「カワセミさんの釣りごはん」の名言・台詞まとめました

マンガ「カワセミさんの釣りごはん」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
カワセミさんの釣りごはん 1巻 (Kindle)

カワセミさんの釣りごはん 1巻

親の仕事の都合で田舎の高校に転校するも、持ち前の人見知りでぼっちになった。
大好きな料理なら輪に入れると思ったけど、調理部の扉を開ける勇気すら出ない。これ卒業までずっとぼっちのやつだ……!(白梨翡翠、カワセミ)

 

「よぅ。アタシ、ミサゴっていうんだけど……知ってる?」(魚取魚鷹、ミサゴ)
「コレ、カツアゲされるヤツだーッ」(カワセミ)

 

「お前もしかして友達居ないの? 丁度いいや、アタシ今日バイト休みでさ、ちょっと付き合えよ」(ミサゴ)

「ダメダメダメダメ、これカツアゲじゃない。もっと過激なヤツだよね? オーバー? 私の人生、ゲームオーバー?」(カワセミ)

 

「え゛!? マジか……稀な反応だわ……」
「(いつもは)……えっ、釣り……? って」(ミサゴ)

「なんだろう。あの(料理の話をした時に)見覚えがある表情」(カワセミ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「(釣りは)ムリムリムリムリッ。ご存知ないかもだけど、私世間一般的な女子高生だよっ」(カワセミ)
「大丈夫、教えるから」(ミサゴ)

 

「ムリムリムリッ、生き物ムリッ」(カワセミ)

 

「人生で虫かイクラの二択を迫られるなんて思ってなかった……」(カワセミ)

 

「フザけないでくれる? それは料理じゃない。私がやる、貸して」
「コレはもう食材。もう生きてない」(カワセミ)

 

「もっと火を強くして」
「焼き魚の基本は強火の遠火! 古代からの知恵だよっ。もっと敬意を払って!!」(カワセミ)

 

「(ヤマメ)甘くてホロホロ、焼き芋みたい……! サケ科だし脂かな? 独特の風味がクセになりそう。これは白米が欲しい」
「これなら山菜を詰めてホイル焼き、パンにチーズとはさむのも……! 私の料理力が加速する!!」(カワセミ)

 

「いやぁしかし、長い事釣りしてるけど、焼き魚でこんな美味いの初めてだわ。お前すげぇな」(ミサゴ)

 

「そだな、(釣りは1人でも)楽しいぞ~。釣り場を探して知らない町を彷徨ったり、季節で景色や魚も変わって楽しめる。テント張って夜釣りも雰囲気あっていいぞ~」

「そうやって新しい釣り場を探す楽しみ方。ひと口に釣りといっても、『釣り以外を楽しめるか』ってのも大事なんだよ」(ミサゴ)

 

「──あ、そういや週末ヒマか?」(ミサゴ)
「お断りします」(カワセミ)

 

「ジャーン。我が家のアウトドア調理器具だ!」(ミサゴ)
「外での料理もいいなぁ……やってみたい……! 本格的なアウトドア料理」(カワセミ)

 

「料理したい欲が高まっている……! ああ、今すぐ火にかけて熱してあげたい」(カワセミ)

 

「じゃ釣りと(料理は)一緒だな。釣る魚で仕掛けを選ぶ」
「つまり釣りは料理で、料理は釣りかっ」(ミサゴ)

 

「この高まりきった料理欲……キロ2千円前後の高級魚!! このクッキングチャンス逃さない……!」(カワセミ)

 

「所々何言ってるかわからない……」
「もうお兄さんが何言ってるかわからない……」(カワセミ)

 

「やっぱりアウトドア料理といったらスキレットだよね!」(カワセミ)

 

「──なぜかミサゴと話してると素が出るというか、調子狂うなぁ」
「でも、ミサゴが料理を褒めてくれるのは……他の人に褒められるのとは違う感じ。なんでかわかんないけど不思議な感じ」(カワセミ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「(魚が)気絶してるうちに下ごしらえしよう」(カワセミ)

 

「この(魚の)身に刃を入れる瞬間がたまんないよね~」(カワセミ)

 

「私の目に狂いは無かったな」
「カワセミはいい奴だって話だよ」(ミサゴ)

 

「知ってると思うけど、私、人とツルむの嫌いなんでさ~。最初取り繕うっての? 素を隠す、あの感じ? あれ嫌いでさ、あぁいうのってこっちにも伝わんじゃん」

「その点お前はいいよな、結構素で話すし。まぁ突然連れ出して余裕が無かったからかもな? でも私はそれぐらいの方がいいよー、友達ってのはさ」(ミサゴ)

 

「──わかった、この変な感じ。わかんないじゃなくて、忘れてたんだ。友達だ。私、友達が出来たんだ」(カワセミ)

 

「クロの眉はすぐ人を困らせるもんね」(小潟羽白、シロ)
「生まれ持った眉に罪は無かろうもん」(玖瑪黒子、クロ)

 

「ほ……ホラッ、ミサゴって一人の方が……好きでしょ……」(カワセミ)
「いや、お前と行きたいんだよ」(ミサゴ)

 

「千円しか持っとらん人間からはね、どげん頑張ったって千円しか取れんけんね」
「薄く長くっ、その方が利益になるけんね」(シロ)

 

「ごめんね~、君じゃないの……えぇ~どうしよう……ムリムリムリ、こんな大きな……」
「そうだ! コレは食材……勿体無いから余計な食材は、川(保管庫)に戻しましょうねぇ」(カワセミ)

 

「……どうしよう、もう行き止まりだし。日も落ちてきて、魚の影もない……結局ミサゴがいないと、私って全然ダメじゃん……」(カワセミ)

 

「こんなスマホも圏外の山の中で、次の(バスの)便がトゥモローの可能性があるの!?」(カワセミ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
カワセミさんの釣りごはん 1巻 (Kindle)

 

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました