「魔女の旅々」フラン&ヴィクトリカの名言・台詞まとめました

アニメ「魔女の旅々」フラン(黒色)&ヴィクトリカ(青色、イレイナの母)の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
魔女の旅々 1-15巻セット (ノベル)

魔女の旅々

1話

「有名ですよ。良くも悪くも」

 

「わたくしはロベッタの魔女とは違いますので、相手がどんな子だろうと関係ないのですよ」

 

「いい頃合いかもしれませんね。イレイナ」「今から試験をします」
「わたくしと戦ってもらいます」

 

「あらあら、もうおしまい? 優等生も大したことないんですね」

 

「試練なんて与えても無駄だと思いました。あなたはきっと耐えて立ち上がってしまうから。ですが……それが、あなたの問題点でもあるのです」

「我慢をしすぎなんですよ、イレイナ」

 

「自分が耐えればいいだなんて思わないで下さい。気に食わないことがあるなら戦いなさい。嫌なものは嫌だと、ハッキリ言えるようになりなさい。自分自身を守るために」

 

「本気なのよね」「なら、行きなさい」

 

「ただし、3つ約束して欲しいことがあるの」

「1つ、危険な目に合いそうな時は逃げること」
「2つ、自分が特別な人間だとは思わないこと。他の人と同じだということを忘れないでね」
「3つ目、いつか必ず帰って来て、私達に元気な顔を見せること。守れる?」

 

「ニケのように、旅の日記をつけなさい。いつか帰って来た時に、あなたの物語を聞かせてちょうだい」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

5話

「あなた達、全く相手にならなかったでしょう?」
「年齢なんて関係ありません。これが、魔女とあなた達の実力の差なのです」

 

「わたくし、ニケの冒険譚に憧れて、旅をしながら小説を書いていたことがあったのですよ」
「原稿用紙が100枚くらいになったあたりで読み返してみたら、あまりの痛々しさに床をのたうち回りましてね」

 

「でもね、彼等はお金が欲しくて魔法を披露しているのではないのですよ」
「好きだからですよ」

 

10話

「あなたそれしか言えないんですか? バカなんですか? アホなんですか?」

 

「こんなものがあるとはいえ、この国そのものを拒絶する理由にはならないわ。そんな程度では、張り紙や看板を立てている連中と同じよ」

 

「報酬はいくら?」「いくら?」

 

「分かりました。この件、必ず解決することを約束するわ」
「ああ、いえ。私ではなく、この2人が、ね!」

 

「しくじったら、破門よ」

 

「あの時のわたくし達は、同じことを考えていたと思います。自分が骨董堂の連中を捕らえて、こいつを破門にしてみせると」

 

「でも、どうして髪の色が由来なんです?」
「かっこいいからよ」

 

11話

「あなたもう気づいているでしょう」
「わたくしの師匠が誰なのかを?」

 

「肝心な所で素直になれないのは、未だ治っていないみたいですね」

 

「知ってます。わたくしの師匠、計算ずくで行動しているように見えて、かなり大雑把な性格だったんですよ」

 

「そしてあなたもかなり大雑把です」

 

「いずれ一度くらいは故郷に帰ってあげてくださいね」
「忘れないでね。いつだって、わたくし達があなたを思っていることを。愛してやまないことを」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
魔女の旅々 1-15巻セット (ノベル)

 

→魔女の旅々
→魔女の旅々(イレイナ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました