「ウマ娘 プリティーダービー」7~9話の名言・台詞まとめました

アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」7~9話の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
ウマ娘 プリティーダービー 全4巻セット [Blu-ray]

ウマ娘 プリティーダービー

→ウマ娘(1~6話)はこちらより

7話

「そうね、しばらくはチャンスも無くなってしまうから」
「ジャパンカップの後、私、アメリカに行こうと思うの」
「だから、必ず一緒に走りましょ。約束よ!」(サイレンススズカ)

 

「初めて負けました。私、負けになれたくはありません」(グラスワンダー)

 

「大丈夫、任せて! 私のスピードに着いて来れるか、試してあげるわ!」(マルゼンスキー)

 

「普通、レースは駆け引き、つまり他のウマ娘との勝負だ。しかし今のスズカは、どんな距離でもタイムトライアルのように全力だ。他のウマ娘なんて関係ない」(東条ハナ)

「上等じゃねえか。だったらあたしもタイマン勝負だ!」(ヒシアマゾン)

 

「私も、もう負けません! スズカさんに連敗してたら、胸を張って凱旋門に行けません!」(エルコンドルパサー)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「それはまだ決めていなくて……でも、自分が納得できるまで(アメリカに)いるつもり」(サイレンススズカ)

 

「スピカ、いいチームですね」
「私をチームに誘ってくれてありがとうございます」(サイレンススズカ)

 

「タイマン、逃げんなよ!?」(ヒシアマゾン)

 

「(レース)楽しんで来ます」(サイレンススズカ)

 

「スズカさん、私は同じ人に二度も負けません。今度こそスズカさんに勝って、堂々と凱旋門賞にチャレンジします!」(エルコンドルパサー)

 

「追いつけるかしら?」(サイレンススズカ)
「逃しませんょ!」(エルコンドルパサー)

 

「速い!」(エルコンドルパサー)
「タイマン勝負もさせてくんねえのか!?」(ヒシアマゾン)

 

「気力も、体力も、今までで最高。まだまだ私は、走れる!」(サイレンススズカ)

 

「骨折ということは、治りますよね!?」(サイレンススズカ)
「ああ、もちろん」(トレーナー)

 

「走れるように?」
「レースに出て、全力で走れるようになりますか?」(サイレンススズカ)

「そのことなんだがな、前と同じように100%力を出しきって走ることが出来るかどうかは……分からない」(トレーナー)

 

「いえ、走れます!」
「絶対レースに出られます! ほら、スズカさん、私と約束したじゃないですか!?」

「スズカさんがレースで100%、いえ、120%の力で走れるように、私、これから協力します!」(スペシャルウィーク)

 

「スズカさん……スズカさん……大丈夫です、安心して下さい。トレーナーさんもいますから。スズカさんは、どんな時でも約束を守ってくれたじゃないですか」

「だから……私と走るって約束も、必ず守ってもらいますから。スズカさん、聞こえてますか!? スズカさん……」(スペシャルウィーク)

「ありがとう……」(サイレンススズカ)

 

「約束……守らなきゃね」(サイレンススズカ)

 

「はい! これからも一緒に、走るんです!!」(スペシャルウィーク)

8話

「私を励まそうとしてくれる気持ちは嬉しいけど、トレーニングは出来てるのかなって?」(サイレンススズカ)
「まぁ、空回り気味ではあるがなぁ」(トレーナー)

 

「私、走りたくてウズウズしています。トレーニングを再開したい」(サイレンススズカ)

 

「お前らがトゥインクル・シリーズで勝ちまくれば、ドリームトロフィーへのゲートは開く」(トレーナー)
「私も出たいです! 私も会長さんやスズカさんと走りたいです!」(スペシャルウィーク)

 

「スペ。乗ってる時のお前は確かに速い、だがムラがありすぎる。ダービーだけが日本一じゃねえぞ」

「ウオッカ、スカーレット。同じチームに競い合うライバルがいるってえのは速さへの近道だ。だが、相手に負けるな」

「テイオー、お前の才能は誰もが認める所だ。そこに甘んじるな。才能の向こう側を見つけろ」

「マックイーン、お前はあの名門メジロ家の令嬢だ。その名を知らしめるために、泥臭くても努力しろ」

「ゴルシ、は、うん、好きなように走れ」

「そして、スズカ」
「去年俺は、お前に夢を見させてもらった。だが、まだまだ足りない。もっとお前で夢が見たい。リハビリがんばれよ」(トレーナー)

 

「早く戻って来い。そしてまた宝塚記念みたいな、熱いレースをしよう」(エアグルーヴ)

 

「でも私はスペちゃん相手に余裕はありません」
むしろ必死です」
「全力でぶつかる」(グラスワンダー)

 

「まだ思うように足も肩も動かせないけど、でもうれしかった。走ることって幸せね」(サイレンススズカ)

 

「あの、スペちゃんは宝塚記念のこと、考えてますよね?」(グラスワンダー)
「去年のスズカさんみたいにかっこよく走れたらって思ってるんだ!」(スペシャルウィーク)
「私のことは……?」(グラスワンダー)

 

「よし。スペちゃん、ようやく一緒に走れますね。私は全力の勝負がしたい」(グラスワンダー)

 

「グラスワンダーはスペシャルウィークをピッタリマークしている!」(赤坂美聡)
こういう時のグラスワンダーは怖いですよ」(細江純子)

 

「スペちゃん、今日の相手は私ですよ」(グラスワンダー)

 

「今日のスペちゃんなら、私の相手じゃ、ありません!!」(グラスワンダー)

 

「私はスペちゃんだからこそ全力でした」
「スペちゃんは、私に全力で来てくれましたか?」(グラスワンダー)

 

「レースは甘くない。そしてメンタルはとても重要な要素の一つだ」
「スペ、今日何考えながら走ってた?」
「お前は誰だ?」
「今日の競争相手は誰だった?」
「なあスペ、お前の目標ってなんだ?」(トレーナー)

 

「お母ちゃんとの約束……日本一のウマ娘になるって……」(スペシャルウィーク)

9話

「私は凱旋門賞に必ず勝ってみせます! だから、そんな強い私に勝ったスズカさんに、また勝てるって伝えておいて下さい!」(エルコンドルパサー)

 

「私に出来ること、もう無いのかな?」(スペシャルウィーク)

 

「私、迷惑じゃないでしょうか?」
「今の私のペースに合わせてくれる人が、自分のペースを乱すことも……」
「トレーナーさんもです。最近は、いつも私に付きっきりで……」(サイレンススズカ)

 

「私はスズカさんと馴れ合ってるってことなのかな?」
「でもそれって、そんなに悪いことなのかな?」(スペシャルウィーク)

 

「スペちゃん。スズカのことが気になるのは分かるけど、今は集中しないと」(トウカイテイオー)
「そうですわ。ゴールドシップもいませんし、みんなで楽しく走りましょ!」(メジロマックイーン)

 

「なぁ、やっぱ一緒に走ろうぜ! 1人だとつまんないだろ?」(ゴールドシップ)

 

「マックイーンには負けられない!」(トウカイテイオー)

 

「全力で走れない?」「怖いのか?」(トレーナー)
「もしまたケガをしてしまったら……」(サイレンススズカ)

 

トレーナーさん、私が入院した時おっしゃってましたね。ケガが治っても、レースで走れるようになるかは分からないって」

それって、こういうことだったんですね」(サイレンススズカ)

 

「一か八か強硬策を取るしかないな。極限状態に追い込むには」(トレーナー)

 

「お前の復活をみんなが待ってるぞ、スズカ」(トレーナー)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「スペ、お前何しようとしてる?」
お前はレース中に立ち止まるのか!?」
「スズカ、お前の本気はこんなもんか!? あの時の約束は何だったんだ!?」

「俺はお前達がレースに出て、先頭争いをしている所が見たい! それが今の俺の夢何だ!!」(トレーナー)

 

「お前たちは、お互いのためになりたいんだろう!? だったらライバルだと思って全力で高めあえ!」

スペ、お前スズカにレースに出て欲しいんだろ!」
だったらお前は本気で走れ! お前が背中を見せる番なんだ!」

「スズカ、レースに出たいならいつまでも怖がっていちゃダメだ! 背中を追いかけることを怖がるな!」(トレーナー)

 

「スズカさん……先に行きます!」
スズカさんのライバルに。それが私にできること!」(スペシャルウィーク)

 

「スペちゃん、負けないから!」(サイレンススズカ)

 

「私は、まだ行ける!」
「そうだ、この感覚!」(サイレンススズカ)

 

「あっ、止まれ……と、止まれ、なーーーい!!!」(サイレンススズカ)
「こっちも無理ぃ!!」(他スピカメンバー)

 

「トレーナー、時々いい奴だな」(ゴールドシップ)

 

「俺はな……俺はお前達全員が参加するレースが見たい! そう、今日みたいな、ワクワクするようなレースだ!」

「これからはお互いにライバルとして競い、そして助け合って、全力で駆け抜けろ! チームスピカはここからが本番だぁ!!」(トレーナー)

 

「私はコンドルより速く飛べる」(ブロワイエ)
(エルコンドルパサーへのサイン)

 

「私は、自分の強さを確かめたい。ブロワイエに勝って、自分が世界一だって証明してみせる!」(エルコンドルパサー)

 

「私、途中まで先頭だったでしょ?」
「気持ちよかったよ。後100mでも先頭で、50mの所でゴールが見えてね」
「ホントに、後ちょっとだったんだよ!」
「ホントに……世界、目の前だったのに……後、ちょっとだったのに……」(エルコンドルパサー)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ウマ娘 プリティーダービー 全4巻セット [Blu-ray]

 

→ウマ娘(1~6話)
→ウマ娘(10~EXTRA話)
→ウマ娘(2期)
→ウマ娘(スペシャルウィーク)
→ウマ娘(サイレンススズカ)
→ウマ娘(トウカイテイオー)
→ウマ娘(メジロマックイーン)
→ウマ娘(ゴルシ&ダスカ&ウオッカ)
→ウマ娘(エルコンドルパサー)
→ウマ娘(セイウンスカイ&グラス)
→ウマ娘(ルドルフ&マルゼンスキー)
→ウマ娘(ライス&ブルボン)
→ウマ娘(ツインターボ)
→ウマ娘(ナイスネイチャ)
→ウマ娘(イクノ&マチタン)
→ウマ娘(キタサン&ダイヤモンド)
→ウマ娘(トレーナー)
→ウマ娘(ブロワイエ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました