「進撃の巨人」9~11話の名言・台詞まとめました

アニメ「進撃の巨人」9~11話の名言・台詞をまとめていきます。

進撃の巨人

→進撃の巨人1話はこちらより

9話

「みんなの羨望の眼差しも、あなた(リヴァイ)の潔癖すぎる性格を知れば幻滅するだろうね」(ハンジ・ゾエ)

 

「あの外に、巨人たちが……今回はどんな巨人に会えるかな!? 奇行種なんかいたりしたら、もう最高なんだけどな~!」(ハンジ)

「奇行種ならここに一匹いるがな」(リヴァイ)

 

「そろいもそろって、おもしれえ面しやがって!」(リヴァイ)

 

「大人しくしてろ! そうしないとお前の肉を、綺麗にそげねえだろうが」(リヴァイ)

 

「お前は十分に活躍した。そして、これからもだ。お前の残した意思が、俺に力を与える。約束しよう、俺は必ず、巨人を絶滅させる!」(リヴァイ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「最後まで聞いたのか、こいつは?」(リヴァイ)
「ええ、きっと聞こえてましたよ。だって、安心したように眠っている……」(ペトラ・ラル)

 

「退却……まだ限界まで進んでねえぞ。俺の部下は犬死か!?」(リヴァイ)

 

「どうしてこうなる? どうして……俺達は奪われる? 命も……夢も……どうして!?」(エレン・イェーガー)

 

「何言ってんだ、みんなは? あの剣は、俺達に向けられてるのか? そいつは巨人を倒すための武器だろうが? 何でそんな目で俺を見る? これは、何なんだ!?」(エレン)

 

「俺達には、守秘義務が課せられた、言えない」
「もっとも、隠し通せるような話じゃねえ。すぐに、人類全体に知れ渡るだろう。それまでに、人類があればな」(ジャン・キルシュタイン)

 

「無事だ! 強い子達だ、それぞれが生き抜く術を持っている」
「1人は高い戦闘技術、1人は強靭な精神力、そしてもう1人はとても賢い頭を持っている。無事だ、必ず生きている!」(ハンネス)

 

「確かに、彼らの反抗的な態度は明らかです。かといって有益な情報を引き出せそうにも無い。おっしゃる通り、兵と時間の無駄遣いです」(リコ・ブレツェンスカ)

 

「私の特技は、肉を、削ぎ落とすことです。必要に迫られればいつでも披露します。私の特技を体験したい方がいれば、どうぞ一番先に近づいて来て下さい」(ミカサ・アッカーマン)

 

「ミカサ、人と戦ってどうする!? この狭い壁の中で、どこに逃げようっていうんだ!」(アルミン・アルレルト)
「どこの誰が相手であろうと、エレンが殺されるのは阻止する。これ以外に理由は必要ない!」(ミカサ)

 

「話し合うんだよ! 誰にも、何も状況が分からないから、恐怖だけが伝染しているんだ!」(アルミン)

 

「とにかく、答えを間違えるな。死ぬのは、俺だけじゃない。そうだ、俺は昔から、お前らと同じ……人間です!!!」(エレン)

 

「ミカサやアルミン、みんなを救いたいなら、お前はこの力を、支配しなくてはならない!」(グリシャ・イェーガー)

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

10話

「エレンが私達を守った、今はそれだけ理解できればいい」(ミカサ)

 

「こんなもん見せた後で会話できる自信は俺には無い。ただ、一つだけ思い出した。地下室だ、俺ん家の地下室。そこに行けば全て分かるって親父が言ってた」

「俺がこうなっちまった原因も親父だ。地下室に行けば恐らく、巨人の正体も分かるんだ!」(エレン)

 

「エレン、今は他にすべきことがある」(ミカサ)

 

「エレン、私も行く」
「私が追いつけなければ私に構う必要は無い。ただし、私が従う必要も無い」(ミカサ)

 

「今の所、駐屯兵団が白兵戦を仕掛けてくる気配は無い。そんな気配があれば、ミカサが野良猫よりも早く察知しているだろう」(アルミン)

 

「結局僕は最後まで、臆病者以外の何かにはなれなかった。僕は何度も2人に助けられたけど、僕が2人を助けたこと、とうとう一度も無いままだ」

「これでどうやって、対等な友人と言えるだろうか? どうやって、僕も一緒に行くなんてことが言えるんだ? 着いていける自信も無いのに……」(アルミン)

 

「無茶をいうが、アルミンがもしここで、俺は驚異じゃないってことを駐屯兵団に説得できると言うなら、俺はお前を信じてそれに従う」

「これが二つ目の考えだ。お前が出来ないと言えば、さっきの最終手段に出る」(エレン)

 

「お前ってヤバイ時ほど、どの行動が正解か当てることが出来ただろ。それに頼りたいと思ったからだ」(エレン)

 

「僕が勝手に、思い込んでただけだ。勝手に、自分は無力で、足手まといだと……2人はそんなこと、思って無かったのに」(アルミン)

 
スポンサーリンク
→アフィリエイトを始めるならA8.net
→アニメ好き異性との出会い【ヲタ婚】

 

「僕に命を預けると言っている2人は、僕がこの世で、もっとも信頼している人間だ。これ以上の説得力が、どこにある!」

「必ず説得してみせる。2人は極力、抵抗の意思が無いことを示してくれ」(アルミン)

 

「エレンが巨人になって戦っていた時から、ずっと引っ掛かってたことがある。まだ考えがまとまってないけどやってやる。喋りながらでも考えろ!」(アルミン)

 

「証拠は必要ありません!」
「そもそも我々が、彼をどう認識するかは問題では無いのです!」

「大勢の者が、彼を見たと聞きました。ならば彼が、巨人と戦う姿も見たはずです。周囲の巨人が、彼に群がって行く姿も」

「つまり巨人は、彼のことを我々人類と同じ、捕食対象として認識しました。我々がいくら知恵を絞ろうとも、この事実だけは動きません!」(アルミン)

 

「ダメだ……考えること放棄してる、考えることが怖いんだ」(アルミン)

 

「私はとうに、人類復興のためなら心臓を捧げると誓った兵士! その信念に従った末に、命が果てるのなら本望!」

「彼の持つ巨人の力と、残存する兵力が組み合わされば、この街の奪還も、不可能ではありません!!」
「人類の栄光を願い、これから死にゆくせめてもの間に、彼の戦術価値を、説きます!」(アルミン)

 

「よさんか。相変わらず図体の割には子鹿のように繊細な男じゃ」
「お前にはあの者の見事な敬礼が見えんのか?」(ドット・ピクシス)

 

「やはり見当たらんか。超絶美女の巨人になら、食われてもいいんだがの~」(ピクシス)

 

「さあ。司令のお考えは、常に常人の理解の外にありますから」(リコ)

 

「お主自身が確証を得られん以上はとりあえず、頭に入れておくと言った所かの。しかし、物事の真意を見極める程度のことは出来るつもりじゃ」

「お主らの命は、わしが保障しよう」(ピクシス)

 

「助かりたい一心、何より信用できる言葉だ」(ピクシス)

 

「お主はやるのかやらんのか、どっちだ!?」(ピクシス)
「やります……やります。穴を塞げるかどうかは分かりません。でも、やります!」(エレン)

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

11話

「ピクシス司令は、今の俺達に見えないものを見ようとしているんだろう」
「敵は、巨人だけじゃない」(エレン)

 

「時は一刻を争う。活躍してもらうぞ、若き兵士達よ」(ピクシス)

 

「ここを去って、どこに行くんすか?」(ジャン)

 

「巨人に地上を支配される前、人類は種族や理の違う者同士で、果てのない殺し合いを続けていたと言われておる」

「その時に誰かが言ったそうな。もし人類以外の強大な敵が現れたら、人類は一丸となり、争いを止めるだろうと。お主はどう思うかの?」(ピクシス)

「そんな言い伝えがあるんですか? それは、随分と呑気ですね、あくびが出ます」(エレン)

 

「その強大な敵に、ここまで追い詰められた今でも、一つになったとは言い難い状況だとは思いますので」(エレン)

「ああ、そろそろ一つにならんとな。戦うことも難しいじゃろうて」(ピクシス)

 

「なあ、今司令が何言ってんのか分かんなかったが、それは俺がバカだからじゃねえよな!?」(コニー・スプリンガー)

 

「儂が命ずる! 今この場から去る者の罪を、免除する」
「一度巨人の恐怖に屈した者は、二度と巨人に立ち向かえん。巨人の恐ろしさを知った者は、ここから去るがいい」

「そして、その巨人の恐ろしさを、自分の親や兄弟、愛する者に味あわせたい者も、ここから去るがいい!」(ピクシス)

 

「儂を含め、人類全てに罪がある!」

「人類が滅ぶのなら、それは巨人に食いつくされるのが原因では無い。人間同士の殺し合いで滅ぶ。我々はここより奥の壁で死んではならん。どうかここで……ここで死んでくれ!」(ピクシス)

 

「あの巨人の力で、岩を持ち上げられるかどうかは分からない。でも、俺の役割は理解している。偽物かもしれないけど、それでも……成功させなければならない」

「俺は、ならなきゃいけないんだ。みんなの、希望に」(エレン)

 

「困ったの、お主らそんなに巨人に負けるのが好きか?」

「儂は嫌いじゃぞ、儂は負けることが何よりも嫌いじゃ。だがあに図らんや、生まれてこのかた負け続けておる」

「儂は巨人に勝ちたい。あの木偶の坊どもに、何としても勝ちたいんじゃ!」(ピクシス)

 

「ならば彼に賭けるしかなかろう。おぬしらの言う恐ろしく曖昧な根拠だけが、巨人に勝ちうる唯一の可能性なんじゃからな」(ピクシス)

 

「お主らは駐屯兵団の中でも、精鋭中の精鋭じゃ。人類の命運は託したぞ」(ピクシス)

 

「案ずるな、お主は酒の味が分かる」
「美酒も悪酒も、どちらの味もの。任せたぞ!」(ピクシス)

 

「ままごとやってんじゃないぞ、イェーガー」(リコ)

 

「一つ言っておくぞ、イェーガー。この作戦で、決して少なくは無い数の兵が、死ぬことになるだろう、あんたのためにな」

「それは私達の同僚や、先輩や、後輩の兵士達だ。当然兵士である以上、死は覚悟の上だ。だがな、彼らは物言わぬ駒じゃ無い」(リコ)

 

「彼等には名前があり、家族があり、その分だけの思いがある」

「みんな、血の通った人間だ。訓練兵時代から同じ釜の飯を食っている奴もいる。そんな彼等の多くが今日、あんたのために死ぬことになるだろう」

「あんたには、彼等の死を犬死にはさせてはいけない責任がある、何があろうとな。そのことを、甘えた心に刻め。そして、死ぬ気で責任を果たせ」(リコ)

 

「巨人が出現して以来、人類が巨人に勝ったことは一度も無い。巨人が進んだ分だけ、人類は後退を繰り返し、領土を奪われ続けてきた」

「しかし、この作戦が成功した時、人類は初めて、巨人から領土を奪い返すことに成功する」
「その時が、人類が初めて、巨人に勝利する瞬間であろう」

「それは、これまで人類が奪われてきたものに比べれば、たとえようも無く小さなものかもしれん。しかし、その一歩は、我々人類にとっての、大きな進撃になる」(ピクシス)

 

「人間の比率で考えれば、あの岩を持ち上げられるとは思わないけど、きっとエレンには、私達を導く強い力がある」(ミカサ)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

→進撃の巨人(1~5話)
→進撃の巨人(6~8話)
→進撃の巨人(12~15話)
→進撃の巨人(16~18話)
→進撃の巨人(19~21話)
→進撃の巨人(22~25話)
→進撃の巨人(2期)
→進撃の巨人(3期)
→進撃の巨人(4期)
→進撃の巨人(エレン)
→進撃の巨人(ミカサ)
→進撃の巨人(アルミン)
→進撃の巨人(リヴァイ)
→進撃の巨人(エルヴィン)
→進撃の巨人(ハンジ)
→進撃の巨人(ライナー)
→進撃の巨人(ベルトルト)
→進撃の巨人(アニ)
→進撃の巨人(ジャン)
→進撃の巨人(コニー)
→進撃の巨人(サシャ)
→進撃の巨人(クリスタ)
→進撃の巨人(ユミル)
→進撃の巨人(ピクシス)
→進撃の巨人(ハンネス)
→進撃の巨人(リコ)
→進撃の巨人(ペトラ)
→進撃の巨人(ガビ&ファルコ)
→進撃の巨人(ジーク&ピーク)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました