「はたらく細胞」白血球(骨髄球)の名言・台詞まとめました

アニメ「はたらく細胞」白血球(骨髄球)の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
はたらく細胞 1-5巻セット (コミック)

はたらく細胞

1話

「この雑菌野郎!!」
「こちら白血球好中球課。U1146番、侵入した細菌の駆除完了」

 

「礼はいい。仕事をしただけだ」

 

「まずいことになった、奴は肺炎球菌だ。早く殺さなければ、分裂が始まってしまう。そうなってはこの世界は!?」
「肺炎球菌って奴は、肺炎などを引き起こす呼吸器病原細菌で、莢膜を持つ毒性の強い菌だ」

 

「これは!? レセプターが反応している。まだ近くにいるらしな」

 

「勉強不足だな。俺たち白血球は、遊走といって、血管の壁をすり抜けて、敵の所へ行くことが出来るんだ」

 

「無駄だ、そのカプセルは内側からは絶対に壊せん。そしてここは気管支だ。その意味が分かるか?」

 

「カウントダウン開始。3、2、1」
「バイバイ菌だ」

 

「まぁ、同じ世界で働いてるんだ。いつか会えるさ、またな」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

2話

「外からの衝撃によって、血管の外壁が崩壊し、血球たちが流されてしまう」
「つまり、『すり傷』だ!」

 

「この傷口から落ちたら最後だな。二度とこっちの世界には戻れないだろう」

 

「4989番。Lーセレクチンちゃんと付けとけぇ!」

 

「なるほどな、おそまつな作戦だ」「お前は、肝心な血球を見落としていたようだな」
「俺達の強力な助っ人を。この状況をひっくり返すだけの力を持った、プロのことをな!」

 

「頼りにならないのは、お前の仲間の方だったな。残ってるのはお前だけだぞ」

 

「ああ、こんなのかすり傷だ。すり傷だけに……」

 

3話

「こいつらは、元はただの一般細胞さ。ただ、感染してしまったらしいな」

 

4話

「細菌じゃない? あれは、寄生虫アニサキスだ!」

 

「心配するな、赤血球」「あいつも、死にに行こうとしている訳じゃ無いさ」
「行け、好酸球。その敵は、お前じゃなきゃ無理だ!」

 

5話

「こいつか、さあ? とにかく食えば分かる」

 

「まぁ、それでも何かしらトラブルの原因にはなるからな。殺すのが決まりなんだが」

 

「それぞれが自分の仕事をまっとうしただけなのに、こんなことになってしまうとは」

「こうなることが分かっていれば。いや、分かっていても、やるしかなかったな。どんな事情があろうと、職務放棄は許されない」

 

6話

「待て! 雑菌め、この身体の血球に手を出して、生きて帰れると思うなよ!」
「抗原発見だ!」「細菌に名乗る名など無い」(骨髄球)

 

「ふざけるな……そんなこと、するか。白血球は、自分の命を犠牲にしても、他の細胞を守るんだ! 俺は、立派な白血球になるんだ!」(骨髄球)

 

「分かんない……分かんないけど、でも、大人になって血管の中で働き始めたら、どっかで会えるかもな。バイバイ」(骨髄球)

 

「よく会うな」「また迷子か?」
「いいよ、そこまで一緒に行ってやる。今、暇だから」

 

「嫌なもんだな。仲間が犠牲になる事件ってのは」

 

「ところで、細胞くん。道案内だが、途中まででも構わんからな」
「これから殺しに行くのは、お前の友達やお隣さんだったかもしれない細胞たちだ。見たくないだろ、そんなとこ」

 

「おい! 私情で状況を不利にするな!? 戻るんだ!」

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

7話

「バカなことを。狂った細胞たちの力では、この世界を維持できる訳が無い。そんなことをしても、その先にあるのは滅亡だけだぞ!」

 

「あいつに、がん細胞に負ける訳にはいかない。この世界のために!」

 

「お前も細胞なんだなって思ってな。動く力は残ってないが、話すことは出来るようだな。トドメを刺す前に、何か言いたいことがあるなら聞いてやるぞ」

 

「俺たち免疫細胞は、お前を救えない。体の決まりに逆らって増殖し、栄養分を奪って、正常な組織を破壊するお前を、生かしておくことも治してやることも出来ない」

 

「それでも、俺はお前を殺さねばならない。それが俺の仕事なんだ」

 

「がん細胞。またお前に会うことがあっても、必ず俺たち免疫細胞が倒してやる」

 

8話

「赤血球が燃えている! 自分の力だけでやり遂げてみせると、奴のオーラが言っている。おせっかいは止めとくか」

 

「おい、そういう言い方をするな。俺やお前にだって、苦手なことの一つや二つあるだろう。あいつはたまたま、道を間違えないことが苦手だったってだけさ」

 

「なあ、キラーT。俺たち免疫細胞は、赤血球たちに怖がられることも多いけど、もっとお互いの仕事を理解しあって、いつの日か、あいつらと仲良くやっていけるようになるといいな」

 

「いろいろ聞かせてくれないか。お前達の仕事のこと」

 

11話

「着くずしてると、緊急時に対応できんからな」

 

「まずい、熱中症だ!!」

 

「何とでも言え。体温調節システムが敗北しようと、無意味な努力になろうと、この身体はまだ生きている! 俺が仕事を投げ出す理由にはならん!!」

 

12話

「そんな……バカな? 血球が、いない……」

 

13話

「(失われた血球の)正確な数字は分からんが、とても数えきれないだろうな」

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

はたらく細胞!!(2期)

1話

「どんな細菌であろうと、容赦なく叩きのめす、それが我々の仕事だ。一匹たりとも見逃す訳にはいかない、絶対に!」

 

2話

「ここは、お前みたいなバカな細菌をおびき寄せ、一網打尽にする小腸の免疫機関、パイエル板だ!」

 

3話

「死ね! 雑菌ゲス野郎!!」

 

「どれほど影響が小さかろうと、雑菌がこの体にはびこる以上、見過ごす訳にはいかない。それが俺の、俺達の仕事なんでな」

 

4話

「いや待て!? もしかしたら、この中の細胞くんが抗原に脅されていて、助けを呼ぼうにも呼べず、苦肉の策で、今の声を出したのでは?」

 

「細胞くん。気持ちは分かるが、俺は組織内で菌が増殖するのを、見過ごすことは出来ん」

 

「俺が行く! (胃酸で)溶ける前に、致命傷を与える!」
「やむをえん! この体のためだ!」

 

「細胞くん。今の顛末で分かったよ、その菌が一体どんな菌なのか?」
「その菌は、この体のために働いてくれる、善玉菌だ」

 

5話

「従来の型(インフルエンザ)なら太刀打ち出来るが、抗原変異したものとなると話が違う。俺達には、奴のことが何一つ分からない。全く情報が無いんだ」

 

「NK、お前もしや、ストレスによる弱体化、スランプか!?」

 

6話

「これは、腸内に住む悪玉菌から出る、有毒ガスだ」
「おそらく、腸内細菌のバランスが崩れて、悪玉菌の勢力が強くなっているんだろう。悪い影響が出そうだな」

 

「そうだな、その通り……殺すのが、俺の仕事だ。だが、いつも殺してばかりだからこそ、(助けたの)だったのかもな?」

 

7話

「ここから出せ、がん細胞! 俺を殺したいんじゃなかったのか? 恨みがあるなら、俺が相手になってやる!」

 

「制御性T細胞さん、これを開けてくれ! 俺が、このがん細胞を殺す! 頼む!」

 

「この体のためだ! 必要なことだから、死んだり殺したりしてるんだ!」

 

「させん! そんなこと、絶対にさせんぞ!」
「お前の大きな間違いも正してやる! この体が死ぬということは、俺たち細胞全員が、死ぬということだぞ!?」

 

8話

「なぜだ!? なぜ俺と戦わない!? 俺と戦え!」

 

「腸内環境が変わって、お前に力を与える悪玉菌の毒素が減ってきたようだな」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
はたらく細胞 1-5巻セット (コミック)

 

→はたらく細胞
→はたらく細胞!!(2期)
→はたらく細胞BLACK
→はたらく細胞(赤血球)
→はたらく細胞(血小板&マクロファージ)
→はたらく細胞(キラー&ヘルパーT細胞)
→はたらく細胞(好酸球&好塩基球)
→はたらく細胞(がん細胞)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました