「インフィニット・デンドログラム」の名言・台詞まとめました

マンガ「インフィニット・デンドログラム」の名言・台詞をまとめていきます。

インフィニット・デンドログラム

1巻

「……言ったろう。この世界はリアルなんだ。英雄や王様だろうと余裕で死ぬ。そして俺たちと違って生き返るなんて事のないまま世界は進む」

「その子も……『プレイヤーが来るまで無事』なんて保証はない」(シュウ・スターリング)

 

「……それは後味悪いな」(レイ・スターリング)

 

「だろ? だからやるだけやってみようぜ、俺もついてる!」(シュウ)
「ああ! ハッピーエンド目指してな!」(レイ)

 

「虫を全て倒し……リリアーナを救い出したにも関わらず、クエストが続いているのは何でだ?」
「つまり……このクエストはレベル210のリリアーナがいる状態で難易度5のクエストって訳だ」(シュウ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

「違う!! レベル0の俺じゃ加勢にもならない。……むしろミリアと同じく足手まといなんだ……!!」
「悔しいけど……兄貴が消えた今……全員が生き残れる可能性がほんの少しでも多い道を選択すべきだ……!!」(レイ)

 

「もう……打つ手はない……俺とミリアが生存する可能性は──もはや……ゼロだ」(レイ)

 

「俺にとってこれはゲームだ、死んでも問題はない。でも……この子は生き返らない。だから……諦めきれない……!!」(レイ)

 

「お前(エンブリオ)が……無限の可能性だと言うなら……寄越せ。俺にハッピーエンドの可能性を!! この子を救える可能性を!!!」
「1%でも寄越せええええッ!!!!」(レイ)

 

「ふふ、存外暑苦しいマスターだの。だが……嫌いじゃあない」
「おはよう」(ネメシス)

 

「誕生祝いの景気づけ。派手にトドメを刺すとしようか」(ネメシス)

 

「良かったな、マスター。お前は望んだ可能性を掴み取ったぞ」(ネメシス)

 

「私はネメシス。〈エンブリオ〉TYPE:メイデン with アームズのネメシス。貴方の心と肉と魂から生まれたモノ。今後ともよろしく、マスター?」(ネメシス)

 

「私のようなTYPE:乙女(メイデン)のエンブリオは中々レアなのだぞ? 私に感謝して自分の幸福を噛みしめるがいい!」(ネメシス)

 

「今のままだと出来る事は少なそうだし……その戦争にも参加できない。だから……まずはレベルを上げて……『ランカー』でも目指してみようか」(レイ)

 

「……散々手前で最高のエンブリオだのレアだのとのたまっておきながら……易々マスターを殺されてしまった……不甲斐ない自分に腹が立っておる」(ネメシス)

 

「違う!! 私がもっと強ければよかったのだ!!」
「お主がプレイヤーでなければ……私は……自分の命もお主も永遠に失っていたのだ……私は……それが恐ろしくてたまらぬ……」(ネメシス)

 

「今回俺達は力不足だった。俺のレベルが低かった。お前もまだ成長してなかった。だから……あいつに殺された」

「……だけど俺達はこうして生きている、だから大丈夫だ。まだこれからいくらでも強くなれる、強く……!! 二人で俺よりも強くなって……あいつにリベンジしてやろうぜ!」(レイ)

 

「ふふ。暑苦しい男だのう、お主は」(ネメシス)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

1巻は「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年12月11日現在)

アマゾンリンク
インフィニット・デンドログラム1 (Kindle)

 

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました