「はたらく細胞」好酸球&好塩基球の名言・台詞まとめました

アニメ「はたらく細胞」好酸球(黒色)&好塩基球(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
はたらく細胞 1-5巻セット (コミック)

はたらく細胞

4話

「いいよ、ホントのこと言われているだけ。別に気にしないから」

 

「聞こえるかね、この歌」
「運命の歯車は、すでに動き始めている。破滅へと向かうカプリチオを止めることは出来るかね?」

 

「平和という名の十字架を背負わされた、悲しき戦士たちよ」
「愛を知らぬ生物の暴挙のためにより、我等の楽園は制御の叶わぬ修羅の国とかした。諸君らの手を借りる他、悲劇を終わらせる術は無い」

「つまり、胃酸で殺しきれない程の菌が侵入してきたということですか?」

 

「開眼せよ、哀戦士は大いなる意志のもと犠牲の礎となった。世界の穢れを封印するには、今こそ、血のレクイエムを響かせる時」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「ごめん、勝手な行動をした。私の貧食作用が弱いせいで、一人でこんな無茶をさせてしまって。私も白血球なのに……」
「いいんだ、分かってるよ、自分が弱いってことくらい。守ってくれてありがとう

 

「酸の波動が螺旋となりて闇の渦を生み出せば、業火の海はやがて禁断の扉を開いて、世界を混沌へと導くであろう」

 

「私が行く!」
「仕事だから!」

 

「確かに私は、白血球として、細菌を駆除するのが仕事だ。でも、私にはもう一つの使命がある。私の本来の仕事は、寄生虫を、駆除することだぁぁぁーーー!!!」

 

「悪の根元は、冥界の深淵へといざなわれた。神々の審判が下され、我々は呪縛から解き放たれたのだ」

 

「かっこよかったって、わ、私……」
「あ……あ……ありがとう」

 

「はぁ、しまった!? 私としたことが人前でこんなにやけ顔を!」

 

「招かねざる客によって穿たれた穴から、群衆の心に光が差し込むとは。皮肉なものだな、我ら細胞の運命というものは」

 

特別編

「この世界の邪を祓う聖なる雫は、穢れた魂にのみ降り注ぐ。だが、刮目せよ、同胞たちよ。油断こそ心の穢れ。それを忘れれば、ユートピアはディストピアへと姿を変える」

 

はたらく細胞!!(2期)

3話

「その姿はさながら、言葉の意図に踊らされ、がんじがらめにされたマリオネット」

 

「か弱き、一生命体である我々は、主体的な行動によって存在意義を確認し、使命を全うすることで生命を完成させるのだ」

「えっ? 自分が信じた道を突き進め、ですって」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
はたらく細胞 1-5巻セット (コミック)

 

→はたらく細胞
→はたらく細胞!!(2期)
→はたらく細胞BLACK
→はたらく細胞(赤血球)
→はたらく細胞(白血球)
→はたらく細胞(血小板&マクロファージ)
→はたらく細胞(キラー&ヘルパーT細胞)
→はたらく細胞(がん細胞)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました