「ニーベルングの指環1巻」の名言・台詞まとめました

マンガ「ニーベルングの指環1巻 序夜・ラインの黄金」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
ニーベルングの指環1 序夜・ラインの黄金 (Kindle)

ニーベルングの指環

1巻

「ヒキガエルのような格好……カラスのようなしわがれ声! なんておぞましい、そのお姿」
「あなたを恋する女なんていると思って? 自分の姿をよく見てごらん、怪物さん」(ラインの乙女)

 

「なんて田舎者でしょ。”ラインの黄金”を知らないなんて」
「あの黄金で指環を作る者は無限の力を与えられ、世界を手にいれることができるというのに」(ラインの乙女)

 

「あの好色のアルベリヒなどには、とうてい無理。愛の喜びを断念した者だけが、指環を鍛える不思議な力を得られるのですもの」(ラインの乙女)

 

「……このような醜いわしには……女の愛を得ることはかなわぬ夢よ。ならば別の生き方を選ぼう。ああ! それもよい考えだ」

「軽薄なおしゃべり女ども、後悔するがいい。きさまらの宝はいただくぞ」
「おれは愛を呪い復讐する!」(アルベリヒ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「神たる者、どんなささいな『契約』でも、違えることは許されんのですぞ。あんたの支配も、聖なる契約によって成り立っているんじゃありませんか」

「公明正大な心を捨てるってんなら、わしらだってあんたがたとの平和協定を破りますぞ!」(ファーゾルト)

 

「世界中をめぐって、フライアのかわりに支払える価値あるものを捜したんですよ」

「だが、この世は貧しい。男にとって女性の情愛に勝る宝など、野に山に水中・地中・空の上、どこを見てもありゃしない」(ローゲ)

 

「世界を支配するのは誰だ! 指環は、このわしにこそふさわしい」(ヴォータン)

 

「(指環は)強奪するんです! 盗人が盗んだものを、盗人から盗み返すのです。これほど簡単なことがありましょうか!?」(ローゲ)

 

「おやおや、神ともあろう者どもが盗みの相談。あっちにもこっちにも、欲にからめてうごめきだす」(ローゲ)

 

「ラインの黄金など、そんな厄介なもの、河底で眠ってりゃいいんだ。この世には余計な力ですよ。人の心を惑わす……ね」(ローゲ)

 

「ヴォータンよ。あんたがたは天上で永遠の歓楽にふけって、我ら暗黒の精を見くびっているが、気をつけるがいい。暗黒の軍勢が地下を這いだし、明るみに昇っていくぞ」(アルベリヒ)

 

「ふん、おれにはこれがある。こいつをかぶれば思うがままに姿を変えたり消えたりもできるのさ」

「だから心配ない、おまえからも安全だ……いろいろと心配してくれるおまえからもな」(アルベリヒ)

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

 

「さあここだ。──見ろ! これが世界だ。おまえがいつか手にいれようと望んでいた世界だ」(ローゲ)

 

「おまえはもはや囚われの身だ、アルベリヒ。ちょうどおまえが、生きとし生けるすべてのものを支配しようとたくらんだのと同じようにな」

「今ではおまえがわしに支配されているのだ。これは疑えぬ事実だぞ」(ヴォータン)

 

「悪党はどっちだ! きさまは自分で罪悪を好むくせに、おれにはそれを責めるのか!? おれが怒りに身をさいなんでやっと得た魔力を、きさま横からかすめ盗ろうってのかよ!」(アルベリヒ)

 

「気をつけろ、神々の頭領! おれはただ勝手に自分に対して罪を作ったにすぎぬが、きさまが指環を奪うなら……」

「神であるきさまこそは、この万世のすべてのものに罪を作ることになるのだぞ。おまえ自身が神の神たる神聖を汚すのだ」(アルベリヒ)

 

「その指環は呪いによっておれの手にはいったものだ。だから──また呪いをかけてやろう」

「指環よ! 今後はその魔力で、所有者に死をもたらすがいい。それを持つ者は心痛に苦しみ、人殺しの手にかかれ! 持たぬ者は欲して嫉妬に狂え!」

「そして皆、指環の奴隷となり、死の運命へとおちいるのだ。そうさ、真実の持ち主である、おれの手に戻ってくるまではな……!!」(アルベリヒ)

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

 

「避けよ……ヴォータン、避けよ……呪いから逃れよ。指環を所持するならば、その身は破滅におちいりましょうぞ」

「永遠の世の太初の波たるエルダが、あなたの心をいさめに参りました」

「お聞きなさい。ありとあらゆるものが滅びます。神々の上にも、愁いの日が近づいています。どうかその指環をお捨てなさい」(エルダ)

 

「あなたは運の強いかただ、ヴォータン。指環を手にいれては大儲けをし、それを失ってさらに大きな得をした」

「あなたの敵たちはくれてやった黄金のため、ひとりでに滅びていくだろう」(ローゲ)

 

「夕べの空は陽に映えて、城は燦然と輝く……やすやすとは我がものにならなかった城だが……今はわしを迎えいれる。不安や恐怖のない城にあいさつをおくろう」

「妻よ。虹を渡り共に参ろう、天堂(ワルハラ)へ」(ヴォータン)

 

「彼らは己が存続を信じながら、終焉へと急いでいる。これでよくわかった」

「欺瞞で築いた城が長続きするはずもない。みずから滅びの道を歩むなら──かつてこのおれをもむりやり従わせた神々だ──そうなってしまえ」

「愛そうと努めたがもうムリだ。おれはまたもとの燃えさかる炎に身を戻そうか」(ローゲ)

 

「神々しい神であるゆえに、先の見えぬ盲人ども。共に滅びるのはごめんだ」
「──さて、どうしたものか」(ローゲ)

 

「ラインの黄金、ラインの黄金……帰っておいで。河の底にあってこそ、愛も真実もあるものを。上の世界には、ただ虚偽と卑怯が待つばかり」(ラインの乙女)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ニーベルングの指環1 序夜・ラインの黄金 (Kindle)

 

→ニーベルングの指環2巻
→ニーベルングの指環3巻
→ニーベルングの指環4巻

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました