「山と食欲と私」の名言まとめました

マンガ「山と食欲と私」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→アマゾン Fire TV Stick(外部リンク)

山と食欲と私

1巻

「『山ガール』って呼ばないで……5年前のブームの頃……確かに私は『山ガール』だった……でも今は違う……」

「単独登山女子。そういうことでお願いします」(日々野鮎美)

 

「苦しいのは歩き始めの15分……」
「働け、ヘモグロビン。全身の隅々にまで、新鮮な酸素を届けるのだ!」(鮎美)

 

「ガソリン補給には炭水化物」
「おにぎりは山の友ですなぁ♡」(鮎美)

 

「私は食べるために登山をしている」(鮎美)

 

「急坂だらだら登り!」
「そうだ、山歩きの基本は……小刻みな体重移動(ステップ)」(鮎美)

「嗚呼なぜ山は誰の瞳にも美しいのだろうと問うてみる。だが……その問いに答えを求めることは許されても、答えることは許されない。語るはただ愚かなり……」

「山頂で淹れる一杯のコーヒーの素晴らしさもまた同じ。語るほどに褪せるものだろう」(鮎美)

 

「さすがに米・パン・パスタのトリプルパンチはガツンとくるぜ……こんなわんぱくな姿、会社の可憐な女子たちには見せられないわ~」(鮎美)

 

「……ま……また、やってしまった……せっかく山友達ができるチャンスだったのに……」
「治らないなぁ……人見知り……」(鮎美)

 

「……結論として──現在地がよくわからないのは……読図の勉強不足か動揺のせいか、あるいは両方か……」

「そうだ、思い出した……私……おなかがすいてるんだった……!」(鮎美)

 

「雑炊が美味しかったから、私は大丈夫!! 私は遭難なんてしてないんだからね!!」(鮎美)

 

「だめだぁ、心配しすぎ。テントの固定も防寒もちゃんとしたから大丈夫」
「戻ってこい、私~~。心配は大事だけど、状況を過大評価して怖がり過ぎるのも間違いだよ」(鮎美)

 

「よく『登りは体力、下りは技術』って言うけど……ほんとにその通りだよね……集中力が切れると、なんでもない所でつまずいたりして……」(鮎美)

 

「ありがとう、みんな……大人はご褒美がないと頑張れないもんね……♡」(鮎美)

 

「うんうん。他人の山行に、口を出すべからず、うん!」(鮎美)

 

「なぜ一人で山に登るのか」
「私の単独行の核心部はどこだろう。なぜ私は一人で山に登っているのだ……?」(鮎美)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

1巻は「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年9月17日現在)

アマゾンリンク
山と食欲と私 1巻

 

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました