「盾の勇者の成り上がり」メルティの名言・台詞まとめました

アニメ「盾の勇者の成り上がり」メルティ=メルロマルクの名言・台詞をまとめていきます。

盾の勇者の成り上がり

9話

「槍の勇者さま、周りをご覧ください。民を巻き込んで戦う者を、誰が勇者と思いますか?」

 

12話

「先程、盾の勇者様とお話をされていたと伺いました。その話し合いが、大変険悪なまま終わったことも」

「父上、このまま盾の勇者とたもとを分かったままでは、波に対抗できず、ひいては国の安寧を損ねることにもなります。どうかここは和解を」

 

「ご忠告、ありがとうございます。ですが、姉上には関係の無いことです」
「私も父上や母上と同じように、国の行く末を案じております。それが、王位を継承する者としての責務ですから」

 

「何で……何でそうなのよ!? あなたも父上も!!」
「勇者と王がいがみ合ってるなんて、絶対にダメなの!!!」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

13話

「この度の騒動には、大きな陰謀が隠されています。命を守ってもらうため、私から望んだことです」

 

「盾の勇者様が、私を誘拐して何の得があるのでしょう?」

「女王様はおっしゃっていました。今は人と人とが手を取り合い、一致団結して、災いを退ける時だと! これ以上無駄な争いをしている余裕は、この世には無いのです!!」

 

「ダメ……戻ったら、殺される」
「お願い、助けて」(メルティ)

 

「第二王女って言わないで!」
「私にはメルティって名前があるの! なのに盾の勇者は、第二王女、第二王女って。私を仲間外れにしないで!」
「じゃあ私は尚文って呼ぶわ! だから私のことも、メルティって呼びなさい!」

 

「絶対に守りなさいよ。それと、ありがとう」

 

14話

「ごめんなさい」
「王族としてきっと何か出来たはずなのに、私達は何もしなかった。ラフタリアさん、その兵士達の特徴を教えて。ことが済んだら、私がその兵士達を罰します」

 

「尚文と出会ってから、すごくわがままになってる気がして。言葉遣いも悪くなったし。何だか、自分が自分じゃないみたい」

「私、このまま逃げ続けるだけでいいのかな? 王族としてやるべきことがたくさんあるはずなのに。今の私は、何も出来てない」

 

15話

「メルロマルクで、こんなことが行われてるなんて」

 

18話

「イドルみたいに、モンスターを召喚してまで盾の勇者を倒したいなんて言い出す奴がいるのよ。なりふりなんて構ってられないんだから」

 

20話

「尚文の苦しみ、精一杯受け止めるわ」

 

21話

「私、必ずメルロマルクを、亜人さん達の住みやすい国に変えてみせるわ」

 

「尚文、ありがとう! ここまで、連れてきてくれて!!」
「ありがとう! 父上と姉上を助けてくれて!!」

 

22話

「いえ。私には、私のやるべきことがありますから」

 

24話

「何よ、その言い方!? あたしだって、仲間なんだから」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
盾の勇者の成り上がり Blu-ray BOX 1巻

 

→盾の勇者の成り上がり
→盾の勇者の成り上がり(岩谷尚文)
→盾の勇者の成り上がり(ラフタリア)
→盾の勇者の成り上がり(フィーロ)
→盾の勇者の成り上がり(フィトリア)
→盾の勇者の成り上がり(グラス)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました