「さよなら私のクラマー」の名言・台詞まとめました

アニメ「さよなら私のクラマー」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
さよなら私のクラマー 1-14巻セット (コミック)

さよなら私のクラマー

1話

「ここで、私達が負けてしまったら……今度こそ、日本のサッカーが、終わってしまう!」(能見奈緒子)

 

「お前はそんなレベルで終わるフットボーラーじゃ無いはずだ。身内の紅白戦では決して得られないものが、試合の中にあっただろ?」(鮫島幸造)

 

「新人戦、男子にフィジカルで負けたお前は、ポテンシャルを爆発させた。あの輝きを、女子サッカーにぶつけて来い!」(鮫島)

 

「レベルが低いなら、お前が上げて来い! なまるならお前が走れ! もう一度、女子サッカーを世界一にして来い!」(鮫島)

 

「世界中の人々に、手も使えない不自由なスポーツになぜこうも熱狂するのか? その理由を、俺達に見せつけてくれ!」(鮫島)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「(高校では)新しい仲間と、蹴れるんだもんね?」
「まあ、やってみるよ」(恩田希)

 

「この時、私は思っていました。ノンちゃんなら、どこだって、みんなをワクワクさせるサッカーが出来る、女子サッカーを楽しめるって!」(越前佐和)

 

「おめえらの怠慢、棚に上げて、周防1人悪者にしてんじゃねえよ!?」(曽志崎緑)

 

「突出した才能が、環境のせいで死んでいく……」(緑)

 

「高校選びは慎重にね。私達が思いっきりプレー出来る環境は少ない。日本一になりたきゃ、うちに来な!」(桐島千花)

 

「あの人、あんたに似てるわ。あんたと同じ、1人ぼっちだ」(緑)

 

「(周防)一緒のクラブチーム行こうよ」
「一緒の高校でもいい、クラブチームでもいい、私があんたにパスを出すよ。私と一緒にやろう、1人になんてさせないから」(緑)

 

「曽志崎に得なんて無いだろ?」(周防すみれ)
「そんなのやってみなきゃ分かんないよ。負けると思ってボール蹴るバカはいないでしょ?」(緑)

 

「知らないの? ボールは丸いんだよ!」(緑)

 

「練習初日からいきなり紅白戦か……嫌いじゃないわ」(緑)

 

「初心者がいて、あいつも全然動かないし……そりゃそうよね。私たち新入生は、今日チームを組んだばっかり」

「てことは……自己中にやっていいってことよね! てっとり早くレギュラーをいただく! 私と、あんたで!」(緑)

 

「体勢崩れても回転かけて狙ったよ!? 浦和邦成じゃなく周防すみれを選んでよかった! こいつとなら、きっとゾクゾクするようなフットボールが待ってる!」(緑)

 

「へぇ! 女子サッカーにも凄いのがいるな!? 私ほどじゃないけどね」(希)

 

「でもさ……サッカーは、みんなでした方が楽しいじゃん!」(希)

 

「後輩の指導に当たるのは、責任を感じますが、光栄です」(能見コーチ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
さよなら私のクラマー 1-14巻セット (コミック)

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました