「はたらく細胞BLACK」1~8話の名言・台詞まとめました

アニメ「はたらく細胞BLACK」1~8話の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
はたらく細胞BLACK 1-7巻セット (コミック)

はたらく細胞BLACK

→はたらく細胞BLACK(9~13話)

1話

「働いても……働いても、働いても、何も変わらない。僕達は、いったい何のために働いているんですか!?」(赤血球)
「それでも、働くんだ。仕事がある限り」(白血球)

 

「研修なんかしてる暇ねえ、働きなかが覚えろ。この体には人手も時間も足りてない、急げ」
「ここにあるのは果てしない労働だけだ。赤血球になった以上、酸素を運んで運んで運びまくれ!」(先輩赤血球)

 

「この時から始まったんだ。この体での、ブラックな労働が!」(赤血球)

 

「挨拶なんかいいからどけ! ぼさっと生きてんじゃねえ!」(血小板)

 

「知らねえよ! 現場に出たら、新人もベテランも関係ねえんだ!!」(主細胞)

 

「この体の状況は、あれを撮影した時とは比べ物にならないくらい悪化してんだ。あん時みたいな余裕は少しもねえ」

「疲労もたまってる上に、睡眠も足りてねえ。その上、暴飲暴食ときてらぁ。俺等がどんなに働いても、悪くなる一方だ」(主細胞)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「ストレスのせいだな。生命維持を優先させるために、末端への血流が減ってる。この体も昔はこんなんじゃ無かったんだからな」(ベテラン赤血球)

 

「簡単なことさ、感情を殺せばいい」
「休みたい、楽したい、そんなことを期待するからつらくなる。感情を全部殺せば、笑顔でいられる」(ベテラン赤血球)

 

「遅くなってすまない。あっちこっちで細菌が繁殖してて、こっちも大忙しなんだ」(白血球)

 

「一生かけて20万から30万回、毎日同じ道を循環して、全身に酸素を届けるんだ。これは命令じゃねえ、俺達にはそれしか出来ねえんだ!」(ベテラン赤血球)

 

「僕達の仕事は、命を賭けてまでやるものなんでしょうか?」(赤血球)
「その答えを見つけるために、働いているのかもな?」(白血球)

 

2話

「もっと殺さなきゃ、もっと……」
「あら、赤血球さんなのね。細菌かと思っちゃた、ごめんあそばせ」(マクロファージ)

 

「惜しい! 眼鏡はポイント高いけど、線細い」(白血球、8787)
「それな! もうちょいマッチョ要素欲しいよな!」(白血球、1212)

 

「大事な酸素だろ。死んでも手放すな」(白血球)

 

「初めてか、新米?」
「ディープな肝臓の楽しみ方教えてやるよ」(ベテラン赤血球)

 

「乾杯なんか出来る気分じゃないでしょう」
「こんな酵素で消せるもんなんですか、僕達の苦しみは!?」(赤血球)

 

「ごめんなさい。最近、アルコールの量が多く」
「大丈夫。他の肝細胞も、アセトアルデヒドの毒素にやられてるけど、頑張ってる」(肝細胞)

 

「長えこといろんな細胞見てきたが、この世界に楽な仕事なんて一つもねえ」(ベテラン赤血球)

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

3話

「今日は戦だな。頑張れよ、新米」(白血球)

 

「経験の有無なんて大したことじゃない」
「大事なのは、目の前の仕事にどう向き合うか?」(白血球)

 

「新しい命を守るためなら、その命をかけるのは悪くない、と私は思う」
「もちろんそれが答えの全てでは無いが」(白血球)

 

「仕方ないことだ。この世界には、無駄に思えてもやらなきゃならない仕事もある」(先輩赤血球)

 

4話

「ならばその命、私に預けよ!」
「これはこの世界のための崇高な戦いだ。自らの命を惜しまず、一匹残らず敵を殲滅するのだ!」(白血球、上司)

 

「上は分かっちゃいない、現場のことなんて」(白血球、隊長)

 

「正直に言おう。この戦いは、負け戦だ」

「だが、無駄死にはするな。生き残ることで、この世界のために出来ることもある。勇敢に戦うのは当然、だが迷った時は、生き残る可能性の高い選択をして欲しい」(白血球、隊長)

 

「菌を退治するのが白血球さんの仕事なら、細胞に酸素を届けるのが、赤血球の仕事。どんな状況でも、自分の責任を果たすんだ」(赤血球)

 

「進むつもりなら覚悟して。これより奥、○○深動脈は、地獄よ」(マクロファージ)

 

「汚くなんか無い……」

「膿は白血球さん達が命がけで戦った証だ。周りから怖がられても、文句をつけられても、弱音なんか一切吐かないで、この世界のため、僕たち細胞のために白血球さんが戦った証だ」

「それが汚い訳ないだろ!」(赤血球)

 

「僕は酸素を運ぶ! 白血球さんのように、命がけで酸素を届けるんだ!」(赤血球)

 

「仕事とはそういうものだ。お前達が酸素を運ぶように、私達は細菌を退治する。互いに肩代わりすることなど出来ない。だからこそ誇りが持てる」(白血球)

 

「命がけの仕事。いつかそれが、報われる日が来るのだろうか?」(赤血球)

 
スポンサーリンク
→アフィリエイトを始めるならA8.net
→アニメ好き異性との出会い【ヲタ婚】

5話

「この世界に住む細胞たち、そして戦いを挑んでくる愚かなウイルス達に、今こそ見せつけろ! 我々、T細胞こそが最強であるということを。働けぇ!!」(ヘルパーT細胞)

 

「最近、ちょっとだけ自分の仕事に、自信が持て始めたような感じで」(赤血球)

 

「そう言えば、この前は世話になったな」
「お前の言葉には救われたよ」(白血球)

 

「何を言われようと、この世界が平和ならそれでいい。その平和のために、私は私の出来ることをやるだけさ」(白血球)

 

「キラーT細胞が怖い顔なのは元からだよ」
「他の細胞のことはいいから働け!」(血小板)

 

「この体の中で働きすぎじゃない細胞なんて、どこにもいねえだろ?」(赤血球、1677)

 

「こんな時だからこそだよ! 放っておいたら、毛が全部抜けてしまう。毛根に酸素を運んで、活性化させる! それがこの世界の平和のために、僕達が今できることだ!!」(赤血球)

 

「キラーT細胞さんも、自分の仕事をやり遂げてるだけなんだ。この世界のため、みんなのため、それなのに、何でこんなことに?」(赤血球)

 

「キラーT細胞さん。もういいんです……もう、働かなくていいんです」
「あなたは十分働きました、この世界を守るために。あなたを責める人は、どこにもいません」(赤血球)

 

「僕は、必死に頑張って仕事をすれば、この劣悪でブラックな環境も、よくなると信じてた」
「けど、本当にそうなのだろうか?」(赤血球)

 

6話

「暴飲暴食、睡眠不足……この体はいつ血管が詰まって、何かが起こってもおかしくない状態です。おまけに最近は、シュウ酸が増えてきて、そのせいであ、あれが……」(糸球体)

 

「だけど、数違い過ぎるんですけど?」(白血球、1212)
「淋菌との戦いで、かなりやられちゃたからね」(白血球、8787)

 

「これ以上……彼女達を追い詰めないで下さい」
「少しくらい……少しくらい、弱音を吐いたっていいじゃないですか!? 彼女達の声を聞いてあげて下さい!」(赤血球)

 

「ババ様は厳しいけど、私達に一から仕事を教えてくれ、みんな本当に感謝しています。その厳しさが、私達のためだってことも、よく分かっているつもりです」

「だから、文句も愚痴も言うつもりなんてありません。それでも……それでも、泣きたい時もあります」(糸球体)

 

「ほんの一時だけでも、おもいきり泣きなよ。お婆さんのためにも」(赤血球)

 

「改めて、思い知らされた。つらくたって、弱音を吐いたって、どうにもならない。それが、ブラックな環境なんだ。それでも、僕は……」(赤血球)

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

7話

「それは誤解だと思います。僕達が運んでいるのは、間違いなく酸素です。酸素が活性酸素になってしまう理由のほとんどは、体内環境によるものだって聞いてます」

「みなさんが不安なのも分かりますけど、誰かを責めるより、細胞同士、この世界のために助け合っていきませんか?」(赤血球)

 

「(調子がいいのは)カフェインとアルギニンのおかげだよ。最近よく降ってるだろ」(赤血球、1677)

「確かに、あれのおかげで疲れも減るし、仕事の効率はよくなったけど……効果が無くなるとちょっとだけ体がダルくなるっているか……」(赤血球)

 

「いいのかな? 働いても疲れないなんて、確かに凄いことだけどさ」
「そんなうまい話があるのかなって? どこかに落とし穴が……」(赤血球)

 

「諦めるな! 生きてる価値の無い細胞なんていない!」

「少なくとも僕は、君がいたから……君がいたから負けないように頑張ろうと思った。君がいたから、逃げずに立ち向かえたことだって、何度もあるんだ」(赤血球)

 

「赤血球が1人で出来ることは限られてる。だから僕には、君が必要なんだ。君という、大切な仲間が!」(赤血球)

 

「ふざけんなよ……いつもそうやって正しいことばっかり言いやがって……お前のせいで……お前のせいで……もうちょっと生きたくなっちまってるじゃねえか!?」(赤血球、1677)

 

「青春気取ってんじゃねえ! 作業の邪魔だ、とっととどけ!」(血小板)

 

「仲間、大切にしろよ」(血小板)

 

「今の俺に必要なのは、カフェインでもアルギニンでもないっすよ」
「それは、恥ずかしくて言えないっす」(赤血球、1677)

 

8話

「気づいてないのか? この体は丸2日、睡眠を取っていない。しかも同じ態勢のまま」
「やはり……」(白血球)

 

「復帰したはいいけど、前より喫煙の回数も増えて、酸素を運ぶどころじゃねえな」(赤血球、1677)

 

「ごめんなさい、こんな荒れ放題で……アルコールのせいで中性脂肪が増えて、肝臓の機能が弱っているの」(肝細胞)

 

「あの。別にあなた達がどういう働き方をしようと構いません。ただ、真面目に働こうとしている細胞の足を引っ張るのは、止めてもらえませんか!?」(赤血球)

 

「あれは、急に上がった血圧で煽られて、血栓が転がり出てきたんだ。もしあの血栓がどこか重要な血管に詰まりでもしたら、まずいことになる」(白血球)

 

「何か凄いの来ました!」(血小板たち)
「逃げんな、ボケ! ここは俺等が食い止め……ムリムリムリムリ!!」(血小板)

 

「これは他の誰でもない、お前達にしか出来ない仕事だ。この世界を頼む」(白血球)

 

「でも見て、酸素が行き渡ったおかげで……これは心地いい疲れってやつだね」(赤血球)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
はたらく細胞BLACK 1-7巻セット (コミック)

 

→はたらく細胞
→はたらく細胞!!(2期)
→はたらく細胞BLACK(9~13話)
→はたらく細胞(赤血球)
→はたらく細胞(白血球)
→はたらく細胞(血小板&マクロファージ)
→はたらく細胞(キラー&ヘルパーT細胞)
→はたらく細胞(好酸球&好塩基球)
→はたらく細胞(がん細胞)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました