「BLUE REFLECTION RAY/澪(ブルーリフレクションレイ)」の名言・台詞まとめました

アニメ「BLUE REFLECTION RAY/澪(ブルーリフレクションレイ)」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
BLUE REFLECTION RAY/澪 Blu-ray 第1巻

BLUE REFLECTION RAY/澪

1話

「想いって不思議だ。まあるくなったり、とんがったり。心のどこにずっとあるのに、触れることは出来なくて……」(平原陽桜莉)

 

「きっと想いは、私より私だって、そんな気がするのに。言葉にするのは難しくて……それでも、私が私でいられたのは……お姉ちゃんがいてくれたから」(陽桜莉)

 

「間違ってた、私……どうすればいいのか、もう、分からない……」(平原美弦)

 

「想いを、私を大切にしてくれたから。ねえ、お姉ちゃん、だから私もね……」(陽桜莉)

 

「失敗した……」(羽成瑠夏)

 

「また失敗……」(瑠夏)

 

「相変わらず、生きづらい世界だしさ……」(田辺百)

 

「褒められてたのは、私がこんな高いものを買えるってことで……私が選んだかわいさじゃない。私にもいろいろあるの……あんたには分からないわよ」(白樺都)

 

「ねえねえ先輩。次のお花ちゃんは、私に任せてくれません?」
「たっぷり、じっくり、かわいがってあげますので」(駒川詩)

 

「うん、分からない。その子の気持ちは、その子だけのものだから」
「でもね、一緒に考えることは出来るから、そうしたいなぁって。私もずっと、そうしてきてもらったから」(陽桜莉)

 

「ううん、行かなきゃ。聞こえるの、助けてって」
「私の想いが同じだって……悲しいのはもうたくさん。放っておけないよ」(陽桜莉)

 

「私は……助けたい。想いを信じる」(陽桜莉)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
BLUE REFLECTION RAY/澪 Blu-ray 第1巻

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました