「ログ・ホライズン」ルンデルハウス&五十鈴の名言・台詞まとめました

アニメ「ログ・ホライズン」ルンデルハウス=コード(黒色)&五十鈴(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
ログ・ホライズン 1-11巻セット (単行本)

ログ・ホライズン

20話

「僕がなりたいのは、冒険者だ。困っている人を助けられれば、細かいことは気にしない。僕は栄誉が欲しい訳じゃない、一人の冒険者だ」

 

ログ・ホライズン(2期)

15話

「そりゃ昔から友達だったけど、音楽は。下手だとは言われなかったけど、上手いとも言われたことはなかった」
「たまに憂さ晴らしでリュートを弾くくらいはいいよね。だって……みんな、喜んでくれるんだもん」

 

18話

「僕たち大地人にとって、音楽は42曲しかないんだ」
「神様は僕達のご先祖に、それしか曲を与えてくださらなかったし、僕達には新しい曲は作れない」

「だから五十鈴。僕達は君の歌う歌が、奏でる曲が、本当に大好きなんだよ」

 

「アキバの街で大地人が暮らすのは、大変な面もある。でもラッキーでもある。あの街では毎日何かが起きる。昨日できなかったことも、今日は可能になるかもしれない」

「明日は、今日とは違う一日なんだ。そして五十鈴の歌も、その輝ける一つなんだよ」

 

19話

「でも、私ツイてたんだなって。あっちで生まれて、パパの娘に生まれて。だって、あっちには音楽が合ったんだから。悲しい時もつらい時もたくさん、いろんな歌が合った」

「私いつも助けられて来たんだね。なのにひどいよ、42しか無いなんて、ひどい。泣きたい時に、怒ってる時に、楽しい時に、歌えないなんて」

 

20話

「何も出来ないけど、歌うよ。ちゃんと見てるよ。私は君達のこと、ちゃんと見てるよって。そのことを、伝えるために」

 

「アーティストになるなんて言えないけど、でも、一生音楽を好きでいるということだけは、約束できる」

 

「この世界に私、43番目の歌を響かせたい! 私の作った歌を、この世界で初めて!」
「だって、この世界は、仲間と一緒に歩んできた、この世界は、けして、けして……黄泉への道なんかじゃ、無い!!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ログ・ホライズン 1-11巻セット (単行本)

 

→ログ・ホライズン
→ログ・ホライズン(2期)
→ログ・ホライズン 円卓崩壊(3期)
→ログ・ホライズン(シロエ)
→ログ・ホライズン(直継)
→ログ・ホライズン(アカツキ)
→ログ・ホライズン(にゃん太)
→ログ・ホライズン(ミノリ&トウヤ)
→ログ・ホライズン(クラスティ&レイネシア)
→ログ・ホライズン(カナミ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました