「違国日記」の名言・台詞まとめました

マンガ「違国日記」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
違国日記 1-6巻セット (コミック)

違国日記 1巻

「あの日、あのひとは群をはぐれた狼のような目で、わたしの天涯孤独の運命を退けた」(田汲朝)

 

「だってわたしたちも言っても○○腐ってくる年じゃないですかー! いや喩えですけど女として死んでくるっていうか!!」(醍醐奈々)

「『死んでくる』ね……」(高代槙生)

 

「おはよう、おかえり」
「槙生ちゃん、仕事入り込んでるときちがう国にいるもん」(朝)

 

「槙生ちゃんの叩くキーボードの音。たまに迷うように止まって、たまに殺すようにたぶん消去を連打する。紙をめくる音と深いため息」

「おざなりに消された電気と、あけっぱなしのカーテンから入る遠くのコンビニの明るさ。枕元の本の山の隙間で眠る、わたしの好きな夜」

「ちがう国の女王の王座のかたすみで眠る」(朝)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「……そうか、べつにへんじゃない。悲しくなるときがきたらそのとき悲しめばいい……」(槙生)

 

「日記を……つけはじめるといいかも知れない」

「この先、誰があなたに何を言って……誰が何を言わなかったか。あなたが今……何を感じて、何を感じないのか」

「たとえ二度と開かなくても、いつか悲しくなったとき、それがあなたの灯台になる」(槙生)

 

「日記なんてアサガオや夏休みのしかやったことがないと言ったら、『アサガオの観察日記なんか、大人になってからやった方が楽しいに決まってる』と彼女は言った」(朝)

 

「あなたは、15歳の子供は、こんな醜悪な場にふさわしくない。少なくともわたしはそれを知っている。もっと美しいものを受けるに値する」(槙生)

 

「わたしは大体不機嫌だし、あなたを愛せるかどうかはわからない。でも、わたしは決してあなたを踏みにじらない」

「それでよければ明日も明後日も、ずっとうちに帰ってきなさい。たらいまわしはなしだ」(槙生)

 

「日記は、今書きたいことを書けばいい。書きたくないことは書かなくていい。ほんとうのことを書く必要もない」

「別に誰にも怒られないし、書いていて苦しいことをわざわざ書くことはない」(槙生)

 

「なんか書こうと思ったんだけど……なんか」
「ほつーん・ぽかーんとしちゃって、何を書きたかったのか……」(朝)

「……うん……わかるよ。『ぽつーん』は、きっと『孤独』だね」(槙生)

 

「『元気?』『大丈夫?』『どうなった?』。……いかにも心配そうに聞くのも、なんでもないふうに連絡するのも難しい」

「『最近どう?』って……その全部をがんばって詰め込んでくれたみたいな……そんな感じがする」(槙生)

 

「……きみさ、人生かわるね。エポックだ、尊敬するよ」(奈々)

 

「あんま売れてないんだよね、これ。かわいそうだけど」
「せっかくいるのに書かれないキャラクターが……」(槙生)

 

「怖いよ今、人生最大級に怖い」
「15歳みたいな柔らかい年頃、きっとわたしのうかつな一言で人生が変えられてしまう」(槙生)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
違国日記 1-6巻セット (コミック)

 

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました