「池袋ウエストゲートパーク」の名言まとめました

アニメ「池袋ウエストゲートパーク」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→アマゾン Fire TV Stick(外部リンク)

池袋ウエストゲートパーク

1話

「誰にでも優しい街、愛と平和の池袋。そう、池袋は最高だ」(真島誠、マコト)

 

「合法だろうが違法だろうが関係ない。ドラッグはG-Boysの敵だ」(安藤崇、タカシ)

 

「そうだな。まずは相手の本拠地に乗り込んでみるか」
「売人なんてやってる奴等だ。必ずどこかに付け入る隙があるはずさ」(マコト)

 

「なんとかするさ。俺なりのやり方でな」(マコト)

 

「お前に目を付けられた奴等が、気の毒になってきたよ」(水野俊司)

 

「依頼完了だ」(マコト)

 

2話

「俺達は、G-Boysの他にガキのグループが出来ても、別に張り合うつもりは無い。誰もが自由にしたいことをする、それが池袋だからな」

「だが、奴らがブラック企業と組んでG-Boysを痛めつけてるとなれば、話は別だ」(タカシ)

 

「お前たち相手に、5人抜きでもやってみるか? 腐った肉を打つ拳は無いんだがな」(タカシ)

 

3話

「俺もあいつと同じだ。自分の仕事はきっちりやるさ」(マコト)

 

「タカシが号令をかければ、100人単位のガキを動かせる。池袋のキングと組んだからには、完全に任せる方がいい」(マコト)

 

「俺のことはいいよ。ただ間違いは、タカシを利用したことだ」(マコト)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
池袋ウエストゲートパーク Blu-ray BOX 上巻

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました