「ログ・ホライズン 円卓崩壊(3期)」の名言・台詞まとめました

アニメ「ログ・ホライズン 円卓崩壊(3期)」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
ログ・ホライズン 1-11巻セット (単行本)

ログ・ホライズン 円卓崩壊(3期)

1話

「始めからこうなることは分かっていた。限界なんだ、役目は終わった」
「円卓会議は、もうお終いなんだ」(シロエ)

 

「伊達にマイハマに忍んでいたのではない。これも女子力の一つだ」(アカツキ)

 

「我が母ながら、有能すぎて困ってしまう。比べられるこちらの身にもなって欲しいものです」(レイネシア=エルアルテ=コーウェン)

 

「姫様は、あの性悪の操るグリフォンに乗った時、もう自由に戦える人になってしまったんです」(エリッサ)

 

「街で見たのだ。何かお知らせなのか? おでこが『んー』ってなってた。主君と同じだ」(アカツキ)

 

「(断るなんて)そんなこと出来ません」
「そう、幼い頃から教わって来ましたから」(レイネシア)

 

「べ……別に主君は怖くない。優しいし、グリフォンに乗せてくれるし……おーつきあいなど、していない」(アカツキ)

 

「全部捨てて戦いの中で消えるような、何もかもどうでもいいみたいな、そんな顔でもしてらっしゃるのでしょう、あの妖怪眼鏡は」

「それをひっぱたけないのは、少し残念です」(レイネシア)

 

「円卓会議は自治組織ですが、統治組織ではなく、その活動は、参加者の善意に基づくものです」

「僕達はこの街にいる全ての冒険者、さらには大地人の意思を代行するために、この場に集っているはずです。クラスティさんは、代表とはいえ、大統領ではありません」

「また、いないからといって、僕達の使命に代わりはありません」(シロエ)

 

2話

「私は、茶会の時から何も変わっていないわ。目的は頂点に立つこと。変わったのはルールの方よ」(秧鶏)

 

「誠意ってのはな、見せるためには速さがいるんだよ」(アイザック)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ログ・ホライズン 1-11巻セット (単行本)

 

→ログ・ホライズン
→ログ・ホライズン(2期)
→ログ・ホライズン(シロエ)
→ログ・ホライズン(直継)
→ログ・ホライズン(アカツキ)
→ログ・ホライズン(にゃん太)
→ログ・ホライズン(ミノリ&トウヤ)
→ログ・ホライズン(ルンデルハウス&五十鈴)
→ログ・ホライズン(クラスティ&レイネシア)
→ログ・ホライズン(カナミ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました