「バクテン!!」の名言・台詞まとめました

アニメ「バクテン!!」の名言・台詞をまとめていきます。

バクテン!!

1話

「今年も、熱い夏が始まろうとしていた」
「その瞬間のために若者は命を燃やす。一瞬の栄光のために、己の全てを賭け、限界に挑む。そんな熱い夏が、今年も……終わった」(双葉翔太郎)

 

「新体操って、男子もあるんだ?」(翔太郎)

 

「凄い……凄い! 凄い!!」(翔太郎)

 

「えっ!? 何であんなに点数低いんだろう?」(翔太郎)
「違う、高いんだ。4人で15点も取るなんて」(美里良夜)

 

「(高校で)やりたいこと、行きたい所……」(翔太郎)

 

「ネガティブ禁止! だからインターハイに行って、アオ高に男子新体操部ありって所を見せてやらなきゃなんねえんだろ! そのためにも、部員は絶対6人必要なんだ!」(七ヶ浜政宗)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「うちは団体しかやんねえけど!?」(七ヶ浜)
「望む所です」(美里)

 

「(準備運動は)アイソレーションって言うんだ」(築館敬助)

 

「丁度いいかもな。水泳の全身運動も、サッカーのボディバランスも、野球の筋力や俊敏性も、全部新体操に活かすことが出来る」(築館)

 

「向き不向きも大事だけど、楽しいのが一番。うちの奥さんもよく言ってるよ」(志田周作)

 

「いえ、かっこよかったです! あんなに高く飛んだり、速く動いたり、ホント、ビックリしました!」

「それで先輩達がバク転……そろってバク転してるの見て、何かかっこいいな、自分もあんなの出来たらいいなって……」(翔太郎)

「じゃ、やってみるか、バク転!」(七ヶ浜)

 

「いいか! 体をバシュっとしてだな、腰がズギャンとなって、足をシュ! 最後に腕がスパっと!」(七ヶ浜)

 

「こんな気持ち、初めてだ。いつも誰かに誘われて、流されて……でも、心の底から夢中になれたことは無かった。負けても、レギュラーになれなくても、悔しくなてく……」

「けど、今は飛びたい! 絶対、飛べるようになりたい!」

「自分で選んだから? 初めて、自分から何かをやりたいって思ったから? 行きたい所、やりたいこと、僕は、本気で……バク転したい!!」(翔太郎)

 

「体がスッと、宙に浮いて、今まで感じたことが無いくらい、軽くなって……プルンって全てが回っていて……世界が広がっていくような気がした!」(翔太郎)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました