「やくならマグカップも」の名言・台詞まとめました

アニメ「やくならマグカップも」の名言・台詞をまとめていきます。

やくならマグカップも

1話

「兄弟は弟1人と姉2人。一華・二華と来て、サンカじゃなくてミカで~す!」(久々梨三華)

 

「多中出身、成瀬直子……ボォーっと生きてます……以上」(成瀬直子)

 

「豊川姫乃です! お父さんの会社が倒産しまして!」
「で、行くあてが無くなったので、東京から母の実家に引っ越して来ました!」(豊川姫乃)

 

「というか、お父さんは脱サラして、お店を始めたのよね?」(小泉真美、先生)
「ナイスアシストです、先生!」(姫乃)

 

「来ませんね、お客さん」(豊川刻四郎)
「常連さんは浮気しにくいでね。お昼近なったら、観光の人がいりゃすで、来てまいるわ」(土岐川幸恵)

「のんびりいきますか」(刻四郎)

 

「三華ちゃん、いつも言ってるでしょ。回してる時は気持ちが乱れるから静かにしてって」(青木十子)

 

「(陶芸)やってみたい……」(姫乃)

 

「才能って遺伝しないのかな?」(三華)

 

「いいじゃない!」
「いきなり上手く出来ちゃったら、楽しくないでしょ!?」(十子)

 

「ユー、入っちゃいなよ、陶芸部」
「楽しそうだったよ」(直子)

 

「いつか、こんな日が来るのかなと、思ってた。君みたいに夢中になったとしても、今度はちゃんと見守るよ。病気になんかさせない」(刻四郎)

 

「お父さんが喜んでくれないの、やだな……」(姫乃)

 

「桜茶ってね、門出のお祝いなんだ。花開きますようにって」(刻四郎)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました