「100万の命の上に俺は立っている」の名言まとめました

アニメ「100万の命の上に俺は立っている」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→アマゾン Fire TV Stick(外部リンク)

100万の命の上に俺は立っている

1話

「俺は一人が好きだ。あの街が嫌いだ。あの街に住む人間共が大嫌いだ」
「命の危険が合っても、ここはクソ東京の何倍もテンションが上がるな」(四谷友助)

 

「これが夢じゃ無いってことだけは、さすがに分かる」(友助)

 

「使えね~!」(新堂衣宇)

 

「まあ、死んでいいならやりようはある」
「相打ちで削ってけばいいだけだろ」(友助)

 

「あれ、言ってなかったっけ。全員死んだら本当に死んじゃうんだって」(衣宇)

 

「俺が死んだら終わる!」(友助)

 

2話

「死にっぱなし。まじか、箱崎も食われた。てことは、俺が死んだらマジで死ぬ」(友助)

 

「生まれてからずっと、いつも他人に迷惑かけて、そうしないと生きられなくて。だから、元気な今だけは、みんなのこと助けたい」(箱崎紅末)

 

「お前まで俺よりも強いのかよ? そんな奴、こんな異世界の果てで、死なせるかぁ!!」(友助)

 

「逃げろ、ギアを一個上げてやる! 俺は、俺よりも強い人間を絶対に死なせることはしない」
「これまでも、これからもだ!」(友助)

 

「その時、気づいた。もし俺がクエストを放棄すれば、大嫌いなこの街を、滅ぼせる可能性があることに」(友助)

 

3話

「ちょっと話す機会が合ってさ、どんな奴なんだろうなーって思っただけだよ。今まで近くにいなかったタイプの奴でさ、未知の生命体っつうか」(衣宇)

 

「相変わらずだね、あの変態」(衣宇)

 

「だって衣宇さん、いじめとかされないかなって」(時舘由香)
「半分正解。これでもいろいろ努力してんだよ。美容とか、勉強とか、運動とか。私は、自分が満足できる学生生活を送りたいからね」(衣宇)

 

「そんなの本当の友達じゃないでしょう」(衣宇)

 

「何だか知らないけど、うちの時代きたぁーーー! 来てしまった? 望んでもないのに」(由香)

 

「これは、あれだな。俺は……もてない人間の可能性があるな?」(友助)

 

「四谷くん、あたしを助けて!」(衣宇)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました