「ブルーロック」の名言・台詞まとめ

マンガ「ブルーロック」の名言・台詞をまとめていきます。

ブルーロック

1巻

「フットボールの世界において、一流のGKやDF・MFは育てることができるが、ストライカーだけはその類ではない」

「その瞬間、最もフットボールの熱い場所に、突如として出現する」

 

「しかしハッキリ申し上げます! このままでは、日本サッカーは未来永劫──……W杯優勝は不可能かと」

「当たり前だろ、銭ゲバ狸。W杯優勝が私の夢だっつーの」(帝襟アンリ)

 

「『日本のパスサッカーは世界に通用する』? 『自分たちのサッカーをすれば勝てる』? そんなこと言ってっから、いつまで経ってもベスト16止まりなんだよ」

「誕生させます。この国をW杯優勝に導く救世主を!!」(アンリ)

 

「人生に意味のないことなんて無い! 俺にとってこの一難サッカー部はぁ!! 日本一のチームだぁっ!!!」(コーチ)
「……いや、全国大会にあと一歩届かなかったチームだ」(潔世一)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「もし、あの場面でパスじゃなくシュート撃ってたら、俺は──俺の運命は変わってたのかな?」(世一)

 

「おめでとう、才能の原石共よ。お前らは俺の独断と偏見で選ばれた優秀な18歳以下のストライカー、300名です。そして俺は絵心甚八、日本をW杯優勝させるために雇われた人間だ」(絵心甚八)

 

「でも断言する。この青い監獄(ブルーロック)でのサバイバルを勝ち抜き、299名を蹴散らして──……最後に残る1人の人間は、世界一のストライカーになれる」(絵心)

 

「いいか? 日本サッカーの組織力は世界一だ。他人を思いやる国民性の賜物と言える。でもそれ以外は間違いなく二流だ」(絵心)

 

「お前らに訊く。サッカーとは何だ?」
「教えてやる……サッカーってのはな……相手より多く点を取るスポーツだ」
「点を取った人間が一番偉いんだよ。仲良し絆ごっこしたいなら帰れ」(絵心)

 

「革命的なストライカーたちは皆!! 稀代の”エゴイスト”なんだ。日本サッカーに足りないのはエゴだ──世界一のエゴイストでなければ、世界一のストライカーにはなれない」

「この国に俺は、そんな人間を誕生させたい。この299名の屍の上に立つ、たった1人の英雄を」(絵心)

 

「常識を捨てろ。ピッチの上ではお前が主役だ。己のゴールを何よりの喜びとし、その瞬間のためだけに生きろ。それが”ストライカー”だろ?」(絵心)

 

「アイツがオレの運命を握ってる──俺はストライカーだ」(世一)

 

「俺はアイツを否定するためにここに参加したんだ……この2分ちょっとのボール当て”オニごっこ”なんかでサッカー人生を決められるなんて……絶対間違ってる……!!」

「あんなヤツに俺の未来を潰されてたまるかよ……!!」(吉良)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「勝つってことは……負ける奴がいるってことで、俺がその夢を叶えるってことは、誰かの夢を終わらせるってことだ」(世一)

 

「……違うな……」
「このままじゃ今までの俺と同じだ──自分より強い奴に勝たなきゃ──何も変われない!!!」(世一)

「だよね♪ 潰すなら──一番強い奴っしょ♪」(蜂楽廻)

 

「”ブルーロック”にサッカーと関係無いことなんか1つもねぇよ。周りをよく見ろエリート凡人」

「その部屋の広さは16.5×40.32m、P・Aと同じサイズだ」
「そんな戦場で生き残れない人間に、ストライカーの才能は無い」(絵心)

 

「だって、ここは結果が全てでしょ? アンタを信じた俺の勝ち♪」(蜂楽)

 

「どうですか? 生まれて初めて人生を懸けて戦った気分は? ビビったろ? シビれたろ? これが”ブルーロック”の常識だ」(絵心)

 

「痛感したろ? お前らが過ごしてきた毎日が、いかにヌルく貧弱なサッカー人生だったかって! そして震えただろ……? 『やった……俺は生き残った』って!!」

「それが”勝利”だ。よーーく脳に刻んどけ」(絵心)

 

「でもあの時はさ、俺の中の”かいぶつ”が言ったんだ。『潔(アイツ)にパスを出せ』って……『アイツの中にも”かいぶつ”がいる』って」

「だから潔……俺はここに来てよかった。潔に逢えたから」(蜂楽)

 

「(日本代表には)全く興味ないですね。こんな弱小国の代表チームじゃ、絶対世界一になれないし、CLで優勝するのが俺の夢なんで」

「この国には俺のパスを受けられるFWがいない。俺は生まれる国を間違えただけです」(糸師冴)

 

「日本サッカーは本当に強くなった。でもその”あと一歩”先へ行くために、日本サッカーは今こそ死ぬべきです」

「いつか見た私たちの夢は、もう役目を終えたんです……なら! 今こそ日本サッカーは新しい夢を見る瞬間(とき)です!」(アンリ)

 

「日本が世界一になるために最も必要なことは、”11人のチームワーク”じゃない。たった1人の”英雄”なんだよ」(絵心)

 

「”W杯優勝”という、新しい夢を見る勇気はありますか?」(アンリ)
「戦う準備は出来てるか?」(絵心)
「その全てが」(アンリ)
「”青い監獄(ブルーロック)”にある!!!!」(絵心)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ブルーロック 1巻 (Kindle)

 

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました