「ヱヴァンゲリヲン(エヴァンゲリオン)新劇場版:破」(1/3)の名言・台詞まとめました

アニメ「ヱヴァンゲリヲン(エヴァンゲリオン)新劇場版:破」(1/3)の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [Blu-ray]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

→ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2/3)
→ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(3/3)

 

「やっと乗せてくれたから、いい」(真希波・マリ・イラストリアス)

 

「動いてる動いてる! いいなぁ! ワクワクするなぁ!!」(マリ)

 

「あり得る話ですよ」
「人類の力だけで、使徒を止めることは出来ない。それが永久凍土から発掘された第3の使徒を細かく切り刻んで、改めて得た結論です」(加持リョウジ)

 

「てな訳で、後はヨロシク」(加持)

 

「あっちゃー! 動きが重い! こりゃ、力押ししかないじゃん!!」(マリ)

 

「痛い! すっげー痛いけど……面白いから、いい!」(マリ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「時間が無い! 機体ももたない! 義手パーツは、無理やりシンクロさせてる分、パワーも足りない!」(マリ)

 

「ええい、しゃあない! 腕の一本、くれてやる!!」
「さっさと、くたばれぇぇぇーーー!!!」(マリ)

 

「5号機の自爆プログラムは上手く作動してくれたか……織り込み済みとはいえ、大人の都合に子供を巻き込むのは、気が引けるな」(加持)

 

「まあ、生きてりゃいいや。自分の目的に大人を巻き込むのは気後れするな」
「さよなら、エヴァ5号機。お役目ごくろうさん」(マリ)

 

「3年ぶりだな、2人でここに来るのは」(碇ゲンドウ)
「僕は、あの時逃げ出して、その後は来てない。ここに母さんが眠ってるってピンと来ないんだ。顔も覚えてないのに……」(碇シンジ)

 

「人は思い出を忘れることで生きていける。だが、決して忘れてはならないこともある。ユイはそのかけがえのないものを教えてくれた。私はその確認をするためにここに来ている」(ゲンドウ)

 

「(写真は)残っていはいない。この墓もただの飾りだ、遺体は無い」(ゲンドウ)

 

「全ては心の中だ。今はそれでいい」(ゲンドウ)

 

「父さん! あの……今日は嬉しかった、父さんと話せて」(シンジ)

 

「素直になっても嫌な思いするだけです」(シンジ)
「みんなの期待に応えて私達を救ったのよ。もっと自信持ちなさい」(葛城ミサト)

 

「違うのはカラーリングだけじゃないわ!」
「しょせん零号機・初号機は、開発過程のテストタイプとプロトタイプ」

「けどこの弐号機は違う。これこそ実戦用に作られた、世界初の本物のエヴァンゲリオンなのよ! 正式タイプのね」(式波・アスカ・ラングレー)

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

 

「あれがえこひいきで選ばれた零号機パイロット。で、七光りで選ばれた初号機パイロット?」(アスカ)

 

「あんたバカ!? 肝心な時にいないなんて、なんて無自覚!」
「おまけに無警戒。エヴァで戦えなかったことを恥とも思わないなんて? 所詮、七光りね」(アスカ)

 

「たった2年離れただけで、浦島太郎の気分だ」(加持)

 

「ところで、葛城は一緒じゃないのかい?」
「古い友人さ。君だけが彼女の寝相の悪さを知っている訳じゃないぞ、碇シンジ君」(加持)

 

「これがお約束の代物です。予備として保管されていたロストナンバー、神と魂を紡ぐ、道標ですね」(加持)

「ああ。人類補完の扉を開く、ネブカドネザルの鍵だ」(ゲンドウ)

 

「少し痩せたかな、リッちゃん?」(加持)
「残念。1570グラムプラスよ」(赤木リツコ)

 

「負け戦が嫌いなだけさ」(加持)
「でも負けよ。こわーいお姉さん見ているわよ」(リツコ)

 

「ミサト、あからさまな嫉妬ね。リョウちゃん、勝算はあるわよ?」(リツコ)

 

「式波・アスカ……エヴァに乗ってて嬉しい人いるんだ」(シンジ)

 

「あんたバカ?」
「あんた、お払い箱ってことよ。まぁ、どっちが優秀かを考えれば、当然の結論ね」(アスカ)

 

「しかしどうしてこう日本の部屋って狭いのかしら? 荷物が半分も入りきらなかったわ!」

「おまけに、どうしてこう日本人って危機感足りないのかしら? よくこんな鍵の無い部屋で暮らせるわね! 信じらんない!」(アスカ)

 
スポンサーリンク
→アフィリエイトを始めるならA8.net
→アニメ好き異性との出会い【ヲタ婚】

 

「日本人の身上は、察しと思いやりだからよ」(ミサト)

 

「(シンジ)うっとうしいわね! ゴミと一緒にさっさと出て行きなさいよ!」(アスカ)

 

「あら? シンちゃんもここに残るのよ」
「アスカとシンちゃんに足りないのは、適切なコミュニケーション。同じパイロット同士、同じ釜の飯を食って、仲良くしないとね」(ミサト)

 

「これは命令よ」(ミサト)

 

「2人とも素直になってきて、いい傾向じゃない。ねえ、ペンペン」(ミサト)

 

「あいつらとも違う。私は特別。だから、これからも……」
「1人でやるしかないのよ、アスカ」(アスカ)

 

「月面のタブハベースを目前にしながら、上陸許可を出さんとは? ゼーレもえげつないことをする」(冬月コウゾウ)

「マーク6の建造方式が他とは違う。その確認で十分だ」(ゲンドウ)

 

「だがゼーレとて気づいているのだろう? ネルフ究極の目的に?」(冬月)
「そうだとしても、我々は我々の道を行くだけだ。たとえ神のことわりと敵対することになろうとも」(ゲンドウ)

 

「狭いな。もっと広い所で泳げばいいのに?」(シンジ)
「無理。この子達は、この中でしか生きられないもの。私と同じ……」(綾波レイ)

 

「ミサトさん、いつもレトルトばかりだから、僕が作るしかないんだ」(シンジ)
「シンジ君。台所に立つ男はモテるぞ!」(加持)

 

「ごめん綾波、口に合わなかったかな?」(シンジ)
「いいえ。肉、食べないだけ」(レイ)

 

「何で悪くも無いにの謝んのよ、日本人は!? それにあんたね! 生き物は生き物食べて生きてんのよ! せっかくの命は全部もれなく食べ尽くしなさいよ!」(アスカ)

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

 

「じゃあ味噌汁はどう? 温まるよ」(シンジ)
「美味しい」(レイ)

 

「これが母なる大地とは? 痛ましくて見ておれんよ」(冬月)
「だがしかし、この惨状を願った者達もいる。人さえ立ち入ることの出来ぬ、原罪の穢れなき浄化された世界だからな」(ゲンドウ)

 

「私は人で穢れた、混沌とした世界を望むよ」(冬月)
「カオスは人の印象に過ぎない。世界は全て調和と秩序で成り立っている」(ゲンドウ)
「人の心が、世界を乱すか……」(冬月)

 

「でもこの潮風って、何だか生臭い変な匂いがしますね」(シンジ)
「海の生物が腐った匂いだ、生きていた証なのさ。あの何も無い赤い水とは違う、本当の海の姿なんだよ」(加持)

 

「本来、この世界は広くて、いろんな生命に満ち満ちている。そのことを、君等に知っておいて欲しかったんだ」(加持)

 

「葛城は来ないよ、思い出すからな」
「セカンドインパクト……」(加持)

 

「生き残るっていうのは、いろんな意味を持つ。死んだ人の犠牲を受け止め、意志を受け継がなきゃいけない。それが1人だったら尚更だ。つらいのは、君だけじゃない」(加持)

 

「光を歪めるほどのA.T.フィールドとは……恐れ入るわ。で、落下予測地点は?」
「当然、ここよね?」(ミサト)

「マギの再計算。ネルフ本部への命中確率、99.9999%(シックスナイン)です!」(伊吹マヤ)

 

「問題ありません。既に政府関係者から、我先に避難を始めてますよ」(青葉シゲル)

 

「本気なの?」
「作戦と言えるの、このプランは? マギの検証でもしくじる確率は99%強。たとえ成功しても、エヴァ3体を喪失。技術部として、到底受け入れられません」(リツコ)

「可能性ゼロではないわ」(ミサト)

 

「奇跡を待つより、地道な努力よ。リリスと初号機の保護を、最優先とすべきです」(リツコ)
「待つ気は無いわ。奇跡を起こすのよ、人の意志で」(ミサト)

 

「現責任者は私です、私が判断するわ。それに、使徒殲滅が私の仕事です」(ミサト)
「仕事? 私怨でしょ、あなたの使徒への復讐は?」(リツコ)

 

「勝算は?」(シンジ)
「神のみぞ知るってところね」(ミサト)

 

「だから他のエヴァは邪魔なの。人類を守るくらい、私1人で十分よ!」(アスカ)
「このオペに必要なのは、シングルコンバットの成績じゃない」(ミサト)

 

「私の才能を認めないわけね?」(アスカ)
「違うわ。あなた達3人の力が必要なのよ、奇跡を起こすために」(ミサト)

 

「エヴァの中……何でだろう、こんな時なのに妙に落ち着く。もう乗ってるのが当たり前なのかな? 何でだろう、懐かしい感じがする。 匂い? 母さんの匂い? 綾波の匂い……」(シンジ)

 

「二次的データが当てにならない以上、以降は、現場各自の判断を優先します。エヴァとあなた達に、全てをかけるわ」(ミサト)

 

「何よ!? 計算より速いじゃない! ダメ! 私じゃ間に合わない!」(アスカ)
「こっちで何とかする、ミサトさん!」(シンジ)

 

「分かってるわよ! 私に命令しないで!」(アスカ)

 

「外した!? ちょこまかと往生際悪いわね! 後30秒……」(アスカ)

 

「ありがとう、みんな……」(ミサト)

 

「申し訳ありません。わたくしの独断で、エヴァ3体を破損、パイロットにも負傷を負わせてしまいました。責任は全て、わたくしにあります」(ミサト)

「構わん。目標殲滅に対し、この程度の被害はむしろ幸運といえる」(冬月)
「ああ、よくやってくれた、葛城一佐」(ゲンドウ)

 

「初号機のパイロットにつないでくれ」
「話は聞いた。よくやったな、シンジ」(ゲンドウ)

 

「私1人じゃ、何も出来なかった……」(アスカ)

 

「ずっと、1人が当たり前なのに……孤独って、気にならないはずなのに……」(アスカ)

 

「こっち向かないで……」
「七光り、ちょっとだけ、いさせて……」(アスカ)

 

「今日、どさくさに紛れて名前呼んだでしょ?」
「特別に、アスカでいいわよ。私も、バカシンジって呼ぶから」(アスカ)

 

「愚問ね……黙ってなさいよバカシンジ」
「自分のためよ、エヴァに乗るのは」(アスカ)

 

「あんたバカ? そうやって責任逃れしているだけなんでしょ?」(アスカ)

「父さんに、褒めて欲しいのかな? 今日は、初めて褒めてくれたんだ。初めて褒められるのが嬉しいと思った。父さん、もう僕のこと認めてくれたのかな?」(シンジ)

 

「ミサトさんの言ってた通りかもしれない」(シンジ)
「あんたって……ホントにバカね……」(アスカ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [Blu-ray]

 

→ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2/3)
→ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(3/3)
→新世紀エヴァンゲリオン
→ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
→ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
→新世紀エヴァンゲリオン(碇シンジ)
→新世紀エヴァンゲリオン(綾波レイ)
→新世紀エヴァンゲリオン(アスカ)
→新世紀エヴァンゲリオン(葛城ミサト)
→新世紀エヴァンゲリオン(赤木リツコ)
→新世紀エヴァンゲリオン(伊吹マヤ)
→新世紀エヴァンゲリオン(碇ゲンドウ)
→新世紀エヴァンゲリオン(加持リョウジ)
→新世紀エヴァンゲリオン(渚カヲル)
→新世紀エヴァンゲリオン(真希波・マリ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました