「ゆるキャン」4~5話の名言・台詞まとめました

アニメ「ゆるキャン」4~5話の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
ゆるキャン△ 1-11巻セット (コミック)

ゆるキャン

→ゆるキャン1話はこちらより

4話

「よーしお前らよく聞け。野クルも3人になったことだ。本格的に、冬キャンの準備を始める」(大垣千明)

 

「(なでしこ)落ち着け」
「お前、ちょっと黙ってろや!」(千明)

 

「次な長野だっけ。攻めるね」(斉藤恵那)
「まっ、免許も取ったしな」(志摩リン)

 

「他の持ち物はほぼオッケーなんだが……」(千明)
「シュラフは夏用のこれしか持っとらんしね」(犬山あおい)

 

「夏用だとどうなるの?」(各務原なでしこ)
「低体温症で死ぬ。最悪の場合だけどな」(千明)

 

「人形シュラフは、手足が分かれていて自由に歩くことが出来る、だって! ねえねえ、これ着たら、みんなで月面着陸ごっこ出来るよ」(なでしこ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「それな、冬用はかさばるから、圧縮に優れたダウンの方が小さく出来ていいんやけど……」
「同じ体感温度で、化繊の物より2・3諭吉ほどお高くなっております」(あおい)

 

「化繊でも安くて5000円か、まだ高いな。いっそ、シュラフに頼らず暖をとって、やり過ごすのもありだな」(千明)

 

「そっか。夏用シュラフでも、着込んで更に断熱する何かがあれば、何とかなるかもしれんな」(あおい)

 

「普通に寒い。特に肩から上が」(千明、夏用シュラフのみ)
「全体的に、まんべんなく寒い」(千明、ニット帽+マフラー追加)

「さっきより、暖かくな……やっぱり良く分かんね」(千明、アルミホイル追加)

 

「そっかそっか。空気の層を作れば、断熱効果が得られるんやね。梱包用のプチプチシートがいいらしいわ」(あおい)

「おっ!? これなかなか暖かいわ!」(千明、プチプチシート追加)

 

「この上から、断熱効果のダンボール巻けば完璧やないかな?」(あおい)
「ダンボールだね。もらってくるーー!! もらってきたーー!!」(なでしこ)

「ワンコみたいやな」(あおい)

 

「おーーー!!! これマジ暖かいぞ!!!」(千明、ダンボール追加)

 

「これ、トイレ行く時どうすんの?」
ていうか、バッチリ梱包されて、あたしはこれからどこへ発送されるんだ……」(千明)

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

 

「さて、3人共冬シュラフを手に入れたし、テントももう一個買い足した。じゃ、野クル初のキャンプ地、イーストウッドキャンプ場へ、しゅっぱーつ!」(千明)

 

「ねえねえ、アキちゃん。今日泊まる所ってどんな所なの?」(なでしこ)
「よく聞いてくれた。薪がタダで、温泉が近くて、夜景が綺麗で、一泊1000円! ていうナイスなキャンプ場だ」(千明)

 

「キャンプっぽいご飯だよ。何かは夜のお楽しみ!」(なでしこ)
「カレーとか?」(あおい)

「お、お楽しみだよ……」(なでしこ)
「カレーだな」(千明)
「カレーやな」(あおい)

 

「なあ、イヌ子」
「荷物、(元気な)あいつに全部持ってもらわねえか?」(千明)

 

「ホントに元気な子じゃの」(千明)
「儂らも昔はああじゃった」(あおい)

 

「疲れとると甘いもんがうま~やな!」(あおい)
「暖房効いてる店内で食うアイス、うま~!」(千明)

 

「キャンプ場まで1.7キロか。温泉の方が近いけど、どうする?」(千明)
「おんせ~ん!!」(なでしこ、あおい)

「欲望に正直でよろしい」(千明)

 

「あかん。お尻に根が張ってもうた」(あおい)

 

「ボルシチ(ドリンクセット)1300円」
「麓キャンプ場では2000円の利用料に怯み、薪代をケチった私だけど……今、バイト代が入ったばかり、金はあるんや!」(リン)

 

「冷えた体に染み渡る」(リン)

 

「オーーー!!! このくつろぎスペース。温泉に浸かった客を完全に落としにかかる、悪魔の刺客たち。ここで一度くつろいだら、二度と起きては帰れまい」(千明)

「そやな。お尻に根が張るなんてレベルやないわ」(あおい)

 

「長野か、そんな遠くまで」(なでしこ)
「今メチャ寒いはずだけど、大丈夫なのか?」(千明)
「さすがソロキャン少女やね」(あおい)

 

「にしても、ライブカメラで返事なんて、おもろいことすんね」(あおい)

 

「返事が無いけど、見えてる、よな?」(リン)

 
スポンサーリンク
→アフィリエイトを始めるならA8.net
→アニメ好き異性との出会い【ヲタ婚】

5話

「後40キロか。免許取り立てでこの距離は、ちょっと無謀だったかも?」

「寒い。そう言えばなでしこは、温泉入って来る~って言ってたな。温泉……私も向こうに着いたら、絶対温泉入る! 温泉! 温泉! おんせ~ん!!」(リン)

 

「やっぱり、いい景色だね~!」(なでしこ)
「だな~!」(千明)
「冬の温泉、たまらんわ~!」(あおい)

 

「管理人さんには昼すぎに行くって連絡してあるから、まだまだここでのんびり出来るぞ」(千明)
「あかんわ。悪魔のささやきや」(あおい)

 

「ここで食べたら、キャンプご飯食べれんくなるわ!」(あおい)
「温泉気持ちよすぎて、思考停止しちゃってたよ!」(なでしこ)
「せやな、温泉おそろしいわ!」(あおい)

 

「(温玉揚げ)卵揚げただけなのに美味すぎるぞこれ!」(千明)
「黄身がとろける」(なでしこ)

 

「これ湯上がりに食ったら、あかんやつや!」(あおい)
「うん、あかんやつや」(なでしこ)
「あかんあかん」(千明)

 

「ついに、ここまで来た。知る人ぞ知る、超絶景スポット、高ボッチ高原。頂上からは松本市や諏訪湖、富士山までも一望できるらしい。ようし、上まで後9キロ!」(リン)

 

「着いた。150キロ、走りきった!」(リン)

 

「(閉店)おい、マジか!? おん……せん……おんせん」(リン)

 

「曇っててなんも見えねえ! 踏んだり蹴ったり! クソ!」(リン)

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

 

「せっかく来たし、一応登っとくか。ボッチでボッチ山登り」(リン)

 

「温泉入れないし、景色も見れないし、近くでキャンプすればよかったかも?」(リン)

 

「何だよ、こっちはバッチリ見えてんじゃん。綺麗だなあ」
「温泉は帰りに入ればいい。それより、今日は温まるキャンプご飯、作るぞ」(リン)

 

「よし! まずは手堅く、簡単な料理から(スープパスタ)」(リン)

 

「出来た。初めてのまともなキャンプご飯。いただきます」
「はぁ~、うま!」(リン)

 

「にしても、管理人さんのリビングスペース、ええなあ」(あおい)
「凄いよな。こういうとこで、余生を過ごしたいぜ」(千明)
「余生よりまず、進路決めなあかん時期やわ」(あおい)

 

「そうだ! せっかくだから、ウッドキャンドルやろうぜ!」

「ウッドキャンドルっていうのは、丸太に切り込みを入れて着火剤を詰め、ローソクみたいに燃やすやり方だ。スウェーデントーチや木こりのローソクとも呼ばれるらしい」(千明)

 

「焚き火見てると、どうしてこんなに落ち着くのかな」(なでしこ)
「せやな~」(あおい)

 

「よ~し、晩ごはん作るよ!」
「あらかじめ切って、素揚げしておいた具材を、ルーを溶いたお湯に入れれば、ひと味違う、煮込みカレーだよ!」(なでしこ)

「やっぱりカレーや!!」(千明、あおい)

 

「キレイな景色を眺めながら、美味しい外ごはん」(なでしこ)
「キャンプの醍醐味や」(あおい)

 

「美味いけど、何か不思議な味だな、これ?」(千明)
「よくぞ気がつかれましたな。じゃーん! 隠し味は、豚骨ラーメンのスープだよ」(なでしこ)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ゆるキャン△ 1-11巻セット (コミック)

 

→ゆるキャン(1~3話)
→ゆるキャン(6~7話)
→ゆるキャン(8~9話)
→ゆるキャン(10~12話)
→ゆるキャン(2期)
→へやキャン
→ゆるキャン(志摩リン)
→ゆるキャン(各務原なでしこ)
→ゆるキャン(大垣千明)
→ゆるキャン(犬山あおい)
→ゆるキャン(斉藤恵那)
→ゆるキャン(各務原桜&土岐綾乃)
→ゆるキャン(鳥羽美波&鳥羽涼子)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました