「憂国のモリアーティ(2期)」の名言・台詞まとめました

アニメ「憂国のモリアーティ(2期)」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
憂国のモリアーティ 1-13巻セット (コミック)

憂国のモリアーティ(2期)

12話(1話)

「不躾ですが、不養生にはお気をつけて。最近7ポンドほど太られたようだ」

「ベストのボタンには穴を広げた跡がある。急ごしらえであつらえた様子から、最近のもののようだ。胴囲と身長から察するに、7ポンド増えたのは明白でしょう」(マイクロフト・ホームズ)

 

「これで私の673勝0敗だな、シャーリー。いつになったら、私に敗北を味あわせてくれるんだ?」(マイクロフト)

 

「本当に、お兄さんなんですね?」(ジョン・H・ワトソン)
「弟とは生き方が違うものでね」(マイクロフト)

 

「お前に忠告したくてな。女には気をつけろ」
「女の嘘を見抜くのは、犯罪の意図をたぐるよりも難しい」(ワトソン)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「(官庁の)どこか……そんななまやさしいもんじゃねえ。政府そのものだよ、あいつは」(シャーロック・ホームズ)

 

「この人物(アイリーン・アドラー)が盗み出した、とある機密文書を取り戻してもらいたい」
「その内容は、君の想像よりも遥かに致命的なものであり、個人ではなく、国家に関わるものだ」(マイクロフト)

 

「ちょっと嘘を作り込み過ぎちゃったかしら? でも、リアリティが必要よね。ロンドン一の探偵さんをその気にさせるには。早く私に会いに来て、シャーロック・ホームズ」(アイリーン・アドラー)

 

「人間、火事などという不慮の事故が起きれば、本能的に大切な物を気にするはずだ」(ホームズ)

 

「必ず見つけ出す? あなたに出来るかしら?」(アイリーン)

 

「探しものはこれかしら? 名探偵さん」(アイリーン)
「こいつ……はなっから俺達が写真を探してたことを分かってたんじゃねえか!?」(ホームズ)

 

「ホームズも、アドラーの目的が、ロンドン一の名探偵であるホームズのそばにいること、それ自体だとは、露ほどにも思わないでしょう」(ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ)

 

「それよりね、舞台って、あなたが思ってるほど甘い世界じゃないのよ」
「私も配役で、コネや家柄が優先されるのをたくさん見てきたわ」(アイリーン)

 

「なら、いいケイト、覚えておいて。実力で自分が正しいと証明しなさい。圧倒的な実力があれば、家柄やコネなんて関係なく、みなが納得するわ」(アイリーン)

 

「当初のプロファイルは破綻した。こいつはボヘミア王を恋愛ざたで脅迫するような奴じゃない」

「可能性を一つひとつ排除し、最後に残ったもの……たとえどんなにあり得なさそうなことであっても、それが真実……」(ホームズ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
憂国のモリアーティ 1-13巻セット (コミック)

 

→憂国のモリアーティ
→憂国のモリアーティ(ウィリアム)
→憂国のモリアーティ(ホームズ&ワトソン)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました