「ログ・ホライズン」クラスティ&レイネシアの名言・台詞まとめました

アニメ「ログ・ホライズン」クラスティ(黒色)&レイネシア=エルアルテ=コーウェン(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
ログ・ホライズン 1-11巻セット (単行本)

ログ・ホライズン

13話

「憂いに満ちてるんじゃなくて暗いだけ。黄昏じゃなくてやる気が無いだけ」

 

「ですが、私はこの宮廷で注目の人物です。2人でお茶を飲んでいたと言えば、行事やお茶会など、適当にサボっても言い訳はつきますよ」
「この人は悪い人だ」

 

「冒険者は、自由ですからね」
「好きな時に食べ、好きな時に寝て、好きな時に動くことが出来る。ですが、自由には覚悟がいりますよ」

 

「どうしてこの2人には丁寧で、私に対しては無礼なのよ!?」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

16話

「まぁ、そんなに悲観することはありませんよ。死ななければいいんですから」
「それに、リスクを恐れて行動しないのならば、それは、生きながらに死んでいるのと同じだ。どちらの世界であろうとも」

 

18話

「でも私はコーウェン家の娘として、マイハマの街を守る義務があります。私は臆病で怠惰で考えなしのお飾りですけど、戦場へ行きます!」

 

「でも後悔はしていません。命を賭けてくれとお願いするのですから、自ら足を運ぶのも、共に戦場に立つのも当然です」

 

「いろんなことが、私が知っていた世界と違いすぎて。私は本当に、籠の中の鳥だったのですね」

 

「私が戦場へ行く自由を初めて認めてもらったように、私も彼等の自由を守りたいのです。それが私の願いです」

 

「掠奪軍であるゴブリンは、殲滅だ」

 

19話

「あの人……戦いを、楽しんでる。でも、なぜこんなに悲しそうに、寂しそうに感じるのでしょう?」

 

20話

「それでは、食い散らかしてやるとしましょう」

 

21話

「両者の今後のためにも、誰かが率先して前に出なければならない。私とあなたには、その責任があると思いますが?」

 

23話

「シロエ君は、何でもありの方が活きるタイプだろうね」

「彼は策士なんかじゃないと思うよ。なりふりかまわず、手段を選ばず、一切の見返りを求めない。そういう状況では、無類の強さを発揮する。あれは、妖刀の類だ」

 

ログ・ホライズン(2期)

5話

「もうダメです。ホントにダメです。何で今なのでしょうか? 何で私ですか? よりにもよって、自分が赴任した時に限って?」

「もう少しどうにかなりませんか? サービスしてくれませんか? 手加減してくれませんかね? どうすればよいのでしょう?」

 

「ええ。世の中は、そんなに甘くないようですから」

 

6話

「すごく大事なものは、どこかにちゃんとあって。それは大事だから、大事にしないといけないと思うのです」

 

7話

「ここで逃げる訳には。力が弱いからと全てを委ねてしまえば、弱いだけでなく、劣っていることを認めてしまうことになる。友達にはなれませんもの」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ログ・ホライズン 1-11巻セット (単行本)

 

→ログ・ホライズン
→ログ・ホライズン(2期)
→ログ・ホライズン 円卓崩壊(3期)
→ログ・ホライズン(シロエ)
→ログ・ホライズン(直継)
→ログ・ホライズン(アカツキ)
→ログ・ホライズン(にゃん太)
→ログ・ホライズン(ミノリ&トウヤ)
→ログ・ホライズン(ルンデルハウス&五十鈴)
→ログ・ホライズン(カナミ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました