「戦翼のシグルドリーヴァ」の名言・台詞まとめ

アニメ「戦翼のシグルドリーヴァ」の名言・台詞をまとめていきます。

戦翼のシグルドリーヴァ

1話

「困窮しているな、人類。だが、諦めの悪さは嫌いでは無い。少し手助けをしてやろう」(オーディン)

 

「敵は真正面だ。突撃・突撃・突撃!」(クラウディア・ブラフォード)

 

「誰か、誰か応答してくれ……また、私一人か……」(クラウディア)

 

「救国の戦乙女なんて評価は、私には似合わない。私は、死神だ」(クラウディア)

 

「ご命令とあらば。瞳を汝に」(クラウディア)

 

「慣れている、一人で戦うのは」(クラウディア)

 

「先手必勝! 開幕先制で突き放す! それが勝利の秘訣!」(六車・宮古)

 

「腕は悪くないようだが?」(クラウディア)
「頭が悪い、それ同感だよ」(駒込・アズズ)

 

「互いに翼の導きあらんことを」(クラウディア)
「翼の導きを」(アズズ)

 

「眠てえこと言うなよ、ここが俺達の戦場だ。戦場で手え抜く馬鹿がいるかよ」
「飛んでこい、グラディエーターの戦乙女。翼を見せてみろ!」(整備班長)

 

「非科学的だな! そんなくだらない悩み、うちが晴らしてやる」(アズズ)

 

「アズちゃん、不器用すぎると思うの」
「もっと人間、勉強しようね」(渡来・園香)

 

2話

「クラウのお父さん、日本が好きだったってことでしょう? それ、すごいうれしい」
「もちろん! ますますクラウと仲良くなれる気がしてきたよ!」(宮古)

 

「安心して下さい。ここが特別、変な基地なだけですから」(園香)

 

「やっぱり、うちは天才だ!」(アズズ)

 

「何とかしのげ。しのげば勝ちだ」(アズズ)

 

「だけど、あたし達は強い! 同じものを見て、同じことを願えるなら、きっと、あたし達は上手くやっていけるよ!」(宮古)

 

3話

「さっきの称賛は受け取っておく。しかし、私一人の力では決してない」(クラウディア)

 

「料理は愛情。だけど愛情を注ぐにはテクニックがいるの」(宮古)

 

「ワルキューレに見送られる人は、英雄になれる。そしていつか新しい場所で、大切な人達と再会できるんだって」(園香)

 

「でも、神様がいる世の中だもん。おとぎ話だって、本当に起こるかもしれないでしょ?」(園香)

 

「おつかれさま、ありがとう」(宮古)

 

「何が死神だ……勝手にいじけたつもりになって、何を見てきた? 私が、一番弱い」(クラウディア)

 

4話

「食べて・休んで・全回復!!」(宮古)

 

「何かあったら教えて欲しい。私達は軍人だ。可能な限り、民間人の要望には耳を傾けたい」(クラウディア)

 

「アズ、閃いた?」
「分かる! 今のアズ、私が一番好きな顔してるもん」(宮古)

5話

「む~り~。人間誰でも、お風呂入ったらアホになっちゃうって」(宮古)

 

「頭が良すぎるのが、お前の敗因だ。選択肢が多すぎる、結果判断が遅れる、被弾が多いのもそれが理由だ。いずれ死ぬぞ」(オーディン)

 

「そんな調子だと、遠からず涙も枯れるぞ」(オーディン)

 

「選択肢が多いことが悪いとは思わない。確かに、アズズは被弾も多いが」
「それを補うのが、私達チーム。宮古ならそう言うだろう」(クラウディア)

 

「だけどね、勝負駆けの根拠がオーディンってのは、どうにもいただけないね」
「感謝はしてる、面白い奴だとも思う、信用はしてない。これでいいかい?」(天塚・弥生)

 

「一生懸命、目の前のことに頑張ってみたら、きっと道も開けるよ!」(宮古)

 

「別に命令なら仕方が無いです。私も軍人さんですから」(園香)

 

「クーちゃんもすっかりこの基地の人になってきちゃったね」「何だか複雑?」(園香)
「いや、そうではなく……思ったより嬉しい、かもしれない」(クラウディア)

 

6話

「そうだな。自慢の仲間達だ」(クラウディア)

 

「ミコちゃんってホントに大物だよね」(園香)
「底抜けにバカなだけだ」(アズズ)

 

「ただ伝えておく。我が娘達よ、娘と共にゆく戦士達よ、お前達の戦いを、このオーディンが見届ける。我が愛しき者達よ、俺が、僕が、私が、祝福しよう。オーディンの加護ぞある」(オーディン)

 

「だが、園香は必要だ。私達にとっても、人類にとっても」(クラウディア)
「だから戦争は嫌なのさ」(弥生)

 

「だから……証明するって決めたんです。私は、戦えるんだって」(園香)

 

「今は戦いを終わらせる。鎮魂はその後だ」(クラウディア)

 

「ふざけんな!? 命を冒瀆しやがって!!」(アズズ)

 

7話

「彼女達に救われたことが無い者は軍にはいない。覚えているさ、覚えているとも。だがそれは、断じてこんなことのためじゃない!」(里見・一郎)

 

「私達は常に前進する。あなたが堕ちた昨日より、今日の私達の方が強い!」(クラウディア)

 

「元身内とやりあうのは士気への影響がでかい。やるなら大元だ!」(アズズ)

 

「アズ、言っても聞かないよ。あたし達もみんなの撤退を手伝おう」(宮古)
「クソ。引き際を見誤るなよ」(アズズ)

 

「こんな風に戦友と戦わせやがって!?」(リズベット・クラウン)
「眠らせてあげましょう、一秒でも早く!」(レイリー・ハルティア)

 

「やっとまたそう呼んでくれたね。これで心残りが一つ減ったよ。安心して飛べそうさね」(弥生)

 

「戦友を見捨てて、おめおめと逃げられないからね」(弥生)

 

「もっとも勇敢な任務へ臨む戦友だ。その見送りはさせてくれ」
「武運を祈る!」(クラウディア)

 

「嫌いだよ、死に場所を探すような奴等は全員。だから、死んでも戻れ!」(アズズ)

 

「人間を舐めるな、化け物!」(弥生)

8話

「じゃ、こっちは次の議題に移ろう」
「そう、次の議題。館山基地を奪還する」(里見)

 

「デタラメだ! 聞いてなかったのか!? 英霊機は不完全で、味方もいない。うち達は傷だらけの敗残兵なんだよ!」(アズズ)

 

「つまり、秘密基地!!」(宮古)

 

「うん、やろうよ」
「難しいことは分かんないけど、大事なことは分かってる。それじゃあダメ?」(宮古)

 

「取り返したいものがあって、取り返せる可能性があって、取り返すためにあたし達が必要なら、あたしは戦いたい!」(宮古)

 

「やるよ、司令。あたしがアズとクラウ、それに園と姉御の分まで戦う!」(宮古)

 

「では諸君、反撃といこう」(里見)

 

「だって……私が見送ると、縁起、悪い……」(園香)
「その考え方はダメ! 姉御は全力で戦ったよ。縁起とかは関係ない!」(宮古)

 

「あたし達ワルキューレは、飛んでなくてもやれることあるよ」(宮古)

 

9話

「いくらでも掛かってこい。私は、今までもこれからも、一度だって、諦めることは無い!」(宮古)

 

「今は目の前のことを優先するんだ。悩むのは生き残ってからでいい」(クラウディア)

 

「前を向け、アズズ。お前は何かに気づいた、それを持ち帰らねばならない。アズズが気づいたそれが鍵だ、それを持ち帰れ!」

「世界を救うには私達が、いや、お前が必要だ、駒込・アズズ!」(クラウディア)

 

「これ見てると、絶望なんかしてらんないって気持ちになるよね。この時間を作るために、飛んでってくれた人達がいる。無駄になんかしてらんない。私も、戦う乙女なんだから」(御厨・小町)

 

「甘えんなバカっ!!」(弥生)
「お姉ちゃん大好き」(園香)

 

「渡来・園香、飛びます!」(園香)

 

「ごめんね、遅くなっちゃって。でも、これから先、私がこの空で一番速い!」(園香)

 

「大丈夫。あたしと園なら!」(宮古)
「うん、やれるよね……ううん、やる!!」(園香)

 

「失われる命がある。だが戦場で産まれる命もある。それなら、私の翼にも戦う意味がある」(クラウディア)

 

10話

「あの時は戦う力を与えた。故に、今度は戦う動機を与えてやる」(オーディン)

 

「お前も言ったろ。世界を救うにはうちが必要だって。今がその時だ!」(アズズ)

 

「また空で、翼の導きあれだ!」(リズベット)
「ああ。翼と、戦友の導きを」(クラウディア)

 

「アズちゃん。思い出を作るのも、振り返るのも、私はみんなと一緒にしたいな」(園香)

 

「アズは間違えないもん。アズが頭のいい人の正解を選んでくれる。だから、私はバカ代表の正解を選ぶ。私とアズが一緒なら、何にも間違わないの!」(宮古)

 

「毎日考える。うち達が持ち帰った情報で、どれだけ大勢の命運を変えることになったんだって。うちは天才だ、かしこくてかわいい。だから分かる」

「次の反攻作戦が失敗したら、人類は終わりだ、負けるんだって」(アズズ)

 

「アズって、本当に泣き虫だよね」(宮古)
「弱虫でごめん……」(アズズ)
「アズは泣き虫だけど、弱虫だったことは一回も無いよ」(宮古)

 

「次の戦い、死ぬかも?」(アズズ)
「かもね。でも、アズが死ぬ時は私も死んでるよ。天国でも、朝起こしに行ってあげる」(宮古)

 

「いつからだろう? ハッキリ感じる。ここにいたい、そんな私がいた」
「今は違う、そうじゃない。ここにいよう、そう思えている」(クラウディア)

 

「この場所と、人々が、私の戦う理由だ、オーディン」(クラウディア)

 

11話

「死なせません」
「私達は、生きる希望を背負って飛ぶワルキューレです!」(鈴原・くるみ)

 

「私から諸君に言えることは一つ。敗北の時は、今日で終わりにしよう。我々は勝利を求めてここに戻って来た。だから、勝利しに行こう」(里見)

 

「あたたの手は取れない。私の父は1人、帰る場所も心に決めた。ここは神々の理想郷、すでに滅んだ夢の国だ!」(クラウディア)

 

「男はすぐかっこつけようとする!?」(アズズ)
「でも、あたしの知ってるみんなは、かっこつけるのが下手なのばっか」(宮古)

 

「出てくる想定はしてた。何一つ計算以上じゃない、退屈な打ち筋だ。何だ、神様ってのもうち以下か!?」(アズズ)

 

12話

「それがどうした? 何度だって言うよ、それがどうした!?」
「アズがいる、園がいる、クラウがいる! みんながいて、世界中が戦ってる! 謝るなら今のうちだよ、オーディン様!!」(宮古)

 

「あなたの相手は私だ、大神オーディン!」
「宮古の言う通り、それがどうした!? 神々との戦いは決意してきた。今更それを恐れる翼は無い!」(クラウディア)

 

「アズちゃんも心配しないで。私がこの空で、誰より一番速い!」(園香)
「堕ちたらうち泣くからな!?」(アズズ)

 

「桜さん、リリーさん、お姉ちゃんにも、私ずっと迷惑ばかりかけて。だから、その恩返しを、私、今日する!」(園香)

 

「やっと分かった。オーディン、あなたは、敗北を認められない狂える神では無かった。あなたは、孤独に抗おうとしていた、1人きりの神様」

「私は人だ。人として生き、人として死ぬ。神話には、生きられない。あなたとは、生きられない!」(クラウディア)

 

「うちがヴァンドランデ、宮古がトール、後は、覚悟だけだ」(アズズ)
「覚悟なら、この胸にある!!」(宮古)

 

「滅びに向かって飛ぶんじゃない。その先の、再生を迎えに行く!」(クラウディア)

 

「死は怖い、滅びは恐ろしい。仲間を、家族を失いたくない。だから……」
「さようなら、お父様」(クラウディア)

 

「その言葉、そっくり返してやる。あんたの方こそ認めろ。少しは神様らしく、偉大な所を見せたらどうだ?」(アズズ)

 

「なぜ、神に潔さを求める? 滅びに寛容であっていい理由があるか? 全てを守りたいと願うのは当然だろ?」(オーディン)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
戦翼のシグルドリーヴァ 1 [Blu-ray]

 

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました