「ハナヤマタ」の名言・台詞まとめました

マンガ「ハナヤマタ」の名言・台詞をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス  
→アニメを倍速で見るメリットとは?

ハナヤマタ

1巻

「中学生になれば何か変わるかな……なんて思ってたけど、もう2年目。相変わらずフツウの毎日をおくっています」(関谷なる)

 

「今、私やりたいこといっぱいあるもん。フィクションに構ってるヒマなんてないのー」(笹目ヤヤ)

 

「やっぱりしたいことした方が楽しいじゃん」(ヤヤ)

 

「いい……デスよ?」「連れていってあげます。貴女が望むなら不思議な世界へ……」
「だから……私と一緒に踊ってくれますか?」(ハナ・N・フォンテーンスタンド)

 

「む……迎えに行きます!!」
「何だかよく分からないデスけど……人は誰だって頑張れば輝けると思うので!! だから待ってて下さい!! 絶対に迎えに行きますから!!」(ハナ)

「私と一緒に……よさこいしませんか?」(ハナ)

 

「だって私……よさこいするの夢だったから。みんなに変な目で見られてるのも分かってますけど、そんなの気にしません。だって自分がやるって決めたことだから」(ハナ)

 

「夢に向かって進んでいける。それだけで私、すっごく幸せなんデス!!」(ハナ)

 

「必要なのは踏み出す勇気だけデス!!」(ハナ)

 

「よさこいって言ってみれば、日本の踊りの自由形みたいなもんだからな。衣装も曲も振り付けも全て自由!! 自分達をどう見せたいか? どう見られたいか?」

「そんなことを考えながら、一から世界を作り上げていく。それが楽しくないわけないだろう?」(大船勝)

 

「違うよ、ヤヤちゃん!!」
「私が自分からやりたいって言ったのっ!! 私も何かやってみようって。私もみんなみたいに輝きたいって!!」(なる)

 

「でも……どうしてヤヤちゃんはあんなに怒ったんだろ……私はただ……ヤヤちゃんにも認めてもらいたかっただけなんだけどなぁ……」(なる)

 

「アンタなんかに言われなくたって……私が一番なるのこと知ってるんだから……っ!!」(ヤヤ)

 

「たくさん痛くて恥ずかしかったけど、また踊ってみたい──なんて」
「何だか私、ちょっとワクワクしてきたみたいです」(なる)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

1~10巻は「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年11月3日現在)

ハナヤマタ 1巻

 

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました