「鬼滅の刃(19~26話)」竈門炭治郎の名言・台詞まとめました

アニメ「鬼滅の刃(19~26話)」竈門炭治郎の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
鬼滅の刃 全23巻セット (コミック)

鬼滅の刃

→鬼滅の刃(竈門炭治郎)1話はこちらより

19話

「刀が折れた……信じられない。この子の操る糸は、さっき斬れなかった鬼の体よりも、なお固いのか!?」
「すみません、鱗滝さん、鋼鐵塚さん。俺が未熟なせいで、刀が折れてしまった」

 

「いや、今はそんな場合じゃない! 考えろ! 考えろ!」
「糸が斬れないなら、間合いの内側に入れば!」

 

「無理だ! 生きているように動く糸の攻撃を抜けていけない! そもそも、殺さない程度にと加減されているのに、これだけ追い詰められているんだ!」

 

「何を言ってるのか分からない」
そんなことを承知するはず無いだろ。それに禰豆子は物じゃない。自分の思いも意志もあるんだ。お前の妹なんてなりはしない」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「ふざけるのも大概にしろ!!」
恐怖でがんじがらめに縛り付けることを、家族の絆とは言わない! その根本的な心得違いを正さなければ、お前の欲しいものは手に入らないぞ!」

 

「禰豆子をお前なんかに渡さない!」

 

「俺が先にお前の首を斬る!」

 

「下弦の伍。やっぱり、この強さ、この子が本物の十二鬼月。糸は簡単に斬れない、どうする、折れた刀身で? あの子の首が糸より固い場合?」

 

「(首に)刃が、通らない!?」

 

「つ、強い……今まで会った鬼とは比べものにならない強さだ。これが、十二鬼月!? 鬼舞辻の血の濃い鬼の、力なのか!?」

 

「落ち着け、感情的になるな。このままじゃ相手の思うつぼだ!」

 

「集中しろ。呼吸を整え、もっとも精度が高い最後の型を繰り出せ!」
「全・集中」「水の呼吸・拾ノ型、生生流転!」

 

「ダメだ、この糸は斬れない! まだ回転が足りない、さっきの糸とはまるで違う匂いだ! 絶対負ける訳にはいかないのに!? 死ぬ……負ける!?」

 

「ヒノカミ神楽・円舞!!」

「止まるな、走り続けろ! 今止まれば、水の呼吸からヒノカミ神楽の呼吸に無理矢理切り替えた跳ね返りがくる。そうしたら、俺はしばらく動けなくなるだろう」

「だから! 今やらなければ! 走れ! 禰豆子を守るんだ!!」

 

「見えた、隙の糸! 今ここで倒すんだ! たとえ、相打ちになったとしても!!」

 

「俺と禰豆子の絆は、誰にも、引き裂けない!!」

20話

「勝った……勝ったよ、父さんが助けてくれた。家に代々伝わる神楽で、なぜ技を出せたのか分からない。でも、それで助かった、勝てた!」

 

「焦るな……息を乱すな……落ち着け……落ち着けば!?」
「腕が、上がらない!?」

 

21話

「小さな体から、抱えきれないほど大きな、悲しみの匂いがする」

 

「殺された人達の無念を晴らすため、これ以上被害を出さないため、もちろん俺は、容赦なく鬼の首に刃を奮います」
「だけど、鬼であることに苦しみ、自らの行いを悔いている者を、踏みつけにはしない!」

「鬼は人間だったんだから。俺と同じ、人間だったんだから。足をどけて下さい!」
「醜い化け物なんかじゃない、鬼は虚しい生き物だ、悲しい生き物だ!」

 

「ち、違います! いや違わないけど……あの、妹なんです。俺の妹で、それで!?」

 

「体中いったい! 苦しい! 痛いと叫びたい! 我慢だ!」

 

「俺は、鬼殺隊を抜けなければならなくなるのか? いくら妹とはいえ、鬼を連れている剣士なんて、認められない」

 

22話

「鬼は俺の妹なんです。俺が家を留守にしている時に襲われ、帰ったらみんな死んでいて……妹は鬼になったけど、人を食ったことは無いんです」

「今までも、これからも、人を傷つけることは絶対にしません!」

 

「聞いて下さい! 俺は禰豆子を治すために、剣士になったんです! 禰豆子が鬼になったのは2年以上前のことで、その間禰豆子は人を食ったりしてない!」

 

「妹は……妹は俺と一緒に戦えます! 鬼殺隊として、人を守るために戦えるんです! だから!?」

 

「俺の妹を傷つける奴は、柱だろうが何だろうが許さない!!」

 

「善良な鬼と悪い鬼の区別も付かないなら、柱なんて辞めてしまえ!」

 

「知性も理性も全く無さそうだったのに、すごいきちんと喋りだしたぞ?」

23話

「何だろう、この感じ? フワフワする。声? この人の声のせいで、頭がフワフワするのか?」

 

「俺は……俺と禰豆子は、鬼舞辻無惨を倒します! 俺と禰豆子が必ず、悲しみの連鎖を断ち切る刃を振るう!!」

 

「ちょっと、待って下さい!」
「その傷だらけの人に、頭突きさせてもらいたいです! 絶対に! 禰豆子を刺した分だけ絶対に!! 頭突きなら、隊律違反にならないはず!?」

 

「あっ……善逸、何かちっちゃくないか?」

 

「伊之助、無事でよかった! 無事でよかった……ごめんな、助けに行けなくて!」

 

「那田蜘蛛山では、だいぶ痛めつけられちゃった。かなり痛い……正直、相当痛い。禰豆子、山では俺を守ってくれて、ありがとう」

「禰豆子だけじゃなくて、鱗滝さんも、冨岡さんも、俺達のために、命を賭けていてくれただなんて。みんなの世話になりっぱなしで……俺、もっと強くならなきゃ」

「今日だって、お館様様に、禰豆子と俺の命、助けてもらったようなものだからな」

 

「痛いし、つらいけど……まだまだ頑張らなきゃ。だってさ、いつか兄ちゃんは大人になる。そして、爺ちゃんになって死んじゃって……」

「そしたら、鬼の禰豆子は一人ぼっちになっちゃう。それじゃあ寂しいよな、禰豆子。兄ちゃんが必ず、人間に戻してやるからな」

 

24話

「でも、カナヲには勝てない。誰も、彼女の湯呑を抑えることは出来ないし、捕らえることが出来ない。それから5日間、カナヲに負け続ける日々が続く」

「伊之助も、善逸も、カナヲの髪の毛一本すら、触れなかった。そして2人は、訓練場に来なくなった」

 

「何で俺は勝てないのだろう? 俺とあの子の何が違う?」

「まず、反射速度が全然違うんだ。俺が万全の状態でも、たぶん負ける。匂いからしてまず違う。柱の人達に近い匂いがする。後は、目か? 目が違う、気がする」

 

「全集中の呼吸。朝も昼も夜も、寝ている時もずっと続けてみると言ってみたけど……全然できない! 出来なーい!! 全集中の呼吸を長くやろうとすると、死にそうになるよ!」

「苦し過ぎる。肺痛い、耳、痛い、耳がドクンドクンしてる! 鼓膜!」

「ビックリしたぁ!! 今一瞬、耳から心臓出たかと思ったぁぁぁーーー!!!」
「全然ダメだ、こんな調子じゃあ!? 困った時は基本に戻れ! 不甲斐なし!!」

 

「呼吸は肺だ。ちゃんと出来ないということは、肺が貧弱なんだ」
「頑張れ! 頑張ることしか出来ないんだから、俺は昔から! 努力は日々の積み重ねだ。少しずつでいい、前に進め!」

 

「いえ。(1人でも)出来るようになったら、やり方を教えてあげられるので」

 

「怒ってますか? 何だかいつも怒ってる匂いがしていて、ずっと笑顔だけど?」

 

「母ちゃん、花子、竹雄、茂、六太。俺、禰豆子を人間に戻してみせるから!」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

25話

「全集中の呼吸をしたままの訓練も、だいぶ体に馴染んできた」

「かなり気合いを入れないと、まだ一日中・全集中の呼吸は出来ないけど、全集中の呼吸を長く出来るようになればなるほど、基礎体力が上がるんだって分かった」

 

「追えてる! ちゃんとあの子を追えてる! 着いて行けてる!」

 

「かなり気合いを入れないと、俺もまだ一日・全集中の呼吸は出来ないけど、善逸と伊之助なら大丈夫。肺をこう、こうやって大きくするんだ」

「血が驚いたら、骨と筋肉がボンボンって言ってくるから、とどめるんだ!」
「後は死ぬほど鍛える!」

 

「俺の体は変わった! 早く刀を振りたい! この手で、日輪刀を!!」

 

「今日も眠ったまま……眠ることで体力を回復しているかもしれないって言われたけど。やっぱり、たまに目を開けてくれないと、兄ちゃん心配だ」

「兄ちゃん、そろそろ任務で、ここから出ることになると思う。体もよくなったし、少しは強くなった。今も全集中常中を続けてる」

「後、善逸と伊之助も一緒だと思う。2人がいてくれると心強い。そっか、禰豆子もそう思うか。いい奴等なんだ」

「禰豆子を人間に戻すために、出来るだけ強い鬼を倒して、珠世さんに血を送らなければいけない。俺にそれが出来るのだろうか?」

 

26話

「忙しい中、俺達の面倒を見てくれて、本当にありがとう。おかげでまた戦いに行けるよ!」

 

「そんなの関係ないよ。俺を手助けしてくたアオイさんは、もう俺の一部だから。アオイさんの思いは、俺が戦いの場に持って行くし」

「じゃあ、またケガしたら頼むね!」

 

「カナヲ! 俺たち出発するよ、いろいろありがとう」
「(カナヲが)しゃべってくれた!」

 

「今投げたのは何?」
「お金? 表と裏って書いてあるね。何で投げたの?」
「あんなに回るんだね」

 

「何で自分で決めないの? カナヲはどうしたかった?」

 

「この世にどうでもいいことなんて無いと思うよ」
「きっと、カナヲは心の声が小さいんだろうな」

 

「よし、投げて決めよう!」
「カナヲがこれから、自分の心の声を、よく聞くこと!」

 

「表、表にしよう! 表が出たらカナヲは、心のままに生きる!」

 

「表だぁ! カナヲ!」
「頑張れ! 人は心が原動力だから、心はどこまでも強くなれる!」

 

「偶然だよ。それに、裏が出ても、表が出るまで何度でも投げ続けようと思ってたから」

 

「待つんだ、伊之助!」
「この土地の守り神かもしれないだろ? それから急に攻撃するのもよくない」

 

「ううん、これでいい。俺と禰豆子は、どこへ行くときも一緒だ。もう、離れたりしない」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
鬼滅の刃 全23巻セット (コミック)

 

→鬼滅の刃(1~3話)
→鬼滅の刃(4~7話)
→鬼滅の刃(8~9話)
→鬼滅の刃(10~11話)
→鬼滅の刃(12~14話)
→鬼滅の刃(15~17話)
→鬼滅の刃(18~19話)
→鬼滅の刃(20~21話)
→鬼滅の刃(22話)
→鬼滅の刃(23~24話)
→鬼滅の刃(25~26話)
→鬼滅の刃(竈門炭治郎)(1~9話)
→鬼滅の刃(竈門炭治郎)(10~18話)
→鬼滅の刃(竈門禰豆子&炭十郎・葵枝)
→鬼滅の刃(我妻善逸)(1~16話)
→鬼滅の刃(我妻善逸)(17~26話)
→鬼滅の刃(嘴平伊之助)
→鬼滅の刃(冨岡義勇)
→鬼滅の刃(鱗滝左近次)
→鬼滅の刃(胡蝶しのぶ)
→鬼滅の刃(栗花落カナヲ)
→鬼滅の刃(鬼舞辻無惨)
→鬼滅の刃(甘露寺蜜璃)
→鬼滅の刃(不死川実弥&伊黒小芭内)
→鬼滅の刃(煉獄杏寿郎&時透無一郎)
→鬼滅の刃(宇髄天元&悲鳴嶼行冥)
→鬼滅の刃(錆兎&真菰)
→鬼滅の刃(胡蝶カナエ&神崎アオイ)
→鬼滅の刃(珠世)
→鬼滅の刃(愈史郎)
→鬼滅の刃(産屋敷耀哉、お館様)
→鬼滅の刃(鋼鐵塚蛍&桑島慈悟郎)
→鬼滅の刃(累)
→鬼滅の刃(朱紗丸&矢琶羽)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました