「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました2巻」の名言・台詞まとめました

マンガ「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました2巻」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
スライム倒して300年 1-8巻セット (コミック)

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました

2巻

「ナンテール州のスライムはもっと色が濃いのが基本、なのにここのはかなり薄い。薄いのは悪の心で染まった邪悪なスライム、駆除した方がいい」(シャルシャ)

 

「た……助けて、ほしいんです……!!」(ハルカラ)
「助けて……? このあたりにオークはいませんが」(アズサ・アイザワ)

 

「なんで静かに無言でそそくさと戸を閉めるんですか!?」(ハルカラ)

 

「まんま栄養ドリンクじゃん!! 私も社畜時代、よく飲んでたけど。まさかこの世界で見るとは……」(アズサ)

 

「わたし……体ばかり見られるのが癪で、調薬師として実績出そうと努力したんです」
「そのかいあって薬がたくさん売れるまでになりましたけど、そのせいでベルゼブブに追われてるんですよね、とほほ……」(ハルカラ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「居候ですから少しでも稼いで家にお金を入れないと、デカい顔できませんしね」(ハルカラ)

 

「母さん。シャルシャも戦いたい。シャルシャは母さんを倒そうとしたから……その分」(シャルシャ)

「ありがとうね、でもあなたは私の娘なの。娘を守るのはママの仕事」(アズサ)

 

「自分でも飲みたいと思うものを作るのがわたしのモットーですから。それに栄養酒があれば、夜も戦える気がしますしねー」(ハルカラ)

 

「弟子とのやりとりは、師匠を通してもらえますかね?」(アズサ)

 

「帰れと言われると、帰りたくなくなるのう。ちょうどよい、身体もなまっておったところじゃ。わらわと勝負してみよ、なかなか腕に覚えがあるようじゃしのう」(ベルゼブブ)

「300年ほど、スライムを倒して鍛えてきてますから」(アズサ)

 

「(ここに来るのは)ただの暇つぶしじゃ。長く生きてると、暇なのじゃ。他にも面白いことがあったら呼ぶように。ちょうどいい呼び出し魔法を後で教えてやろう」(ベルゼブブ)

 

「そうだ。よかったらみなさん一緒に結婚式に行きませんか? ドラゴンの結婚式はかなり適当なので、旅行に行く感覚で大丈夫ですから」(ライカ)

 

「私は家族を傷つける奴は許さないよ。そういう輩がいたら、マジでキレるから」(アズサ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「生まれ持っての物など大した問題ではない。我々に必要なのは、生まれてから何を磨くかだぞ」(ライカ)

 

「ロッコー火山のレッドドラゴンどもよ、今日は結婚式なんだってな。ムカツクからイヤガラセに来たぞ!!」(フラットルテ)

 

「しかし……これはなかなかイライラするぞ。人の幸せを妬む気持ちはわからないでもない……けど、本当にぶっ壊すのは許されるわけないだろ」(アズサ)

 

「私が何者かって? ただ300年生きてるだけの魔女だよ」(アズサ)

 

「『ローマは一日にして成らず』ってことかな」
「何事もこつこつ積み上げてけば……ドラゴンも打撃で倒せるってこと!!」(アズサ)

 

「……何もなければそれでいいんですが……我は、姉さんの結婚式をいいものにしたいだけなので……」(ライカ)

 

「我も温泉は珍しくないのですが、みんなで入ると楽しいです」(ライカ)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
スライム倒して300年 1-8巻セット (コミック)

 

→スライム倒して300年1巻
→スライム倒して300年3巻
→スライム倒して300年(アズサ)(アニメ)

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました