「五等分の花嫁∬(2期)」中野一花の名言・台詞まとめました

アニメ「五等分の花嫁∬(2期)」中野一花の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
五等分の花嫁 全14巻セット (コミック)

五等分の花嫁∬(2期)

→五等分の花嫁(一花)はこちらより

1話

「学校なんてつまらないとこ、すぐ辞められると思ってたけど……もう少しこのままで、未練が出来ちゃったから」

「無愛想で気がつかなくていじわる。何で……君なんだろうね?」

 

2話

「どうだろう? (二乃と三玖は)犬猿の仲ってやつ。特に二乃、あんな風に見えてあの子が一番繊細だから、衝突も多いんだよね」

 

3話

「どれだけ大きくなっても四葉は妹なんだから、お姉ちゃんを頼ってくれないかな?」

 

「(部活)辞めてもいいんだよ」

 

5話

「風太郎くん、(演技中は)恥ずかしいから見ないでくれるかな?」

 

「みんなには誤魔化してるけど、貯金が心もとなくてね」

「だから、どんな小さな仕事も引き受けるって決めたんだ。あの子達のためにも、私が頑張んなきゃ。だから止められても……」

 

「こんな時まで演技だなんて、これじゃ本当に嘘つきだよ。でも、こんな顔、見せられないよ……」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

6話

「余計なことは考えちゃダメ。今は赤点回避することだけに集中しよう」

 

「ノーデリカシーの名を欲しいがままにしてるね~」

 

「ホントに高い、貯金もギリギリなのに……でも、これで風太郎くんが喜んでくれるなら」

「ダメダメ! こんな関係間違ってるよ。もし私達が付き合ったら、こんな風に私が貢いで、風太郎くんがダメになっちゃうのが容易に想像できるもん」

「だから諦めよう。うん、それが正解」

 

「きっと、こういうとこなんだろうな。これ以上好きになっちゃいけないのに」

 

「どうしたの急に? そりゃ、誰もあげなかったらかわいそうだし、お姉さんが買ってあげようかと思ったけど。三玖があげるなら安心だね」

 

「だけど、私も手を抜いてられる余裕なんてないから、頑張ってね」

 

「三玖がどんどん変わっていく……」

 

7話

「上手く隠せてたかな? 三玖を応援してた気持ちに偽りは無い、はず……でもあの時一瞬、三玖は一番になったら告白するって言ってたけど、今回は私が一番だった」

「ならしても、いいのかな……」

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

8話

「二乃お願い、それ以上言わないで」

 

「私の経験ではだけど……ごめん、そういうことは無かったかな」

 

「私だって風太郎くんのことを……だからまだ、このままでいさせて」

 

「そんな……だから好きになったって、そんなの都合が良すぎない?」

 

「もし、同じ人を好きな人がいたら? その子の方が自分よりずっと、彼のことを思ってるとしたら?」

 

「と、止まらない、愛の暴走機関車だ! 話も聞いてくれない! 相談って言ったのに!?」

 

「きっと二乃は風太郎くんと密会する。そして、もしかしたらキスを……」

もう止められない。私みたいにズルくない。誰の目も気にせず、全力で、本気で恋してるんだ。私には入る余地も無い、資格も無い……」

 

「それは……お母さんが死んじゃった後の、あの痛々しい五月ちゃんの姿を見てたらね。当然だよ、お姉ちゃんらしくしないと」

 

「私がしたいこと……ずっと今が続いて欲しかった。この一番居心地のいい空間が、変わって欲しくなかった。でも、本当は……誰にも取られたくなかったんだ」

 

9話

「ところで来週から、お家賃を5人で5当分します。払えなかった人は、前のマンションに強制退去だから。みんなで一緒にいられるように頑張ろ。ということで、よろしくね!」

 

「まあギリギリどうにかなるんだけど。今日まで家賃のために確実な仕事しかしてこなかったから。そろそろ私も、やりたいことに挑戦してみようかなって」

 

「でもさ、私が言い出したことなんだけど、少し寂しくもあるんだ。みんなそれぞれ忙しくなる。きっと全員がそろうことも少なくなるよね」

「私達、このまま大人になっていってバラバラになっていくのかな?」

 

「あ~あ、やっちゃった……貢物作戦も失敗。かといって、二乃みたいな直球勝負は絶対無理。だけど……このポジションは、絶対譲りたくないんだ」

 

「もう止めて……他の子のこと話さないで……」
「待って! (私だけを見て欲しい)」「ねえ、このまま2人でサボっちゃおうよ」

 

「こんな単純でいいのかな?」
「君が私を気にかけて、憶えていてくれた。たったそれだけが、クラスメイトのどんな賛辞より、胸に響いてしまうんだ」

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

10話

「自分のしたことに後悔しちゃダメ、私はこう戦うと決めたんだから。全員に釘を刺した今がチャンス。私だけがプレゼントを送る、もう迷ってる余裕なんて無い!」

 

「忘れてた……二乃のブレーキは壊れてるんだ!」

 

「私達、五つ子なのに好みはバラバラだよね」
「二乃。二乃は風太郎くん、好き?」

「私も」

 

「何でこんな時だけ一緒なのかな? 二乃には悪いけど、譲るつもりは無いから」

 

11話

「またやるしかない。一度ついた嘘はもう取り消せないなら……三玖を止めるため、私は嘘つきを演じ続ける」

 

「四葉、いいから。結果はどうであれ、私がしようとしてたのはこういうことだから」

 

「二乃にだけは言われたくないな」
「温泉で言ってたじゃん。他人を蹴落としてでも叶えたいって。私と二乃の何が違うの、教えてよ?」

 

12話

「さっきの話、風太郎くんは知ってるんじゃない? 6年前のその子が、私達5人の誰かだって?」
「私だよ、私、私だよ。私達、6年前に会ってるんだよ。嘘じゃ無いよ……信じて……」

 

「みんな、ハッキリさせよう。私達はずっと、風太郎くんと2人きりになる機会を伺っている」
「このままじゃ、誰の目的も叶うことはない。それは全員が望む所じゃないはず?」

 

「チャンスを得るのは、偶然風太郎くんと同じコースになった人だけ。最後は運に任せよう」

 

「私のしたことは許されないとしても、最終日が終わる前に、少しでも罪ほろぼしをさせて欲しいんだ」

 

「私、謝られてばっかりだ……一番謝る必要があるのは私なのに……」

 

「三玖、ごめんね。ずっと邪魔してごめん。風太郎くん、嘘ついてばかりでごめんなさい。だけど、あのことは……」

 

「ほんの少しの、わずかな間だったけど……きっとあの瞬間があったから、君を好きになったんだ」
「風太郎くん、もう信じてくれないだろうけど……あれだけは、あの思い出だけは、嘘じゃないんだよ」

 

「抜け駆け、足の引っ張りあい、この争いに何の意味も無い。私達は、敵じゃないんだね」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
五等分の花嫁 全14巻セット (コミック)

 

→五等分の花嫁(一花)
→五等分の花嫁
→五等分の花嫁∬(2期)
→五等分の花嫁(風太郎)
→五等分の花嫁(二乃)
→五等分の花嫁(三玖)
→五等分の花嫁(四葉)
→五等分の花嫁(五月)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました