「永遠の0(ゼロ)1巻」の名言・台詞まとめました

マンガ「永遠の0(ゼロ)1巻」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
永遠の0 全5巻セット (コミック)

永遠の0(ゼロ)1巻

→永遠の0 2巻
→永遠の0 3巻
→永遠の0 4巻
→永遠の0 5巻
→永遠の0(宮部久蔵)

「宮部久蔵。大正8年生まれ 昭和9年海軍に入隊 昭和20年南西諸島沖で……戦死」
「一行で書けば……僕の祖父の人生はそういう事だ」(佐伯健太郎)

 

「私は知りたいの! 私のルーツなのよ。健ちゃんのルーツでもあるのよ!!」(佐伯慶子)

 

「特攻隊ってテロリストらしいわよ」
「9・11のニューヨーク貿易センタービルに突っ込んだ人達と同じなんだって」(慶子)

 

「80歳を超える当時の戦友たちもほとんど亡くなっているだろう……ちょっと遅すぎた。いや……今が間に合う最後の時かもしれない……」

「生きる事さえ止まっていた僕を、小さな疑問が突き動かす」
「ジイさん……アンタ本当に、テロリストなのかよ!?」(健太郎)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「奴は! 宮部久蔵は、海軍航空隊一の臆病者だった!」
「宮部久蔵は、何よりも命を惜しむ男だった!!」

「そのものズバリ、命が惜しくて惜しくてたまらない……という男だ」(長谷川梅男)

 

「わしは戦闘機乗りになった時から、命は自分のものとは思っていなかった……絶対に畳の上では死ねない──と思っていた……」

「考えることはただひとつ! どう死ぬか──だ」(長谷川)

 

「石岡さん……戦闘に必勝法などありませんよ……あるのは──ただ……生きて帰る。この気持ちを強く持つ事です!」(宮部久蔵)

 

「わしが左腕を撃たれている間──宮部! お前はどこを飛んでいたのだ」(長谷川)

 

「……私は、(長谷川さんは)かわいそうな人だと思った……」(慶子)

 

「私はね、正直言っておじいさんには少しガッカリしちゃった」

「特別……勇敢な兵士であってほしいわけじゃないけど……元特攻隊員っていうから、もっと勇ましい人かと思ったのに、臆病者だったなんて──」(慶子)

 

「初めてじゃ……こんな話を人にしたのは……あんたには一度……こんな話を聞いてもらいたかった……」
「ありがとう……あんたらには会えて……本当に感謝しているよ」(長谷川)

 

「まだまだ僕なんかの想像では手の届かない……生と死がそこにあるのだ。そして……もう逃げ出せない自分がそこにいる事に……気がついた」(健太郎)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
永遠の0 全5巻セット (コミック)

 

→永遠の0 2巻
→永遠の0 3巻
→永遠の0 4巻
→永遠の0 5巻
→永遠の0(宮部久蔵)

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました