「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」の名言まとめました

アニメ「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→アマゾン Fire TV Stick(外部リンク)

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

1話

「僕はこの戦争を終わらせる」(イスカ)
「私は迫害の無い世界を作る」(アリスリーゼ・ルゥ・ネビュリス9世、愛称:アリス)
「そして、僕らの世界を変える聖戦が、始まった」(イスカ、アリス)

 

「このどうしようもない戦争に終止符を。一年前も今も、僕が考えるのは、それだけです」(イスカ)

 

「戦争のきっかけが何であれ、今もこの戦争が長引いている理由ってのは感情論だ。ここまでくると理屈じゃ止められない」
「恨まれ役を買ってでも、誰かが無理やり断ち切る以外に無いんだよ」(ジン・シュラルガン)

 

「斬れ。私たち星霊使いと帝国の犬は、相容れぬ存在だ。捕虜になるくらいなら死を選ぶ覚悟は出来ている」(燐・ヴィスポーズ)

 

「諦めるだって? ここで諦めたら、誰がこの戦争を止めるんだ!」(イスカ)

 

「あなた達帝国を倒して世界を統一するまで、私は引かない」(アリス)

 

2話

「とにかく、私達は敵なの。一緒に美術館なんかダメに決まってるわ」(アリス)
「敵だけど美術に国境は無い。そう言ったのはアリスだろ?」(イスカ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 第1巻 [Blu-ray]

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました