「ヱヴァンゲリヲン(エヴァンゲリオン)新劇場版:破」(3/3)の名言・台詞まとめました

アニメ「ヱヴァンゲリヲン(エヴァンゲリオン)新劇場版:破」(3/3)の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [Blu-ray]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

→ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(1/3)はこちらより

 

「生きてる……」(葛城ミサト)

 

「アスカ……エヴァ3号機は?」(ミサト)
「使徒……として処理されたそうだ、初号機に……」(加持リョウジ)

 

「そんなこと言って、これ以上僕を怒らせないでよ。初号機に残されている後285秒、これだけあれば、本部の半分は壊せるよ」(碇シンジ)

 

「シンジ君、話を聞いて! 碇司令の判断がなければ、あなたがやられていたかもしれないのよ!」(伊吹マヤ)

「そんなの関係ないよ」
「そんなの関係ないって言ってるでしょ!! 父さんは、あいつはアスカを殺そうとしたんだ! この、僕の手で……」(シンジ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「何で! 何で! 何でなんだよ!? 父さんは何にも分かっていないんだ! 信じた僕がバカだったんだ! 父さんも、大切な人を失えばいいんだ! そうしたら分かるよ!!」(シンジ)

 

「子供の駄々に付き合ってる暇は無い」(碇ゲンドウ)

 

「耳を塞ぐと心も塞がるんだ。嫌な世界と触れ合わなくて済むからね」(シンジ)

 

「またここだ……もう嫌だ……」(シンジ)

 

「命令違反、エヴァの私的専有、稚拙な恫喝、これらは全て犯罪行為だ。何か言いたいことはあるか?」(ゲンドウ)

「はい。僕はもうエヴァには乗りたくありません」(シンジ)
「そうか、ならば出ていけ」(ゲンドウ)

 

「また逃げ出すのか? 自分の願望はあらゆる犠牲を払い、自分の力で実現させるものだ。他人から与えられるものではない。シンジ、大人になれ?」(ゲンドウ)

「僕には、何が大人か分かりません」(シンジ)

 

「別にいりません。置いてったものですから」(シンジ)

 

「ホントはね、私だって、人類や世界のことなんてどうだっていいのかもしれない?」

「結果として、今こんな立場なってるけど、最初は、死んだ父に少しでも近づきたくて、ネルフに志願しただけなの。あなたが碇司令に必要とされたくてエヴァに乗ったのと同じように」

「だから私は、あなたに自分の思いを重ねてしまった。それをあなたが重荷に感じていたのも知ってる。今あなたがエヴァに乗る目的に失望してしまったことも知ってる。けど」

「それでも私はあなたに!?」(ミサト)

 

「あの日……レイは碇司令を呼んでいたの。シンジ君にお父さんと仲良くなって欲しかったの、一緒に笑って欲しかったの」(ミサト)

「僕はもう、誰とも笑えません」(シンジ)

 

「さすが新型(プラグスーツ)。胸もピッタリで、気持ち、いい!」(真希波・マリ・イラストリアス)

 

「時が来たね」(渚カヲル)

 

「総力戦よ! 要塞都市全ての迎撃設備を特化運用、わずかでもいい、食い止めて!」(ミサト)

 

「相互リンクがカットされています。こちらからは」(マヤ)
「そう……(弐号機)1人でやりたい訳ね」(ミサト)

 

「いい匂い。他人の匂いのするエヴァも悪くない」(マリ)

 

「第5次防衛線を早くも突破。速攻で片付けないと、本部がパーじゃん!」(マリ)

 

「A.T.フィールドが強すぎる! こっからじゃラチがあかないじゃん!」
「これで行くか!」(マリ)

 

「ゼロ距離ならば!?」(マリ)

 

「コアユニット、ダミーを拒絶!? ダメです! エヴァ初号機、起動しません!」(マヤ)

 

「このままじゃ勝てないな。よし、試してみっか。人を捨てたエヴァの力、見せてもらうわ」
「モード反転、裏コード、ザ・ビースト!」(マリ)

 

「我慢してよ、エヴァ弐号機。私も我慢する」(マリ)

 

「リミッター、外されていきます! 全て規格外です! プラグ内、モニター不能、ですが!?」(マヤ)

「おそらくプラグ深度はマイナス値。汚染区域突入も、厭わないとはね?」(赤木リツコ)
「ダメです! 危険すぎます!」(マヤ)

 

「身・を、捨・てて・こそ、浮かぶ・瀬も……ある!!」(マリ)

 

「エヴァの獣化第2形態。人を捨て、闘争に特化させても勝てない。これが私達の限界なの?」(リツコ)

 

「A.T.フィールド、全開!」
「碇くんが、もう……エヴァに乗らなくて、いいようにする! だから!!」(綾波レイ)

 

「弐号機、最後の仕事よ! 後、一枚!!!」(マリ)

 

「逃げて、弐号機の人。ありがとう」(レイ)

 

「いってってって……死んじゃうとこだったにゃ」(マリ)

 

「あれ? 何でこんなとこにいんの? 1機足りないと思ったら、そういうことか」(マリ)

 

「エヴァに乗るかどうかなんて、そんなことで悩む奴もいるんだ。なら、早く逃げちゃえばいいのに? ほら、手伝うからさ」(マリ)

 

「だけどな……そうやっていじけていたって、何にも楽しいことないよ」(マリ)

 

「まさか……使徒がエヴァを捕食するなんて、ありえないわ!?」(リツコ)
「変です! 目標の識別信号が、零号機に切り替わります!」(マヤ)

 

「やられた! これで奴がドグマに侵入しても、自爆しない!? リリスに苦もなくたどり着けるわ!」(ミサト)

 

「零号機と、融合してる。パイロットごと吸収してしまったんだ。君も、死んじゃうよ!? 早く逃げなよ!」(マリ)

 

「ありゃ? 行っちゃったか……」(マリ)

 

「なぜだ? なぜ私を拒絶する、ユイ」(ゲンドウ)

 

「乗せて下さい!」
「僕を……僕を、この初号機に乗せて下さい!」(シンジ)

「なぜここにいる?」(ゲンドウ)
「父さん! 僕は、エヴァンゲリオン初号機パイロット、碇シンジです!!」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「初号機、活動限界です! 予備も動きません!!」(マヤ)

 

「綾波を……返せ!!」(シンジ)

 

「動いてる……活動限界のはずなのに?」(マヤ)
「分からない……いったい何が、初号機に起こってるのか?」(リツコ)

 

「初号機が、人の域を超えている!?」(リツコ)
「プラグ深度、180をオーバー! もう危険です!」(マヤ)
「止めなさい、シンジ君! 人に戻れなくなる!!」(リツコ)

 

「僕がどうなったっていい。世界がどうなったっていい。だけど綾波は……せめて綾波だけは……絶対助ける!!」(シンジ)

 

「行きなさい、シンジ君!」
「誰かのためじゃない! あなた自身の願いのために!!」(ミサト)

 

「綾波、どこだ!?」(シンジ)
「ダメなの。もう、私は、ここでしか生きられないの」(レイ)

 

「いいの、碇くん。私が消えても、代わりはいるもの」(レイ)
「違う! 綾波は綾波しかいない! だから今、助ける!!」(シンジ)

 

「そんな……形状制御のリミッターが消えています、解析不能!?」(マヤ)

 

「人の域にとどめておいたエヴァが、本来の姿を取り戻していく。人のかけた呪縛を解いて、人を超えた、神に近い存在へと変わっていく」

「天と地と万物を紡ぎ、相補性のうねりの中で、自らを、エネルギーの凝縮体に変身させているんだわ。純粋に人の願いを叶える、ただそれだけのため」(リツコ)

 

「綾波! 手を!」
「来い!!」(シンジ)

 

「数がそろわぬ内に、初号機をトリガーとするとは……碇司令、ゼーレが黙っちゃいませんよ」(加持)

 

「やはり、あの2人で初号機の覚醒はなったな」(冬月コウゾウ)
「ああ。我々の計画にたどり着くまで、後少しだ」(ゲンドウ)

 

「綾波、父さんのこと、ありがとう」(シンジ)
「ごめんなさい、何も出来なかった」(レイ)
「いいんだ、もう……これでいいんだ」(シンジ)

 

「なるほど、都合のいい奴ね。やっぱ匂いが違うからかな~?」(マリ)

 

「この世界のことわりを超えた、新たな生命の誕生。代償として、いにしえの生命は滅びる」(リツコ)

 

「翼……15年前と同じ!?」(ミサト)
「そう、セカンドインパクトの続き、サードインパクトが始まる! 世界が終わるのよ」(リツコ)

 

「さあ、約束の時だ、碇シンジ。今度こそ君だけは、幸せにしてみせるよ」(カヲル)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [Blu-ray]

 

→ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(1/3)
→ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2/3)
→新世紀エヴァンゲリオン
→ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
→ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
→新世紀エヴァンゲリオン(碇シンジ)
→新世紀エヴァンゲリオン(綾波レイ)
→新世紀エヴァンゲリオン(アスカ)
→新世紀エヴァンゲリオン(葛城ミサト)
→新世紀エヴァンゲリオン(赤木リツコ)
→新世紀エヴァンゲリオン(伊吹マヤ)
→新世紀エヴァンゲリオン(碇ゲンドウ)
→新世紀エヴァンゲリオン(加持リョウジ)
→新世紀エヴァンゲリオン(渚カヲル)
→新世紀エヴァンゲリオン(真希波・マリ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました