(真奥)

 

「そう。こういう小さな(仕事の)積み重ねが、いつか魔王として復活するために必要なのだ」(真奥)

 

「時間のある時は、やっぱお客さんのニーズに応じた柔軟な対応が、長期的にはプラスになるんだよ」(真奥)

 

「また職を失ったぞ、芦屋……」
「そもそも、俺等の目的はエンテ・イスラに戻ることであって、日銭を稼ぐことではないぞ!」(真奥)

 

「俺が働いて金を稼ぐ。お前は頭を使え」
「魔力を取り戻したあかつきには、エンテ・イスラだけじゃない。この世界も支配してやろうじゃないか!」(真奥)

「かしこまりました。このアルシエル、魔王様の覇道への道、必ずや探し出してみせます」(芦屋)

 

「だって今月6度目なんですよ! ポテト床にばら撒いたの!」
「みんなが接客してる時、掃除してる私って……このままじゃ、床からお芋が生えちゃいます!?」(佐々木千穂)

 

「なぜあなたがマグロナルドでバイトしてるの!? 魔王!」(遊佐恵美、エミリア・ユスティーナ)
「勇者エミリア!?」(真奥)

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

2話

「たとえどんな世界に逃げようとも無駄よ。必ず見つけ出すわ」
「見つけ出して、この手で奴を倒してみせる!!」(恵美)

 

「聖剣など無くとも、魔力を失い、アルバイトで生活する魔王なんて恐るるに足らず。覚悟!」(恵美)

 

「今日はこのくらいにしといてあげるわ」
「でも次は無いわよ、あなたの住所は暗記したから。明日から枕を高くして眠れる日は無いと思いなさい」(恵美)

「お前……とても勇者のいう台詞とは思えないぞ?」(真奥)

 

「てぇ! これじゃあいつとやってること何も変わりないじゃない!?」(恵美)

 

「悪いわよ! 何よ!? こんなくたびれた奴を殺すために世界を渡ったの、最低よ! 一人暮らしの私だって、もうちょっとマシな生活してるわよ!」(恵美)

 

「我々を追って迷子では、ただの二重遭難ではないか」(芦屋)

 

「俺は日本を征服するつもりでいる。マグロナルドにはな、アルバイトが正社員になれるシステムがあるんだ」

「いいかエミリア。俺はこの世界で正社員になってみせる。そして金と社会的地位を積み重ね、多くの人間をひざまずかせる実力者になり、再びエンテ・イスラに攻め込むんだ!」(真奥)

 

「バカバカし……」(恵美)
「俺の崇高な志を人間ごときが理解できるとは思っていない」(真奥)
「多分、十二分に理解してると思います」(芦屋)

 

「なんかどうでもよくなっちゃった、帰る。明日も仕事だし……でも勘違いしないでよね。残った力を使えば、あなたを殺すことなんていつでも出来るんだから」(恵美)

 

「いいですか、魔王様! このような食べ方は、生活に余裕のある人間のすること」(芦屋)
「お前には心の余裕は無いのか?」(真奥)

 

「このままあなたが、この世界で人生を過ごしてくれるなら、私は無理にあなたを倒そうとは思わないわ。このまま笹塚に骨をうずめたら?」(恵美)

 

「エンテ・イスラを諦めて、ここで新しい生活を見つけなさい!」(恵美)
「あり得ない! 俺は必ずエンテ・イスラを征服しに戻る!」(真奥)

 

「最初は俺等も、随分惨めな思いしただろ?」
「俺等は2人だったからよかったけど、あいつは1人みたいだし」(真奥)

 
スポンサーリンク
→アフィリエイトを始めるならA8.net
→アニメ好き異性との出会い【ヲタ婚】

3話

「何で……何で……何で私が! 何で勇者たる私が、魔王一派の身元保証人にならなきゃいけないのよぉ!?」(恵美)

 

「そりゃお前、魔王ってのは勇者に迷惑かけてなんぼだろ?」(真奥)

 

「とにかく、私に倒される前にどこぞの馬の骨に殺されないよう、気をつけることね!」(恵美)

 

「何をおっしゃいます! 年頃の女の子は深刻な悩みを気心のしれた友達以外には絶対に話しません。両親にもです!」

「それなのに魔王様には話した。その意味が分からない魔王様じゃありませんよね!?」(芦屋)

 

「今日はいつもより、かっこいい……ですね」(千穂)

 

「邪じゃない魔王がいてたまるもんですか!?」(恵美)

 

「止めなさい!」「この男に関わるとロクなことにならないわ!」
「この男は見た目通りの男じゃない。本性は狡猾で残忍よ」(恵美)

 

「ああ、瓦礫に潰されちゃったんじゃないかってこと? そうね、ここであいつが死んでてくれると喜ぶ人は多いんだけどね」

「あいつは絶対に生きてる。あいつを倒すのは私なのよ。こんな所で死ぬなんて、私が許さないわ!」(恵美)

 

「今はそういうことにしておきます」(千穂)

 

「チーちゃんを頼む」「ここから出るぞ。意外に被害は小さいみたいだが、悠長に救助を待ってらんないからな。俺が何とかする」(真奥)

「何とかする?」「どうして……どうして……魔王が人を助けるのよ?」(恵美)

 

4話

「だらしない姿に戻ってる」(恵美)

 

「今日の所はもう何も起こらねえよ。向こうさんの襲撃は失敗してるからな」
「あれは自然現象なんかじゃない。お前と俺がいる場所で起こったってことは、誰かが仕掛けて来てるんだ」(真奥)

 

「申し訳ありません! エミリアの接近を許したばかりか、敵の接近にも気づかず、あまつさえ、魔王様に命をお救いいただき、何とお詫びしてよいものやら!」(芦屋)

 

「まあね、何だろう……経験からいって、こういう時は、1人じゃない方がいいんじゃないかなって」(鈴木梨香)

 

「うち実家・神戸なんだ。まあ出身地のことが話題になると、面倒くさいからね」
「平気でいろいろ聞いてくるからね、地震のこととかさ……」

「まだ小さかったけど、今でもあの時のことは忘れられない。本当に、怖かったんだよね。聞かれても、簡単に答えられないようなこと、たくさんあったから……」(梨香)

 

「恵美が初めてだよ」「私が神戸出身って言っても、無神経に地震のことを聞いてこなかった人。今までの価値観が、まっさらになった時、人間ってどう転ぶか、分からないんだよね」

「いるのよ、混乱に乗じて悪いことしてやろうって奴等が。逆に自分の明日も分からないくせに、人のこと必死で助けようとするお人好しもいるしね」

「思ったな、よくあるじゃない。葛藤する時に自分の顔した天使と悪魔がいいよみたいな。人間、本当にその気になれば、天使にも悪魔にもなれるんだって……」(梨香)

 

「何だろう……この温かさ、この気持ち? これが、人の心?」(恵美)

 

「うるさい! あなたこそ何してんのよ!? 魔王でしょ! 魔王なら魔王らしくこの世界で悪逆の限りを尽くしなさいよ!!」(恵美)

 

「私は、あなたを死んでも許さない! 私とお父さんの家と、お父さんの畑と、お父さんの命と、私の穏やかな生活の全てを奪ったあなたを……決して、許さない……」(恵美)

「俺自身、あんまり深く考えたことはないが……とりあえずなんかすまん。あの頃の俺は、人間ってものをよく理解してなかったから」(真奥)

 

「さあ、狩りの時間だ。今日僕は魔王を超える」(漆原半蔵、ルシフェル)

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

5話

「なぜそれをじゃねえ! 筋書きがありきたりなんだよ! 今どき冥土の土産って……B級映画だってもうちょいマシな脚本書くぞ、このハゲ!」(真奥)

 

「俺、この世界結構好きなんだよ。人間になったのも、いろいろ新鮮で面白かったし、世話になった世界に、迷惑かけたくねえから。俺はそういう方法は取りたくねえ!」(真奥)

 

「バカじゃないの。こんなふざけた魔王見たことない」
「お断りよ」「私は勇者よ、腐っても魔王に手を貸したりするもんですか!」

「だから……後ちょっと踏ん張ってなさい。私がすぐ決着つけてあげるから」(恵美)

 

「顕現せよ! 我が力、魔を討ち滅ぼさんがため!」
「私は勇者。世界が変わっても、その真実だけは変わらない!」(恵美)

 

「何がそんなにおかしい?」
「勇者などと共闘するなどごめんだが、私は大魔王サタン様に忠誠を誓う者」
「ならば今の敵は貴様だ、ルシフェル!」(芦屋)

 

「手早く終わらせるか。なんせこのままじゃ、バイトに遅刻しちまう。今日はチーちゃんに、ソフトクリームマシンのメンテを教える約束だしな」(真奥)

 

「さて、お前ら……よくも世界を支配するこの俺に、地味な役割を押し付けてくれたな。どうしてくれようか!?」(真奥)

 

「あの……今さらこんなことを聞くのも、おかしな気がするんですが……みなさんその……何なんですか!?」(千穂)

「改めて聞かれると恥ずかしいんだが……俺、よその世界で魔王やってんだ」(真奥)

 

「私は人間だからね。まあ半分は天使なんだけど」(恵美)

 

「ごめんなさい! 天使とか悪魔って、もっとこう架空の凄い存在としか思ってなかったから」(千穂)

 

「下のもんの失態は上のもんの責任だ。エンテ・イスラでもマグロナルドでも、それは変わりはしない。支配者たるもの、その責任は負わなきゃな」(真奥)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
はたらく魔王さま! [Blu-ray]

 

→はたらく魔王さま!(6~12話)
→はたらく魔王さま!(真奥)
→はたらく魔王さま!(恵美)
→はたらく魔王さま!(千穂)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました