「チェンソーマン」の名言・台詞まとめました

マンガ「チェンソーマン」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
チェンソーマン 1-10巻セット (コミック)

チェンソーマン 1巻

「悪魔を一体殺せば、だいたい30万。やっぱデビルハンターが一番儲かるな」(デンジ)

 

「この間聞いたんだけどさ。普通食パンにゃジャム塗って食うらしいぜ。まーオレたちゃ普通なんて夢の話だけどな。死ぬまで借金返し終わる気しねーし」(デンジ)

 

「俺の血はタダじゃねえ……これは契約だ……」
「お前を助けてやるから……俺を助けろ。やっぱ俺も死にたくねえ……」(デンジ)

 

「普通の生活を夢に見るだけでよかったのに、んな事も叶えられねぇのかよ」(デンジ)

 

「悪魔には……死んだ人の体を乗っ取れるヤツもいるらしい。ポチタにそれができるんだったら……俺の体をポチタにあげてーんだ……」

「墓入った後だったらヤクザも追ってこないだろ。そんでこの町を出て……そんで……うん……普通の暮らしをして、普通の死に方をしてほしい」

「俺の夢を叶えてくれよ」(デンジ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「私は……デンジの夢の話を聞くのが好きだった。……これは契約だ。私の心臓をやる、かわりに……デンジの夢を私に見せてくれ」(ポチタ)

 

「なんでコイツらは十分恵まれてんのに、もっといい生活を望んだ? ……俺も同じか。ポチタがいりゃあそれでよかったのに、もっといい生活を夢に見たんだ」

「そーか、みんな夢見ちまうんだなぁ、じゃあ悪い事じゃねえ。悪い事じゃねえけど……俺達の邪魔ァすんなら、死ね!」

 

「私はゾンビの悪魔を殺しに来た、公安のデビルハンターなんだ」
「キミの選択肢は二つ。悪魔として私に殺されるか、人として私に飼われるか。飼うならちゃんと餌はあげるよ」(マキマ)

 

「餌って……朝メシはどんなの?」(デンジ)
「う~ん……食パンにバターとジャム塗って……サラダ・コーヒー、あと……デザートかな……」(マキマ)

「最高じゃあないっすか……」(デンジ)

 

「忘れたの? キミは私に飼われてるんだよ。返事は『はい』か『ワン』だけ。いいえなんて言う犬はいらない」(マキマ)

 

「俺は軽~い気持ちでデビルハンターなったけどよぉ、この生活続ける為だったら死んでもいいぜ」(デンジ)

 

「デンジ君は特別なの。だから特別な対応で扱う事になりました」
「公安を辞職したり違反行動があった場合、デンジ君は悪魔として処分されます」

「死ぬまで一緒に働こうって事」(マキマ)

 

「(マキマさんは)いい人に決まってる……俺の命の恩人だ……」(早川アキ)

 

「全ての悪魔は名前を持って産まれてくる。その名前が恐れられているものほど、悪魔自身の力も増すという」

「デンジ君は『チェンソーの悪魔』になれる。面白いと思うけどな」(マキマ)

 

「目があった奴はすべて殺したからのお……悲鳴じゃない声を聞くのは不思議な感じじゃな……」(パワー)

 

「ポチタをもう撫でれんと言っとったな……ウヌの気持ちわかったぞ。酷い気分じゃな」(パワー)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
チェンソーマン 1-10巻セット (コミック)

 

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました