「ウマ娘(2期)」7話~の名言・台詞まとめました

アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season2(2期)」7話~の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
『ウマ箱2』第1コーナー [Blu-ray]

ウマ娘 プリティーダービー Season2

→ウマ娘(2期)1話はこちらより

7話

「レースは時計だけじゃ測れません」「いいでしょう。いくらでも相手になりますわ」
「テイオーにも譲らなかった春の盾。もう一度、必ず!」(メジロマックイーン)

 

「ライスシャワーさん。お会いしたかったわ」
「記事、読みましたわ。わたくしに勝つ気でいらっしゃるようですね、受けて立ちますわ。お互いよいレースにしましょ」(メジロマックイーン)

 

「ライスシャワー、いい響きですね、大好きです。特にライスの当たりが」(スペシャルウィーク)

 

「ライスがブルボンさん達の夢を壊して、みんな悲しんで……」

「春の天皇賞も、みんなマックイーンさんの3連覇を期待してる。そんなレースに出て勝っても、誰も喜ばない。勝ってもみんなを不幸にする」

「ライスシャワーという幸せな名前の自分が……だからライス、もう走らないです」(ライスシャワー)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「確かに、ライスの菊花賞は祝福されるべきだと思います。でも、だからといってレースから逃げるのは、ウマ娘として間違っていますわ」(メジロマックイーン)

 

「分かった。やっぱり僕、ライスが出走するように説得してみる」
「いい? 後悔しないでね!」(トウカイテイオー)

 

「後悔なんてしませんわ。それにライスになめられっぱなしでは面白くありませんから」
「自分が勝ったら誰も喜ばない? 走る前から勝つつもりだなんて?」(メジロマックイーン)

 

「しかし、三冠の夢が叶えられなかったからこそ、新たな走る理由が生まれました。ライスシャワーです」
「唯一私が負けたウマ娘。私の夢を阻んだ相手。初めてライバルと呼べるのは、彼女なのかもしれません」(ミホノブルボン)

 

「ライスはブルボンさんやテイオーさんとは違う。ライスはヒールなんだよ」

「みんなから嫌われてブーイングされて、みんな不幸にしちゃう。祝福の名前をもらったのに、ライスシャワーなのに……だからもう、ライスは走らないんです」(ライスシャワー)

 

「確かにあなたは私から夢を奪いました。けれどそれ以上の夢と希望を与えたのです」
「あなたはヒールじゃない、ヒーローなんです」

「それなのに何ですか、あの有馬記念8着は!? あなたは私のヒーローなんです! 強いウマ娘なんです! 天皇賞に出てそれを証明しなさい!!」(ミホノブルボン)

 

「ブルボンさんの気持ち、受け取りました。ライス、もう一度頑張ってみます」

「怖いって気持ちはまだあるけど……」
「ライスもブルボンさんと一緒に走りたい。だから……ライス出ます、天皇賞に!」(ライスシャワー)

8話

「はい、ライスはもう逃げません」(ライスシャワー)
「春の天皇賞、これでわたくしも本気になれますわ」(メジロマックイーン)

 

「ええ。この所ずっとライスシャワーには付きまとわれています」
「それでこそ、戦うかいがありますわ」(メジロマックイーン)

 

「春の天皇賞は3200m。ライスだって長距離は得意だけど、過去2回も勝っているマックイーンさんの方が、経験値的にも断然有利。マックイーンさん……」(ライスシャワー)

 

「精神力……マックイーンさんに走力や経験値では勝てないので、精神力で優る必要があります。それには徹底的に自分と向き合うため、1人になろうと……」

「精神は肉体を超越すると思います」(ライスシャワー)

 

「はい。今までの天皇賞より、気力も体力も充実している気がしますわ」(メジロマックイーン)

 

「必ず勝たないといけないという緊張はありますわ」
「あなたの目標にふさわしい走りをします、見ていて下さい」(メジロマックイーン)

 

「猛獣? 何なんですの、まるでわたくしを食いちぎらんばかりのこの気配!?」
「ですが、わたくしにも負けられない理由がありますわ!」(メジロマックイーン)

 

「ライスさんの徹底したマーク、似ています」
「宝塚記念での、鬼気迫るグラスちゃんに似てるんです」(スペシャルウィーク)

 

「確かに似ていますね」
「(なぜか)それは分かりません。ですが、運命的な何かを感じます」(グラスワンダー)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「前回の天皇賞より2秒以上速い」(トレーナー)
「大丈夫に決まってるじゃん! 僕は信じてる。マックイーンなら大丈夫!」(トウカイテイオー)

 

「いや、マックイーンはおかしくない」
「おかしいのは、相手の方だ」(トレーナー)

 

「ライスは、ヒールじゃない……ヒーローだ!」(ライスシャワー)

 

「優勝おめでとう、ライス」(ミホノブルボン)
「また……たくさんの夢を壊してしまいました……」(ライスシャワー)

「それが勝つということです、勝負ですからね。誰かが勝てば、誰かは傷つき、夢破れる、そういうものです」(ミホノブルボン)

 

「ブーイングって痛いですね……やっぱり、痛かったです」(ライスシャワー)

「ブーイングはチャレンジャーの勲章です、傷つく必要はありません。でもいつか、これが歓喜と祝福の声になる日は必ず来ます。あなたが勝ち続ければ、きっと」

「だって、あなたの名前はライスシャワーなんですから」(ミホノブルボン)

「ライス、がんばるね」(ライスシャワー)
「それでこそ、私のヒーローです」(ミホノブルボン)

 

「残念でしたね、3連覇」(イクノディクタス)

「あなたもそれですの?」
「チームのみなさんも気を使ってくれて、気にしていないというと嘘になりますけれど、それほど落ち込んでもいませんわ」(メジロマックイーン)

 

「そうですか。少し寂しそうに見えたので」(イクノディクタス)

「申し訳なくって……」
「応援してくれたファンはもちろん、トウカイテイオーにも……」

「テイオーは今、リハビリを頑張っているんです。誰にも負けない最強のウマ娘であるわたくしと走ることを目標にして。それなのに、わたくしは不甲斐ない走りをしてしまった」(メジロマックイーン)

 

「得意な距離だからこその慢心、もう三度目だという油断。何より、テイオーのためにも勝つだなんて奢りを持って走っていたら、勝てるはずがありません」

「もっとも大切な勝つことへの執着が、ライスシャワーよりも劣っていたのですから」

「けど、もう過ちは繰り返しません。わたくしは最強であり続けなければならないのですから。次の宝塚記念は、必ず勝ちますわ」(メジロマックイーン)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
『ウマ箱2』第1コーナー [Blu-ray]

 

→ウマ娘
→ウマ娘(2期)(1~6話)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました