「五等分の花嫁∬(2期)」11話の名言・台詞まとめました

アニメ「五等分の花嫁∬(2期)」11話の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
五等分の花嫁 全14巻セット (コミック)

五等分の花嫁∬(2期)

→五等分の花嫁∬(2期)1話はこちらより

11話

「最近なんだか私達の雰囲気悪いけど、修学旅行でまた仲良くなれるといいね!」(中野四葉)
「そうですね。またあの頃のように戻れますよ」(中野五月)

 

「五月さん達への誕生日プレゼントをケチってたら嫌われちゃうよ」(上杉らいは)

 

「頂いたらお返し! 小学生でも知ってる常識だよ!」(らいは)

 

「な、なぜ着いて来るのですか!?」
「ええ、そうです! しかし(買い物は)同じであっても全く別物……下着、買いに来たんです!」(五月)

 

「五つ子ハラスメントですよ、五ハラ!」(四葉)

 

「とにかく、林間学校は散々な結果で終わってしまったので、今度こそ後悔の無い修学旅行にしましょうね!」(四葉)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「写真の子って何ですか?」

「何だか怪しいですね、何も無いなら言えるはずですよ。なぜ話せないのか、私には分かります。それは未練があるからです! さあ話してスッキリしちゃいましょう!!」(四葉)

 

「うん。バイト先に無理言って、朝から厨房貸してもらってた」(三玖)
「ずっと今日のために頑張ってきたんだもんね。最後まで応援するよ」(四葉)
「冷めても美味しいといいんだけど」(三玖)

 

「私もその意見(食べ物)に賛同ですが、今はもう少しこの(京都)駅内であの日のことを……」(五月)

 

「素直に(風太郎たちと)合流しないということは、全員考えてることは同じって訳ね。着いていくわよ」(中野二乃)

 

「またやるしかない。一度ついた嘘はもう取り消せないなら……三玖を止めるため、私は嘘つきを演じ続ける」(中野一花)

 

「一花、やったのね! あんたいい加減にしなさいよ! あの子を泣かせてこれで満足!?」(二乃)
「四葉、いいから。結果はどうであれ、私がしようとしてたのはこういうことだから」(一花)

 

「二乃にだけは言われたくないな」
「温泉で言ってたじゃん。他人を蹴落としてでも叶えたいって。私と二乃の何が違うの、教えてよ?」(一花)

 

「確かにそう言ったわ、他の誰にも譲るつもりもない。でも、あたし達5人の絆だって同じくらい大切だわ! たとえあんたが選ばれる日が来たとしても、私は、祝福したかった!」(二乃)

 

「とはいえ、私の不用意な発言で、三玖を傷つけてしまったのは事実です。ずっと、あんなに一生懸命がんばっていたのに……」(四葉)

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

 

「まあ知ってたがな」
「だから、その、あれだよ……み、三玖が俺に、好意を抱いてくれてたことだ」(上杉風太郎)

「聞き間違いでしょうか? もう一回」
「鈍感上杉さんが、信じられません」(四葉)

 

「まあ、いろいろあったからな。だから、あの三玖から応援と言われた時は、頭が混乱した。あの三玖はあいつじゃねえ、間違ってなかったんだな」(風太郎)

 

「私がみんなを不幸に巻き込んじゃったんです。簡単に取り返せるものではありません。姉妹のみんなが、私より幸せになるのは当然です」(四葉)

 

「この旅行も、みんなに楽しんで欲しかったのに……上杉さん、みんなが幸せになる方法ってないんでしょうか?」(四葉)

「あるぞ。人と比較なんてせず、個人ごとに幸せを感じられる。もしそんなことが出来たら、それはお前の望む世界だ」

「だが、現実的には誰かの幸せによって、別の誰かが不幸になるなんて珍しくもない話だ。競い合い、奪い合い、そうやって勝ち取る幸せってのもあるだろ」(風太郎)

 

「おこがましいことなんじゃねえの、全てを得ようなんてな。何かを選ぶ時は、何かを選ばない時。いつかは、決めなくちゃいけない日が来る、いつかはな」(風太郎)

 

「四葉は何も悪くない……」(三玖)

 

「私はなんて大胆なことをしてるのでしょう? しかしここまですれば、上杉くんも6年前のことを思い出してくれるはず!」(五月)

 

「慰めならいらない」(三玖)

「はぁ? そんなことする訳ないじゃない。恋のライバルが勝手に手を引いてくれたんだもの、あたしにとってはラッキー以外の何ものでもないわ。後は一花を倒すだけね」

「あの女狐め、どうしてやろうかしら? てことで、あたしがフーくんをもらってく。それでいいわね?」(二乃)

 

「何よ? まさか自分の方が早かったから譲れないって言いたいの?」

「そりゃ、あんたが一番だったかもしれないわね。愛に時間は関係ないなんて言えるほど、あたしもまだよく分からないわ」

「こんなの初めてだもの、何が正しくて、何が間違ってるかなんて全く分からないのよ。確かなのは、誰よりもあたしが彼を好きなこと」(二乃)

「私だって、諦めてない」(三玖)

 

「諦めたくない!」

「でも怖い……こうなるって分かってたはずなのに、いざ自分の気持ちが風太郎に知られたら、私なんかじゃダメって思えてきて……私なんかが風太郎から好かれる訳ないよ」

「公平に戦うことが、こんなに怖いなんて思わなかった」(三玖)

 

「上杉くんに打ち明けるべきです。6年前、彼と出会ったのは、あなただったと」(五月)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
五等分の花嫁 全14巻セット (コミック)

 

→五等分の花嫁
→五等分の花嫁∬(2期)(1~5話)
→五等分の花嫁∬(2期)(6話)
→五等分の花嫁∬(2期)(7~8話)
→五等分の花嫁∬(2期)(9~10話)
→五等分の花嫁∬(2期)(12話)
→五等分の花嫁(風太郎)
→五等分の花嫁(一花)
→五等分の花嫁(二乃)
→五等分の花嫁(三玖)
→五等分の花嫁(四葉)
→五等分の花嫁(五月)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました