「はたらく細胞BLACK」の名言・台詞まとめ

アニメ「はたらく細胞BLACK」の名言・台詞をまとめていきます。

はたらく細胞BLACK

1話

「働いても……働いても、働いても、何も変わらない。僕達は、いったい何のために働いているんですか!?」(赤血球)
「それでも、働くんだ。仕事がある限り」(白血球)

 

「研修なんかしてる暇ねえ、働きなかが覚えろ。この体には人手も時間も足りてない、急げ」
「ここにあるのは果てしない労働だけだ。赤血球になった以上、酸素を運んで運んで運びまくれ!」(先輩赤血球)

 

「この時から始まったんだ。この体での、ブラックな労働が!」(赤血球)

 

「挨拶なんかいいからどけ! ぼさっと生きてんじゃねえ!」(血小板)

 

「知らねえよ! 現場に出たら、新人もベテランも関係ねえんだ!!」(主細胞)

 

「この体の状況は、あれを撮影した時とは比べ物にならないくらい悪化してんだ。あん時みたいな余裕は少しもねえ」

「疲労もたまってる上に、睡眠も足りてねえ。その上、暴飲暴食ときてらぁ。俺等がどんなに働いても、悪くなる一方だ」(主細胞)

 

「ストレスのせいだな。生命維持を優先させるために、末端への血流が減ってる。この体も昔はこんなんじゃ無かったんだからな」(赤血球)

 

「簡単なことさ、感情を殺せばいい」
「休みたい、楽したい、そんなことを期待するからつらくなる。感情を全部殺せば、笑顔でいられる」(ベテラン赤血球)

 

「遅くなってすまない。あっちこっちで細菌が繁殖してて、こっちも大忙しなんだ」(白血球)

 

「一生かけて20万から30万回、毎日同じ道を循環して、全身に酸素を届けるんだ。これは命令じゃねえ、俺達にはそれしか出来ねえんだ!」(ベテラン赤血球)

 

「僕達の仕事は、命を賭けてまでやるものなんでしょうか?」(赤血球)
「その答えを見つけるために、働いているのかもな?」(白血球)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

2話

「もっと殺さなきゃ、もっと……」
「あら、赤血球さんなのね。細菌かと思っちゃた、ごめんあそばせ」(マクロファージ)

 

「大事な酸素だろ。死んでも手放すな」(白血球)

 

「乾杯なんか出来る気分じゃないでしょう」
「こんな酵素で消せるもんなんですか、僕達の苦しみは!?」(赤血球)

 

「ごめんなさい。最近、アルコールの量が多く」
「大丈夫。他の肝細胞も、アセトアルデヒドの毒素にやられてるけど、頑張ってる」(肝細胞)

 

「長えこといろんな細胞見てきたが、この世界に楽な仕事なんて一つもねえ」(ベテラン赤血球)

 

3話

「今日は戦だな。頑張れよ、新米」(白血球)

 

「経験の有無なんて大したことじゃない」
「大事なのは、目の前の仕事にどう向き合うか?」(白血球)

 

「新しい命を守るためなら、その命をかけるのは悪くない、と私は思う」
「もちろんそれが答えの全てでは無いが」(白血球)

 

「仕方ないことだ。この世界には、無駄に思えてもやらなきゃならない仕事もある」(先輩赤血球)

 

4話

「ならばその命、私に預けよ!」
「これはこの世界のための崇高な戦いだ。自らの命を惜しまず、一匹残らず敵を殲滅するのだ!」(白血球、上司)

 

「上は分かっちゃいない、現場のことなんて」(白血球、隊長)

 

「正直に言おう。この戦いは、負け戦だ」

「だが、無駄死にはするな。生き残ることで、この世界のために出来ることもある。勇敢に戦うのは当然、だが迷った時は、生き残る可能性の高い選択をして欲しい」(白血球、隊長)

 

「菌を退治するのが白血球さんの仕事なら、細胞に酸素を届けるのが、赤血球の仕事。どんな状況でも、自分の責任を果たすんだ」(赤血球)

 

「進むつもりなら覚悟して。これより奥、○○深動脈は、地獄よ」(マクロファージ)

 

「汚くなんか無い……」

「膿は白血球さん達が命がけで戦った証だ。周りから怖がられても、文句をつけられても、弱音なんか一切吐かないで、この世界のため、僕たち細胞のために白血球さんが戦った証だ」

「それが汚い訳ないだろ!」(赤血球)

 

「僕は酸素を運ぶ! 白血球さんのように、命がけで酸素を届けるんだ!」(赤血球)

 

「仕事とはそういうものだ。お前達が酸素を運ぶように、私達は細菌を退治する。互いに肩代わりすることなど出来ない。だからこそ誇りが持てる」(白血球)

 

「命がけの仕事。いつかそれが、報われる日が来るのだろうか?」(赤血球)

5話

「この世界に住む細胞たち、そして戦いを挑んでくる愚かなウイルス達に、今こそ見せつけろ! 我々、T細胞こそが最強であるということを。働けぇ!!」(ヘルパーT細胞)

 

「何を言われようと、この世界が平和ならそれでいい。その平和のために、私は私の出来ることをやるだけさ」(白血球)

 

「キラーT細胞が怖い顔なのは元からだよ」
「他の細胞のことはいいから働け!」(血小板)

 

「この体の中で働きすぎじゃない細胞なんて、どこにもいねえだろ?」(赤血球、1677)

 

「こんな時だからこそだよ! 放っておいたら、毛が全部抜けてしまう。毛根に酸素を運んで、活性化させる! それがこの世界の平和のために、僕達が今できることだ!!」(赤血球)

 

「キラーT細胞さんも、自分の仕事をやり遂げてるだけなんだ。この世界のため、みんなのため、それなのに、何でこんなことに?」(赤血球)

 

「キラーT細胞さん。もういいんです……もう、働かなくていいんです」
「あなたは十分働きました、この世界を守るために。あなたを責める人は、どこにもいません」(赤血球)

 

「僕は、必死に頑張って仕事をすれば、この劣悪でブラックな環境も、よくなると信じてた」
「けど、本当にそうなのだろうか?」(赤血球)

 

6話

「暴飲暴食、睡眠不足……この体はいつ血管が詰まって、何かが起こってもおかしくない状態です。おまけに最近は、シュウ酸が増えてきて、そのせいであ、あれが……」(糸球体)

 

「だけど、数違い過ぎるんですけど?」(白血球、1212)
「淋菌との戦いで、かなりやられちゃたからね」(白血球、8787)

 

「これ以上……彼女達を追い詰めないで下さい」
「少しくらい……少しくらい、弱音を吐いたっていいじゃないですか!? 彼女達の声を聞いてあげて下さい!」(赤血球)

 

「ババ様は厳しいけど、私達に一から仕事を教えてくれ、みんな本当に感謝しています。その厳しさが、私達のためだってことも、よく分かっているつもりです」

「だから、文句も愚痴も言うつもりなんてありません。それでも……それでも、泣きたい時もあります」(糸球体)

 

「ほんの一時だけでも、おもいきり泣きなよ。お婆さんのためにも」(赤血球)

 

「改めて、思い知らされた。つらくたって、弱音を吐いたって、どうにもならない。それが、ブラックな環境なんだ。それでも、僕は……」(赤血球)

7話

「それは誤解だと思います。僕達が運んでいるのは、間違いなく酸素です。酸素が活性酸素になってしまう理由のほとんどは、体内環境によるものだって聞いてます」

「みなさんが不安なのも分かりますけど、誰かを責めるより、細胞同士、この世界のために助け合っていきませんか?」(赤血球)

 

「(調子がいいのは)カフェインとアルギニンのおかげだよ。最近よく降ってるだろ」(赤血球、1677)

「確かに、あれのおかげで疲れも減るし、仕事の効率はよくなったけど……効果が無くなるとちょっとだけ体がダルくなるっているか……」(赤血球)

 

「いいのかな? 働いても疲れないなんて、確かに凄いことだけどさ」
「そんなうまい話があるのかなって? どこかに落とし穴が……」(赤血球)

 

「諦めるな! 生きてる価値の無い細胞なんていない!」

「少なくとも僕は、君がいたから……君がいたから負けないように頑張ろうと思った。君がいたから、逃げずに立ち向かえたことだって、何度もあるんだ」(赤血球)

 

「赤血球が1人で出来ることは限られてる。だから僕には、君が必要なんだ。君という、大切な仲間が!」(赤血球)

 

「ふざけんなよ……いつもそうやって正しいことばっかり言いやがって……お前のせいで……お前のせいで……もうちょっと生きたくなっちまってるじゃねえか!?」(赤血球、1677)

 

「青春気取ってんじゃねえ! 作業の邪魔だ、とっととどけ!」(血小板)

 

「仲間、大切にしろよ」(血小板)

 

「今の俺に必要なのは、カフェインでもアルギニンでもないっすよ」
「それは、恥ずかしくて言えないっす」(赤血球、1677)

 

8話

「気づいてないのか? この体は丸2日、睡眠を取っていない。しかも同じ態勢のまま」
「やはり……」(白血球)

 

「復帰したはいいけど、前より喫煙の回数も増えて、酸素を運ぶどころじゃねえな」(赤血球、1677)

 

「ごめんなさい、こんな荒れ放題で……アルコールのせいで中性脂肪が増えて、肝臓の機能が弱っているの」(肝細胞)

 

「あの。別にあなた達がどういう働き方をしようと構いません。ただ、真面目に働こうとしている細胞の足を引っ張るのは、止めてもらえませんか!?」(赤血球)

 

「あれは、急に上がった血圧で煽られて、血栓が転がり出てきたんだ。もしあの血栓がどこか重要な血管に詰まりでもしたら、まずいことになる」(白血球)

 

「何か凄いの来ました!」(血小板たち)
「逃げんな、ボケ! ここは俺等が食い止め……ムリムリムリムリ!!」(血小板)

 

「これは他の誰でもない、お前達にしか出来ない仕事だ。この世界を頼む」(白血球)

 

「でも見て、酸素が行き渡ったおかげで……これは心地いい疲れってやつだね」(赤血球)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

9話

「なんてことだ……白血球たちが、どこにもいない! この世界に、一体、何が起きている?」(白血球)

 

「数も一時期よりだいぶ減って、みんな元気が無いの」(セルトリ細胞)
「じゃあ、子孫を残すっていう目標は」(赤血球)
「それどころじゃないのよ、この体は……」(セルトリ細胞)

 

「どちらにせよ、白血球の数が足りなくなると、一気に免疫が低下する。今まで以上に、菌やウイルスには気をつけてくれ」(白血球)

 

「初めて見たかもしれない」
「白血球さんが、僕達の前であんな不安そうな顔するなんて」
「やっぱり、この体は……」(赤血球)

 

「お待たせっす!」(白血球、8787)
「足の裏めっちゃ遠くて!」(白血球、1212)
「(増援は)お前達! だけか……」(白血球)

 

「もうそのへんにしとけ」「今のお前は疲れてる」
「ダメだ! こんな無理をしてたら、お前の方が先にやられちまう!」(赤血球、1677)

 

「邪魔をするなよ! 僕には、僕のやり方があるんだ! ほっといてくれ!」(赤血球)
「お前は、俺をほっとかなかっただろ!?」(赤血球、1677)

 

「サボってんだよ」
「こんな状況だからだろ」

「上から期待されて、下から尊敬されて、それに応えるために頑張るお前は凄え。でも、1人で背負い込むな。赤血球1人でやれることは限られてる」

「時には力を抜いて、もっと自分を大切にしてやらねえと、お前自身がぶっ壊れちまうぞ」(赤血球、1677)

 

「ほら、見てみろよ。俺等がサボってたって、世界は動いてるじゃねえか」
「誰もが白血球さんみたく頑張れる訳じゃない。たまには息抜きしとかないと、大事な時に働けなくなっちまうぜ」(赤血球、1677)

 

10話

「ありがとう」
「君がいなかったら、僕はあのまま壊れてたかもしれないから」(赤血球)

 

「初めに言っておく。ここは食物からエネルギーを取り出す高炉、今この体でもっとも危険な場所だ。文字通り、死ぬ気で働いてもらう」(主細胞)

 

「ビビってんじゃねえ! お前らもああなりたくなかったら、作業急げ!」(血小板)

 

「悪いがここじゃ、こんなことは日常茶飯事でな。アルコールや脂っこいものの暴飲暴食、さらには喫煙にストレス、荒れ放題で胃酸から守ってくれる粘膜がはがれちまってんだ」(主細胞)

 

「変わらねえよ」
「この世界が変わらねえ限り、俺達の働く環境は変わらねえよ。いつまでもブラックのままさ」(主細胞)

 

11話

「細胞たちの間に不満が広がっている。まずい事態にならなければいいが……」(白血球)

 

「左足親指めっちゃ遠かった!」(白血球、1212)

 

「処理して下さい……」
「僕はもう、働けないんです。働けない細胞に、生きている価値なんて無いんです。お願いです、処理を」(赤血球)

 

「勘違いをするな! ここは役立たずを処理する所では無い! 立派に仕事を勤め上げた、赤血球が一生を終える場所! その判別をするのが、私の仕事だ!」

「自分のせいで誰かが死んだ? 自分は役立たず? 格好をつけるな! 働くことに意味を見出すなど、貴様には100年早い! 立て! 立ち上がって進め! 働け、細胞! 働けぇ!!」(赤脾髄)

 

「それじゃあ……私達はこの体を守ろうとして、逆に痛めつけてしまっていたのか?」(白血球)

 

「いいじゃないですか」
「これぐらい痛めつけないと、僕等の悲鳴は、この体に届きませんよ」(赤血球)

 

「僕達がいくら頑張っても無駄なんだ。この世界を変えないと」(赤血球)

 

「目を覚ませコノヤロー!」
「この労働環境を何とかしろ! 取り返しがつかなくなるぞ! 暴飲暴食は止めろ! 喫煙も止めろ! 睡眠を充分に取れ! 運動しろ!」(赤血球)

 

「残された私達がすべきなのは、先に行った仲間達が命をかけて守ろうとしたこの世界を、つないでいくことだ、壊すことじゃない」

「もっと大切にしよう、お前や私の仲間が、命がけで守ろうとしたこの世界と、お前自身のことを」(白血球)

 

12話

「俺達には有給も代休も無いしな。俺達に休みがあるとしたら、この場所……心臓が止まる時くらいだ」(先輩赤血球)

 

「たく、心配かけやがって」
「待ってたぜ、新米! いや、お前はもう、一人前の赤血球だな」(先輩赤血球)

 

「謝る必要ねえぞ! こっちはやるべきことをやってんだから!」
「あんたもさんざん見てきただろ!? コレステロールの塊、プラークをさ!」(血小板)

 

「ピリピリしてますね」(後輩赤血球)
「お互い、間違ったことは言ってないんだけどね」(赤血球)

 

「正直、僕にはまだ……働くことの本当の意味なんて分からない」
「だけど…これが僕の、仕事ですから」(赤血球)

 

「気をつけろ。今のこの世界では、敵は細菌だけじゃない」(白血球)

 

「それにしても、心臓へ血液を運ぶ冠動脈が、こんな状態だなんて……ただごとじゃないな」(赤血球)

 

「おら、そこ!」
「へたに近づくな! お前も同じ目に合いたいのか!?」(血小板)

 

「マジかよ!? 通る隙間が……」(血小板)

 

「なんてことだ……冠動脈が、完全に詰まってしまうなんて……この症状は……心筋梗塞だ!」(司令脳細胞)

 

「行かなきゃ、心臓へ! このままじゃ、心臓が止まってしまう! この世界が……この世界が、終わってしまう!!」(赤血球)

 

「全細胞諸君。今まで、この体のためによく働いてくれた。だが……もうその必要は無い」
「この世界は、今日限りをもって、死を迎える」(重役脳細胞)

 

「か、体の機能が、停止していく!?」(白血球)

 

「どこかに、酸素が……まだ、どこかに!?」(赤血球)

 

「打つ手、無しだ……」(司令脳細胞)

 

「そんな……無責任だ……働けと言ったり、働くなと言ったり……」
「動け、動いてくれ、心臓!!」(赤血球)

 

「僕は……僕はまだ……まだ!!」(赤血球)

 

13話

「この体、生きようとしている……」
「行かなきゃ」(赤血球)

 

「血流が回復したら、急いで酸素を運ぶ。それが、僕達の仕事だ」(赤血球)

 

「関係ない……」
「ブラックだから働かされてる? もう死ぬから、働かなくていい? そんなの関係ない!」

「僕は、働きたいから働くんだ! この手で、この足で、酸素を運びたいんだ! だから頼む……もう一度、動けよ心臓!! 動けぇ!!!」(赤血球)

 

「浮かれるのは、まだ早い」
「一刻も早く、全身に酸素を運ばなくては、細胞の壊死が始まってしまう!」

「特に、この脳に甚大なダメージが残れば、ただでは済まない」(司令脳細胞)

 

「いいぞ! この体が助かるかどうかは、彼ら赤血球の働きにかかっている」(司令脳細胞)

 

「行こう! 体中の細胞が、この酸素を待っているんだ!」(赤血球)

 

「おせえんだよ」
「野郎ども、酸素が来たぞ、持ち場に着け! 仕事は山ほど溜まってる。手を休めず働け!」(主細胞)

 

「信じてたぜ、AA2153」(主細胞)

 

「助かったよ。君達のおかげで、脳もほとんどダメージなく済みそうだ」
「代表して礼を言う、いつもありがとう」(司令脳細胞)

 

「みんな、メソメソしてる暇は無いわ。開店の準備よ!」(肝細胞)

 

「何言ってるんですか。体中全ての細胞に、酸素を行き届かせてみせます。それが僕達の仕事なんですから!」(後輩赤血球)

 

「いいんです。いま喜ばなくて、いつ喜ぶんですか!」(糸球体)

 

「細胞達に」(白血球、8787)
「活気が戻っていく」(白血球、1212)

「我々も自分達の努めを果たすぞ! 拘束部に向かい、後処理の補助を行う!」(白血球)

 

「光が、広がっていく……」(赤血球)

 

「毎日、酸素を運ぶだけの単純な作業。先輩や他の細胞からどやされて……」
「働いたって、働いたって、労働環境は悪くなる一方。命が危険にさらされることだって、ざらにある」

「時には、自分を見失った」
「自分の無力さを、幾度となく痛感した」

「仕事を、投げ出したことだってあった」
「この仕事に、何度も何度も疑問を持った。でも、これが僕達の仕事。この世界に欠かせないものなんだ。今なら胸を張って誇れる、この仕事を!」(赤血球)

 

「みんな、仕事はかどってるな」(先輩赤血球)
「ここしばらくは、一酸化炭素も吹き出して無いし、血管内のプラークも随分減ってきて、酸素も運びやすくなりましたからね」(赤血球)

 

「こんな日が、続くといいな」(先輩赤血球)

 

「酸素を運び、二酸化炭素を回収する。僕のやるべきことは何も変わってない。けど、この環境でなら、今まで以上に頑張れます!」(赤血球)

「一番変わったのは、お前自身かもしれないな。成長したものだ」(白血球)

 

「照れるな……でも、憧れの白血球さんに認めてもらえるなんて、嬉しいです!」(赤血球)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
はたらく細胞BLACK 1巻 (Kindle)

 

→はたらく細胞
→はたらく細胞!!(2期)
→はたらく細胞(赤血球)
→はたらく細胞(白血球)
→はたらく細胞(血小板&マクロファージ)
→はたらく細胞(がん細胞)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました