「進撃の巨人(2期)」32~34話の名言・台詞まとめました

アニメ「進撃の巨人 Season2 (2期)」32~34話の名言・台詞をまとめていきます。

進撃の巨人 Season2

→進撃の巨人(2期)26話はこちらより

32話(7話)

「あの時、2人の首を跳ね落としていれば。最大のチャンスを、私なら出来たはず、なぜ!?」
「次は無い! 次はもう、無い!!」(ミカサ・アッカーマン)

 

「総員、戦闘用意! 超大型巨人を仕留めよ! 人類の仇そのものだ! 一斉に掛かれ!!」(ハンジ・ゾエ)

 

「どうもしない、待つんだ」(ハンジ)

 

「いいか。彼らを捕らえることは、もう出来ない。殺せ、ためらうな!」(ハンジ)

 

「まるで効かない!」
「エレンの攻撃も、私の刃も効かなかった! それも、アニと違って全身が堅い!」(ミカサ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「なあ、ライナー。今、お前がどんな顔してんのか知らねえが……お前ら本当にクソ野郎だよ。たぶん人類史上、こんなに悪いことした奴はいねえよ」(エレン・イェーガー)

 

「消さなきゃ、てめえはこの世にいちゃいけない奴だ! 一体なに考えてたんだ? 本当に気持ち悪いよ!」

「お前の正義感にあふれたあの面構えを思い出すだけで、吐き気がしてくんだよ。この、でけえ害虫がぁ! 俺が今から、駆除してやる!」(エレン)

 

「あんたが力一杯ぶつかって来るから、こっちも相応の返しをしなきゃいけないんだよ。あんたも男ならさ、私の、このか弱い体をもっといたわるべきなんじゃないの?」(アニ・レオンハート)

 

「力で投げた訳じゃないんだ。相手より力で劣る者が、自分を守るための技術だったりするからね。あんたも、知ってて損はしないよ」(アニ)

 

「降参? 降参なんかしてないで、学習しなよ。力の使い方と、女の子との話し方を!」(アニ)

 

「ねえ、アニ。私にも、それ……教えて?」(ミカサ)

「どうかな、この技は人間用なんだ。あんたに必要あるとは思えないけど。ただ、猛獣に通用するかどうか、興味はある」(アニ)

 

「まさか、これが走馬灯ってやつか? まあ、どうでもいいや。何にせよ、最低の気分だ!」(エレン)

 

「お前らが、一体なんのためにこんなことやってんのか知らねえけど、よく考えりゃお前ら、いろいろとお粗末な点が目立つようだ。その一つはこれだ!」

「俺に戦い方を教えてしまったこと!!」(エレン)

 

「我々の刃は通用しないが、頭を使って、最大限できることを考えよう」(ハンジ)

 

「今は……今だけは逃げるが勝ちだ。正体がバレて追い詰められてんのはお前らだぜ。もう後が無いのはお前らだ!」(エレン)

 

「いや、本当に全身が石像のように硬いのなら、あんな風には動けないはずだ。昔の戦争で使ってた鎧にも、人体の構造上、鉄で覆えない部分がある」(ハンジ)

 

「勝てる! ライナーに、勝てる!!」(エレン)

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

33話(8話)

「美女に世話してもらえるのなら、望む所じゃ」(ドット・ピクシス)

 

「だがあれで中央の連中は考えるであろうぞ。古臭い慣習と心中する覚悟が、自分にあるのかをのう」(ピクシス)

「ええ、そのようです。見て下さい。ついに憲兵団を、この巨人のいる領域まで引きずり下ろすことが叶いました」(エルヴィン・スミス)

 

「なんだ、お前ら随分と残念そうじゃ無いか?」

「悪いな、お目当ての巨人と会わせられなくて。今回の所はまあ残念だったかもしれんが、壁外調査の機会はいくらでもある」

「これからは力を合わせて、巨人に立ち向かおうじゃないか?」(リヴァイ)

 

「ああ、またこれか?」

「ねえ、アルミン。なんで、エレンはいつも、私たちから遠くに行くんだろう?」
私はただ、そばにいるだけでいいのに……それだけなのに」(ミカサ)

 

「まあ、いつものことじゃねえか。あの悪ガキの起こす面倒の世話をするのは、昔からお前らの役目だろ。腐れ縁ってやつだよ、全く」

「お前ら、時代とか状況は変わってんのに、やってることはガキんちょのころのままだぜ、だろ!?」(ハンネス)

 

「ただな、勝った所はついぞ見たことねえが、負けて降参した所も見たことが無かった」

「あいつは時々、俺でもおっかねえと思うぐらい執念が強え。何度倒されても、何度でも起き上がる」

「そんな奴がだ、ただ大人しく連れ去られていくだけだと思うか?」

「いいや、力の限り暴れまくるはずだ。ましてや敵はたったの2人だ。相手が誰であろうと手こずらせ続ける、俺やお前らが来るまでな。エレンはいつもそうだろ!?」

「俺は、あの日常が好きだ。エレンに言わせりゃ、そんなもんはまやかしの平和だったのかもしれんが……やっぱり俺は、役立たずの飲んだくれ兵士で十分だったよ」

「あのなんでもない日常を取り戻すためだったら、俺は何でもする。どんだけ時間が掛かってもな。俺も行くぞ。お前ら3人がそろってねえと、俺の日常は戻らねえからな」(ハンネス)

 

「それは無理。ユミルがさらわれたのに、ここで待つなんて出来ない」(クリスタ・レンズ)

 

「クリスタの言う通りだぜ、アルミン」

「俺達には、奴等を追いかける理由が多すぎだろ! 俺はまだ信じられねえからよ。ライナーもベルトルトも、敵だったなんて、奴等の口から直接聞くまでは!」(コニー・スプリンガー)

 

「夜までだ! 夜までにこの森に着けば、まだ間に合うかもしれない!」(ハンジ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

34話(9話)

「そうか……俺は、負けたのか……」(エレン)

 

「この巨人の領域内を生き抜くのは、巨人の力を持っていても困難だ。分かるだろ、暴れてる余裕は無いんだって」(ユミル)

 

「大人しくしろって言って従う訳がないことぐらい分かってる。だがユミルの言う通り、ここは巨人の巣窟だ。ここで今俺等が殺し合ったって、弱った所を他の巨人に食われるだけだ」

「つまり巨人が動かなくなる夜まで、俺達はここにいるしかねえのさ。お前らが俺等を出し抜くにしろ、俺等がお前らを連れ去るにしろ、夜まで待つしかない」(ライナー・ブラウン)

 

「(ユミルは)味方なのか? こいつの目的がよく分からない。元々よく分からない奴ではあったが?」(エレン)

 

「決めたぞ。とにかくだ、情報を集める。まず出来るだけこいつらから情報を引き出して、この状況を切り抜ける。そのためにも今は……感情を噛み殺せ! 身体を修復しろ!」(エレン)

 

「タイムリミットは日没までだ。極力、最短ルートを維持せよ!」(エルヴィン)

 

「あいつは絶対諦めねえ。だから俺達は焦らず、その代わり絶対に行くんだよ! あの時みたいにな」(ハンネス)

 

「ライナー、君は、兵士じゃ無いだろ。僕等は、戦士なんだから」(ベルトルト・フーバー)

 

「その結果、(ライナーは)心が分裂し、記憶の改竄、話が噛み合わなくなることが多々あったって様子だな。ベルトルさんの呆れ顔を見るに」(ユミル)

 

「あの時(エレンの話)は……気の毒だとは、思ったよ……」(ベルトルト)

 

「お前らは、兵士でも戦士でもねえよ。ただの人殺しだ。何の罪も無い人達を大勢殺した大量殺人鬼だ」(エレン)

「んなことは分かってんだよ! お前にわざわざ教えてもらわなくてもな!」(ライナー)

 

「じゃあいっちょ前に人らしく悩んだりしてんじゃねえよ! もう人間じゃねえんだぞ、お前ら! この世界を地獄に変えたのはお前らなんだぞ! 分かってんのか、人殺しが!?」(エレン)

「その人殺しに、何を求めてんだよお前は!? 反省して欲しいのか? 謝って欲しいのか? それでお前は満足かよ? もうお前が知る俺等はいねえんだよ!!」

「泣き喚いて気が済むなら、そのまま喚き続けてろ!!」(ライナー)

 

「そうだな。俺がまだ、甘かったんだ。俺は、頑張るしかねえ。頑張って、お前らが、出来るだけ苦しんで死ぬように、努力するよ」(エレン)

 

「待てよ。私にもいろいろ都合があるんだから」
「エレン。あの2人をやっつけて終わりだと思ってんのなら、それは大きな勘違いだ」(ユミル)

 

「ユミル。お前はこの世界に先があると思うのか?」(ライナー)

 

「自分のわずかな命か、クリスタの未来か、選ぶのはお前だ」(ライナー)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

→進撃の巨人
→進撃の巨人(2期)(26~31話)
→進撃の巨人(2期)(35~37話)
→進撃の巨人(3期)
→進撃の巨人(4期)
→進撃の巨人(エレン)
→進撃の巨人(ミカサ)
→進撃の巨人(アルミン)
→進撃の巨人(リヴァイ)
→進撃の巨人(エルヴィン)
→進撃の巨人(ハンジ)
→進撃の巨人(ライナー)
→進撃の巨人(ベルトルト)
→進撃の巨人(アニ)
→進撃の巨人(ジャン)
→進撃の巨人(コニー)
→進撃の巨人(サシャ)
→進撃の巨人(クリスタ)
→進撃の巨人(ユミル)
→進撃の巨人(ピクシス)
→進撃の巨人(ハンネス)
→進撃の巨人(リコ)
→進撃の巨人(ペトラ)
→進撃の巨人(ガビ&ファルコ)
→進撃の巨人(ジーク&ピーク)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました