「メガロボクス」ジョーの名言まとめました

アニメ「メガロボクス」ジョーの名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→アマゾン Fire TV Stick(外部リンク)

メガロボクス

1話

「黙って服従すること。それは臆病者の道だ! 留まるか、抗うか?」
「自分は今、何をしてる?」
「ここに留まるか、ここから抗うか? 俺はまだ、どっちもしちゃいない!」

 

「裸じゃ出来ねえだろう、メガロボクスはよ!」

 

「へ、何が本物だ! くだらねえ。なに期待してんだ! 俺は……」

 

「だったら教えてくれよ! ただの殴り合いじゃねぇ、本物のメガロボクスってやつをよ」

 

「悪ぃな、状況の急激な変化ってやつだ。おっさん、前に言ったよな。俺の実力は本物だってよ。ハッタリだってことは知ってるよ」

「けど信じてみてえんだよ。信じた自分ってやつをよ!」

 

「野良犬にそんなもん、ねえよ!」

2話

「へー、さすがチャンピオン、気前がいいや。吐いたツバ、飲むんじゃねえぞ!」

 

「ヘヘッ、死んだってかまわねえ! こんなおもしれえこと、途中で止められっかよ!」

 

「左手一本じゃ、あんた今頃おねんねしてたぜ!」

 

「こんなもんかよ! 本物のメガロボクスってのは。大したことねえな、野良犬一匹殺せねえんだからよ! 続きをやろうぜ、俺はまだ終わってねえ!」

 

「もう出来ねえな、あんなの見せられちまったらよ!」

 

「戦うのはおっさんじゃねえ、俺だ!」

 

「勝ちゃいいんだろ。俺はもう負けねえよ。勇利とやるまで絶対な!」

 

3話

「行きたきゃ自分で行けよ。何も出来ねえガキのおもりするほど、俺達は暇じゃねえんだよ」

 

「勝負を决めるのはギアじゃねえ! 一流トレーナーなんだろ。最終ラウンド、どう攻める?」

 

4話

「割に合わねえなぁ。俺たちが狙うのはメガロニアじゃねえ、そのてっぺんだ! それなりじゃ足りねえよ。賭けるなら、全部だ!」

 

「冗談じゃねえ。こんなの生まれて初めてだ。興奮で震えてやがる!」

5話

「俺はやるぜ! 俺たちはメガロニアに行く。そうだろ?」

 

「俺もそう思う。でもオッサンのあのハッタリ、俺嫌いじゃねえよ。オッサンは俺を信じてくれた。だから俺もオッサンを信じる。シンプルな話じゃねえか」

 

「オッサンにはオッサンの生き方があるし、俺には俺の生き方がある。誰かのせいにしても、結局决めるのはてめえだ!」

俺を壊してえんだろ、やってみろよ。そう簡単にはいかねえけどな!」

 

「オッサン、俺がまだ勝てねえと思ってるのか? 前のオッサンなら例え嘘でも、その場しのぎでも勝てるって言うぜ!」

「ずいぶん変わったよな? 地下にいた頃は俺の心配なんてしたことなかったくせによ」

 

6話

「どこ見てんだよ! 倒さなきゃいけねえ相手は俺だろうが!」

 

「俺達の賭けに途中下車なんかねえ、だろ? 俺は行くとこまで行く。邪魔するなら一人で降りろ! それが出来ねえなら、黙って最後まで見届けてくれ」

 

「付け焼き刃は通用しねえって言ったのはオッサンだぜ!」

 

「確かに今までの相手とは比較にならねえ。けど、やつは俺と同じ勝つためにリングに立ってる。だったら逃げる訳にはいかねえだろ!」

 

「勘違いすんなよオッサン。あんたらの過去なんか知ったこっちゃねえ。俺は目の前のアイツをぶっ倒すだけだ!」

 

「いいのかよ、俺が勝っちまっても?」

 

7話

「心配いらねえよ! こんなのただのアザじゃねえか!」

 

「それだけじゃねえってところ見せてやるよ! いいからちょっと、かまえてくれよ!」

 

8話

「確かに終わっちゃいなかったよ! あんたがあの時、俺を止めなきゃな! 忘れちまったのかよ! 俺たちがなんでここまで来たのかをよ!」

 

「あいつは、ビビった訳じゃねえよ! あの時の樹生は、戦うまでもねえ、はなから相手になんかしちゃいねえって、そんな目で俺を見てた。おんなじだ! 簡単にはいかねえさ」

 

「まだだ! まだ終わっちゃいねえだろ! 俺とそいつで、もう一度リングの上で決着を付けさせてくれ!」

 

「いいのかよ! これがあんたの本物なのかよ!」

9話

「どうした! 本物のパンチは、こんなもんじゃ無かったぜ!」

 

「ジョーだ! 俺はジョーだ!!」

 

「この目じゃもう、何にも見えやしねえ。最後の一発、奴が何を打って来るか、おっさんが決めてくれ!」

 

「考えた訳じゃねえ。体が勝手に動いちまっただけだ。あんたもそうだろ!」

 

「よぉ、チャンピオン! 約束通り来てやったぜ、あんたのリングに!」

 

10話

「てめえのことを思ってだろ! あんたらしいよな。本当のことなんか、何一つねえ。何もかもハッタリだ。信じた俺がバカだったよ!」

 

「最初は名を売るための、ただのハッタリだった。でも今はそうじゃねぇ。リングに上がるたび、こいつにてめえの命を賭けるんだ」

「死ぬほどおっかねえけど、そいつがたまらなくおもしれぇんだよ!」

 

「俺はあんたと、かけね無しの試合がしてえんだ。あんたとだったら、どこまでも行けそうな気がしてよ!」

 

11話

「終われねぇよなぁ。こんな所じゃよ!」

 

12話

「まだだ、全然足りねえ! そんなんじゃねえ。やっとやれんだ、勇利と。張り切るなって方が無理な話だろ!」

 

「いいのかよ? 倒しちまうぜ、チャンピオンを」

 

13話

「ギアレスの気分はどうだい?」

 

「向こうのペースに付き合ってやったが、そろそろこっちもエンジンかけねぇとな」

 

「自分は今、何をしてる? 俺は……最高の瞬間を生きてる!」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
メガロボクス Blu-ray BOX 1

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました