「くまクマ熊ベアー」の名言まとめました

アニメ「くまクマ熊ベアー」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→アマゾン Fire TV Stick(外部リンク)

くまクマ熊ベアー

1話

「さあゲームスタートだ」(ユナ)

 

「足手まといだよ」
「弱音を吐いたら置いてくよ、少年」(ユナ)

 

「えっ!? もうツン期終わってデレ期?」(ユナ)

 

「一応、先行して情報収集。まあ、倒せそうなら倒すけど」
「それを判断するのは私だよ」(ユナ)

 

「あっ、そうそう。いざという時は私をおとりにして、逃げちゃえばいいから」(ユナ)

 

「気にしてないよ」
「頼みの綱の冒険者が、こんなくまの格好した女の子だったら、誰でも不安に思うよ」(ユナ)

 

「まあ、頑張った子には報われてほしいしね」(ユナ)

 

「そっちにも言い分があるかもしれないけど。悪いね、倒すよ」(ユナ)

 

「ああ~、くま装備でよかった。くまパ~ンチ!」(ユナ)

 

「くま魔法、炎のくま!」(ユナ)

 

「この世界の子供たちって本当に覚悟決めすぎなんですけど」
「大丈夫、ブラックバイパーなら倒したから。その勇気は別の所で使って」(ユナ)

 

「生きている人は、死んだ人の分まで生きなきゃいけない。だからどんなに悲しくても、泣きたくても、それでも笑ってなきゃいけないんだって」(カイ)

 

「くまへの道は険しいよ」(ユナ)

 

2話

「もちろん楽しいよ。現実はちょっと面倒くさいし」(ユナ)

 

「ユナさんの格好、目立ちますね」(フィナ)
「そうだった……私、くまだった」(ユナ)

 

「そろそろ覚悟を決めるか。アバターじゃない、現実の私だ」
「認めよう。ここはゲームなんかじゃない……異世界だ」(ユナ)

 

「まぁ、いいか。特に元の世界に帰らなきゃいけない理由も無いし。滅多に味わえない異世界生活を満喫しよう!」(ユナ)

 

「私、このくま脱げないかも」(ユナ)

 

「それでフィナに何か合ったら、悲しむ人がいるんだよ」(ユナ)

 

「よろしくね、ユナお姉ちゃん!」(フィナ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
くまクマ熊ベアー 第1巻 [Blu-ray]

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました