「はたらく魔王さま!」の名言・台詞まとめ

アニメ「はたらく魔王さま!」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
はたらく魔王さま! [Blu-ray]

はたらく魔王さま!

1話

「人間共よ。今この時は、貴様らにエンテ・イスラを預けよう! だが俺は必ず貴様らを……このエンテ・イスラをこの手に治める為に戻ってくる!」(真奥貞夫、サタン・ジャコブ)

 

「俺達の残された道は、その手段を見つけ出し、魔力を回復させることだ。それまでは、この人間たちのルールに従い、この世界で生きていくしかない」(真奥)

「なんという苛酷な現実が……」(芦屋)

 

「この世界には、臥薪嘗胆という言葉があるらしい。このような魔王城もまた一興だ……」
「ここから、新しい一歩を踏み出そうでは、ない、か……」(真奥)

 

「とにかく! この人間社会ではお金こそが必要不可欠なのだ。これ以上魔力も消費できん。となれば残された手段はただ一つ……」(真奥)

 

「そう。こういう小さな(仕事の)積み重ねが、いつか魔王として復活するために必要なのだ」(真奥)

 

「時間のある時は、やっぱお客さんのニーズに応じた柔軟な対応が、長期的にはプラスになるんだよ」(真奥)

 

「また職を失ったぞ、芦屋……」
「そもそも、俺等の目的はエンテ・イスラに戻ることであって、日銭を稼ぐことではないぞ!」(真奥)

 

「俺が働いて金を稼ぐ。お前は頭を使え」
「魔力を取り戻したあかつきには、エンテ・イスラだけじゃない。この世界も支配してやろうじゃないか!」(真奥)

「かしこまりました。このアルシエル、魔王様の覇道への道、必ずや探し出してみせます」(芦屋)

 

「だって今月6度目なんですよ! ポテト床にばら撒いたの!」
「みんなが接客してる時、掃除してる私って……このままじゃ、床からお芋が生えちゃいます!?」(佐々木千穂)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

2話

「聖剣など無くとも、魔力を失い、アルバイトで生活する魔王なんて恐るるに足らず。覚悟!」(遊佐恵美、エミリア・ユスティーナ)

 

「今日はこのくらいにしといてあげるわ」
「でも次は無いわよ、あなたの住所は暗記したから。明日から枕を高くして眠れる日は無いと思いなさい」(恵美)

「お前……とても勇者のいう台詞とは思えないぞ?」(真奥)

 

「てぇ! これじゃあいつとやってること何も変わりないじゃない!?」(恵美)

 

「悪いわよ! 何よ!? こんなくたびれた奴を殺すために世界を渡ったの、最低よ! 一人暮らしの私だって、もうちょっとマシな生活してるわよ!」(恵美)

 

「我々を追って迷子では、ただの二重遭難ではないか」(芦屋)

 

「俺は日本を征服するつもりでいる。マグロナルドにはな、アルバイトが正社員になれるシステムがあるんだ」

「いいかエミリア。俺はこの世界で正社員になってみせる。そして金と社会的地位を積み重ね、多くの人間をひざまずかせる実力者になり、再びエンテ・イスラに攻め込むんだ!」(真奥)

 

「バカバカし……」(恵美)
「俺の崇高な志を人間ごときが理解できるとは思っていない」(真奥)
「多分、十二分に理解してると思います」(芦屋)

 

「なんかどうでもよくなっちゃった、帰る。明日も仕事だし……でも勘違いしないでよね。残った力を使えば、あなたを殺すことなんていつでも出来るんだから」(恵美)

 

「いいですか、魔王様! このような食べ方は、生活に余裕のある人間のすること」(芦屋)
「お前には心の余裕は無いのか?」(真奥)

 

「最初は俺等も、随分惨めな思いしただろ?」
「俺等は2人だったからよかったけど、あいつは1人みたいだし」(真奥)

3話

「何で……何で……何で私が! 何で勇者たる私が、魔王一派の身元保証人にならなきゃいけないのよぉ!?」(恵美)

 

「そりゃお前、魔王ってのは勇者に迷惑かけてなんぼだろ?」(真奥)

 

「何をおっしゃいます! 年頃の女の子は深刻な悩みを気心のしれた友達以外には絶対に話しません。両親にもです!」

「それなのに魔王様には話した。その意味が分からない魔王様じゃありませんよね!?」(芦屋)

 

「邪じゃない魔王がいてたまるもんですか!?」(恵美)

 

「ああ、瓦礫に潰されちゃったんじゃないかってこと? そうね、ここであいつが死んでてくれると喜ぶ人は多いんだけどね」

「あいつは絶対に生きてる。あいつを倒すのは私なのよ。こんな所で死ぬなんて、私が許さないわ!」(恵美)

 

「今はそういうことにしておきます」(千穂)

 

「チーちゃんを頼む」「ここから出るぞ。意外に被害は小さいみたいだが、悠長に救助を待ってらんないからな。俺が何とかする」(真奥)

「何とかする?」「どうして……どうして……魔王が人を助けるのよ?」(恵美)

 

4話

「今日の所はもう何も起こらねえよ。向こうさんの襲撃は失敗してるからな」
「あれは自然現象なんかじゃない。お前と俺がいる場所で起こったってことは、誰かが仕掛けて来てるんだ」(真奥)

 

「まあね、何だろう……経験からいって、こういう時は、1人じゃない方がいいんじゃないかなって」(鈴木梨香)

 

「うち実家・神戸なんだ。まあ出身地のことが話題になると、面倒くさいからね」
「平気でいろいろ聞いてくるからね、地震のこととかさ……」

「まだ小さかったけど、今でもあの時のことは忘れられない。本当に、怖かったんだよね。聞かれても、簡単に答えられないようなこと、たくさんあったから……」(梨香)

 

「恵美が初めてだよ」「私が神戸出身って言っても、無神経に地震のことを聞いてこなかった人。今までの価値観が、まっさらになった時、人間ってどう転ぶか、分からないんだよね」

「いるのよ、混乱に乗じて悪いことしてやろうって奴等が。逆に自分の明日も分からないくせに、人のこと必死で助けようとするお人好しもいるしね」

「思ったな、よくあるじゃない。葛藤する時に自分の顔した天使と悪魔がいいよみたいな。人間、本当にその気になれば、天使にも悪魔にもなれるんだって……」(梨香)

 

「何だろう……この温かさ、この気持ち? これが、人の心?」(恵美)

 

「うるさい! あなたこそ何してんのよ!? 魔王でしょ! 魔王なら魔王らしくこの世界で悪逆の限りを尽くしなさいよ!!」(恵美)

 

「私は、あなたを死んでも許さない! 私とお父さんの家と、お父さんの畑と、お父さんの命と、私の穏やかな生活の全てを奪ったあなたを……決して、許さない……」(恵美)

「俺自身、あんまり深く考えたことはないが……とりあえずなんかすまん。あの頃の俺は、人間ってものをよく理解してなかったから」(真奥)

 

「さあ、狩りの時間だ。今日僕は魔王を超える」(漆原半蔵、ルシフェル)

5話

「なぜそれをじゃねえ! 筋書きがありきたりなんだよ! 今どき冥土の土産って……B級映画だってもうちょいマシな脚本書くぞ、このハゲ!」(真奥)

 

「俺、この世界結構好きなんだよ。人間になったのも、いろいろ新鮮で面白かったし、世話になった世界に、迷惑かけたくねえから。俺はそういう方法は取りたくねえ!」(真奥)

 

「バカじゃないの。こんなふざけた魔王見たことない」
「お断りよ」「私は勇者よ、腐っても魔王に手を貸したりするもんですか!」

「だから……後ちょっと踏ん張ってなさい。私がすぐ決着つけてあげるから」(恵美)

 

「顕現せよ! 我が力、魔を討ち滅ぼさんがため!」
「私は勇者。世界が変わっても、その真実だけは変わらない!」(恵美)

 

「何がそんなにおかしい?」
「勇者などと共闘するなどごめんだが、私は大魔王サタン様に忠誠を誓う者」
「ならば今の敵は貴様だ、ルシフェル!」(芦屋)

 

「手早く終わらせるか。なんせこのままじゃ、バイトに遅刻しちまう。今日はチーちゃんに、ソフトクリームマシンのメンテを教える約束だしな」(真奥)

 

「さて、お前ら……よくも世界を支配するこの俺に、地味な役割を押し付けてくれたな。どうしてくれようか!?」(真奥)

 

「あの……今さらこんなことを聞くのも、おかしな気がするんですが……みなさんその……何なんですか!?」(千穂)

「改めて聞かれると恥ずかしいんだが……俺、よその世界で魔王やってんだ」(真奥)

 

「私は人間だからね。まあ半分は天使なんだけど」(恵美)

 

「ごめんなさい! 天使とか悪魔って、もっとこう架空の凄い存在としか思ってなかったから」(千穂)

 

「下のもんの失態は上のもんの責任だ。エンテ・イスラでもマグロナルドでも、それは変わりはしない。支配者たるもの、その責任は負わなきゃな」(真奥)

 

6話

「しかしホルモンってホント美味いよな。はらわたを美味いっていう悪魔たちの気持ちが初めて分かったよ」(真奥)

 

「聖剣で人体模型をバラバラにした勇者は、世界広しといえどエミリアくらいでしょうね」(芦屋)

 

7話

「でも考えようによっては……やっぱり平和に暮らしてる男所帯に付きまとうストーカーよね、これ」(恵美)

 

「お前がボサッと日々を過ごしている間に、俺は人間として一つ大きく成長してるんだぜ」
「忘れたか、恵美。明後日の日曜から俺は、マグロナルド幡ヶ谷駅前店の時間帯責任者、店長代理になるのだ!」(真奥)

 

「まあいい。いずれ俺はお前なんぞ想像もつかない、高みに登りつめてやる!」(真奥)
「アホじゃないの」(恵美)

 

「嫌な予感がしてたまらない……勢いでここまで来たけど、引き返せるのならば、引き返した方がいいのかも?」

「でも……でも、ここまで来たのなら、やっぱり引き返せない!」(千穂)

 

「はぁ……今日も地味にストーカーしてしまったわ……」(恵美)

 

「人間なのか、それとも悪魔なのか知らないけど。こんな人目につく場所で襲ってくるなんて、どういうつもり!?」

「私だけならともかく、ここの人達に迷惑をかけようっていうなら、容赦はしないわ!」(恵美)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

8話

「そうですね、気にならないっていえば嘘になります」
「でも、そんなこと知る前に……真奥さんのこと、好きになっちゃいましたから」(千穂)

 

「遊佐さんは、私が真奥さんを好きになって後悔しないように止めてくれたけど、私は、自分で真奥さんを好きになったんです。だから、好きでなくなる時も、自分で決めます」(千穂)

 

「それに……魔王を倒すのは勇者である私の役目よ。手を出さないで」(恵美)

 

「一応、警告しておくわ。つまらない小細工や下手なちょっかい出すと、すぐに看破されるわよ。あれでも、魔王ですからね」(恵美)

 

9話

「読めん! 全く読めん! 大手ファーストフード店の最前線の戦い……ここまで奥が深いとは!?」(真奥)

 

「勘違いするな。今の私にとって最優先させるべきは、我が家の家計。そのためにはどんな屈辱も耐え、喜んで自ら泥にまみれよう」(芦屋)

 

10話

「なぜだ!? 混乱に乗じて、もっと力を得ることも出来たはずなのに……せっかく集めた魔力を、人間のために使っているだと!?」

「いったい何を考えているのだ……魔王サタン」(鎌月鈴乃、クレスティア・ベル)

 

「今日は、真奥さんのかっこいい所が見れただけでも、来たかいがあったのかなぁーって」(千穂)

 

11話

「魔王軍を相手に、教会騎士団と連合騎士団が一枚岩になれないのは、教会の側にも責任があります。なぜ互いに歩み寄ろうとしないのでしょうか?」(鈴乃)

 

「結局……世界を救ったのは、我々ではなく勇者だ」(鈴乃)

 

「いつだってそうだ……彼等は自らを律せず、傷つくのを恐れ、恥をかくのを恐れ、手を汚さず、美味しいところだけをさらっていく」

「私だって……好きで人を処刑していた訳じゃない」(鈴乃)

 

「エミリア、あなたにはあなたの思惑があるのは分かる。だがそれは、私も同じだ。あの男、やはり早急に殺すべきだ」(鈴乃)

 

「魔王がこの日本で出世を繰り返し、信頼と人望を集める人物になった後、世の中を裏切ればどうなると思う?」(鈴乃)

「あり得ないわ」
「言っちゃなんだけど、マグロナルドで出世したからって、世界征服が出来ると思う?」(恵美)

 

「そんな、記憶を消すって……嫌です。そんなの絶対にダメです! 私、忘れたくない!」

「せっかく友達になって、いっぱい楽しい時間を過ごして……なのに、全部エンテ・イスラの都合で忘れさせるなんて、あんまりじゃないですか!」(千穂)

 

「じゃあ、鈴乃さんは、真奥貞夫になる前の、魔王サタンに会ったことがあるんですか!?」
「魔王軍とばかり戦ってて、魔王本人に会ったこともない人に、何が分かるんですか!?」(千穂)

 

「優しい人だっていうこと以外に、理由がありますか!? 迷惑かけたら、相手にごめんなさいっていうの、当たり前じゃないですか!? 真奥さん、当たり前のことをしただけです」(千穂)

 

「クレスティア・ベル。正直あなたの言うことは正しいと思う」

「でもね、これだけは言わせて。私が目指した平和は、みんなが笑顔でいられる世界よ。友達を泣かせた事実に目をつむる。そんな平和のために、私は戦ってきたんじゃない」

「そのために、何かを犠牲にするような結末を迎えるつもりはないわ」(恵美)

 

「夢物語だ。そんな方法、あるはずがない」(鈴乃)
「見つけるわ」(恵美)

「払わなければいけない犠牲は、確かにあるんだ!」(鈴乃)
「それでも私は、それをしなくちゃならないの。だって私は、勇者だから」(恵美)

 

「いいのよ。人を好きになるっていうのは理屈じゃないからね」(恵美)

 

12話

「ああ……私としたことが、なんという失態。この点滴一つでいったいいくらかかるというのか……」(芦屋)

 

「頼む、助けてくれ。もう誰も犠牲にしたくない」(鈴乃)

 

「働いてないてめえには分からないだろうな。いいか、マグロナルドの制服は貸与制なんだ。通常業務に関係ない理由で破損させると、買取弁償しなきゃならねえ」

「魔王城にそんな余剰資金はねえ!」(真奥)

 

「たった1人で日本に来て、堂々と隣に居座る根性と美味いメシに免じて、たいていのことは見逃してやろうと思ってたが、俺の邪魔してクルーに傷つけるようなまねするなら、店長代理として許しちゃおけねえ!」(真奥)

 

「当たり前だ! どこの世界に、突如となりに引っ越して来て、男所帯をかいがいしく世話やく大和撫子がいるんだ!?」(真奥)

 

「目的のために手段選ばねえってんならお前ら、俺ら悪魔とどう違うってんだ!?」(真奥)

 

「チーちゃんは、俺の守るべき後輩で、大切な部下だ。自分の部下を放って逃げるほど、俺は恥知らずじゃねえ!」(真奥)

 

「それにお前だって、本当は期待してんだろ?」
「俺がサリエルを倒すこと」(真奥)

 

「なぜ、悪魔のくせにそんなことを言うんだ? なぜあなたが魔王なんだ? 魔王にそんなことを言われたら……私だって、恥知らずのままではいられないではないか」(鈴乃)

 

「天界の事情は正直どうでもいい。俺が許してねえのは、俺の店の仲間を傷つけたことだ。よくもてめえチーちゃんに怖い思いさせやがったな!」(真奥)

 

「おい、サリエル」「魔王の慈悲で選ばせてやるよ」
「尻尾まいて逃げ帰るか、落とし前つけて俺にボコられるか、さあどうする?」(真奥)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
はたらく魔王さま! [Blu-ray]

 

→はたらく魔王さま!(真奥)
→はたらく魔王さま!(恵美)
→はたらく魔王さま!(千穂)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました